寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 9272 view

夫婦でゆったり寝られるベッドサイズは?おすすめベッドもご紹介!

睡眠は1日の疲れを癒す大切な時間です。夫婦二人で一緒に寝る場合は、眠りにつくまでの時間はコミュニケーションを取るための大切なひとときにもなります。また心地よい睡眠を得るには、寝返りがとても大切。

二人で一緒に寝る場合、寝返りができず窮屈な状態だと、睡眠がしっかり取れずストレスがたまってしまうかもしれません。そこで夫婦が一緒に寝る場合、無理なく寝返りをするにはどのような種類やサイズのベッドを選べばよいのかをご紹介します。

【はじめに】ベッドの種類とサイズ

夫婦二人で一緒に寝るベッドを探す前に、まずベッドの基本的なサイズと種類をチェックしておきましょう。

今回は寝返りできるベッド探しですので、幅がポイントになります。ベッドにはたくさんの種類とサイズがあり、メーカーによって少しずつ違っていますが、一般的な5種のベッド幅についてご紹介します。

◆シングル:幅およそ97cm  
◆セミダブル:幅およそ120cm       
◆ダブル:幅およそ140cm  
◆クイーン:幅およそ170cm前後      
◆キング:幅およそ190cm前後 

シングルベッドやセミダブルは、基本的に1人用なので、二人で寝る場合はダブル以上のサイズが必要です。

無理なく寝返りができる幅とは?

ベッドの幅を種類別に把握したところで、寝返りについて考えてみましょう。 人が寝返りをするには、どれぐらいのスペースが必要なのでしょうか。

日本人成人男性の平均肩幅はおよそ45cm、成人女性の平均肩幅はおよそ40cm。寝返りをするには男女ともに肩幅+最低でもおよそ40cmの幅が必要です。成人男性の場合、肩幅45cmに+40cmすると85cm、成人女性は肩幅40cmに+40cmすると80cmとなります。

夫婦二人で寝る場合、寝返りを考慮すると少なくとも165cmのベッド幅が必要になります。余裕をもって考えるなら、肩幅+70cmは欲しいので、その場合はさらに幅が広いベッドを選ぶことになります。

夫婦で寝るベッドを選ぶポイント

ここまでの内容を踏まえて、夫婦で寝るならどのサイズ・種類のベッドを選ぶのがベストかをご紹介します!ご自身とパートナーの身長や体型、お部屋のレイアウトなどを把握したうえで選んでみてくださいね。

クイーン以上のベッドを選ぶ

夫婦それぞれの身長や体型によって差異はありますが、夫婦一緒に寝る、寝返りが無理なくできる、という2点を考えると、シングルやセミダブルはもちろん、ダブルサイズでも幅が足りないことがわかります。

また寝返りの仕方も人それぞれで、大きく手を広げたりすることもあるかもしれません。夫婦二人で1つのベッドに寝るのであれば、クイーンサイズやキングサイズを選ぶのがベターです。

ツインベッドを使うのも◎

クイーンやキングサイズのベッドが大きすぎると感じる方は、シングルやセミダブルを2つ並べてツインベッドとして使うのがおすすめです。夫婦二人が並んで一緒に寝ることができる上、それぞれのベッドで寝返りが打てるので、質の良い睡眠も確保できます。

またライフスタイルに合わせて、ベッドを他の部屋に移動させることができるのもメリット。2つのベッドが連結できる商品も販売されています。その時々で連結したり、1つずつのベッドで使ったり、応用がきくのでぜひご検討ください。

連結タイプのベッドを使うのもおすすめ

シングルベッドやセミダブルベッドを並べて使う際に、ベッド同士のずれが気になる方には連結タイプのベッドがおすすめです。

連結して使うことを前提にした仕様なので、ベッドのずれを気にすることなく寝られます。また、家族の人数に合わせた使い方ができるのもメリットの一つです。

おすすめの商品

ここからはBED STYLEおすすめの、ご夫婦やご家族で使う際にぴったりなベッドをご紹介します。気になった商品は「商品情報を見る」からチェックしてみてくださいね!

隙間ができない 親子で寝られる棚・コンセント付レザー連結ベッド

こちらの連結ベッドは、家族やご夫婦で使用する際に嬉しい工夫がたくさん施されています。レザーとウレタンを使用した、怪我をしにくい仕様のヘッドボードには棚とコンセント付き。床板はすのこ仕様なので通気性抜群で1年中快適な寝心地です。耐荷重は300kgあるので、小さなお子様が飛び跳ねても安心。また、ロータイプのベッドなので大きめサイズでもお部屋に圧迫感を与えません。様々なサイズの2台のベッドを並べて連結することができるので、寝返りもスムーズに行う広さを確保することができます。別々のベッドとしても使用していただくことができるので多種多様に応用することも可能ですよ。

お部屋にゆとりを シンプルモダンデザインフロアローステージベッド

シンプルなデザインなのでどんなお部屋にもなじみます。圧迫感のないロータイプベッドは開放感があり心の余裕が生まれるので、リラックス効果は抜群ですよ。ヘッドボードはフラットなデザインになっているのでお部屋のスペース節約にもなります。スタイリッシュな雰囲気を演出するサイドボードは、幅広設計になっているので、ティッシュなどの小物を置くことができます。散らかりがちなベッド周りをすっきりさせることができますよ。4サイズ×6種類の中から選べるマットレスで夫婦の理想の寝心地を見つけることができるでしょう。

贅沢空間 高級ウォルナット材ワイドサイズ収納ベッド ライトタイプ

高級感のあるモダンデザインのベッドなので、お部屋を上品でラグジュアリーな雰囲気に演出してくれます。こちらのベッドの特徴は機能的なヘッドボード!ほのかな灯りで寝室を優しく照らすライトやコンセント、小物を置いたりディスプレイできる棚が付いています。ベッド下が収納スペースになっているのも嬉しいポイント。フルスライドレールなので、収納物を簡単に出し入れすることができますよ。銘木ウォルナットを使用しているので、本物の木の温もりを楽しむことができます。機能性もデザイン性も求める方にぴったりなベッドです。

大人のリラックス空間 リクライニング機能付モダンデザインローベッド

寝室をホテルのような空間にしたい方にぴったりなベッドです。ライトグレーの上質なファブリックとブラックレザーの異素材が合わさることにより、落ち着いた高級感のあるデザインに仕上がっています。重厚感のあるベッドですが、ロータイプのためお部屋に開放感が生まれます。ヘッドボードは7段階のリクライニング機能付きで、ベッドの上でよりリラックスした時間を過ごせることでしょう。リクライニングの角度によっては、ハイバックソファのように使えますよ。1日の始まりと終わりをゆったりとした気分で迎えられるベッドです。

寝台職人 広々ゆっくりぐっすり 川の字ひのきベッド (連結タイプ)

上質な国産ひのきを贅沢に使用したベッドです。床板はすのこ仕様になっているので、通気性は抜群です。すのこは通常タイプと通気性2倍の繊細すのこタイプの2タイプから選ぶことができます。お部屋の環境や一緒に使う寝具に合わせて選ぶことができるので、ライフスタイルにより寄り添った使い方ができますよ。専用金具で隙間なく連結できるので、ずれが気になりにくい仕様です。また、サイドガードが付いているので布団のずれや落下を気にしないで寝ることができますよ。シンプルながらも木のぬくもりを感じられるので、お部屋に明るい雰囲気をプラスしてくれます。

ベッドにもなる シェルフ棚・引出収納付フローリング調デザイン小上がり (連結タイプ)

ワイドサイズのベットとしても小上りとしても使える、マルチなアイテムです。お気に入りの布団やマットレスを敷けばベッドに早変わり。置き畳やラグを敷けばくつろぎスポットになりますよ。ベッド下は引き出し4杯分の収納スペースになっています。フット側にはシェルフ棚が付いているので、お気に入りのインテリアを飾るのもおすすめです。耐荷重は600kgあるので強度は抜群。安心して家族みんなで使えます。カラーはお部屋なじみのいいオークホワイトとウォルナットブラウンの2色展開です。お部屋の可能性を広げる商品です。

【まとめ】ライフスタイルに合ったベッドを選ぼう

夫婦二人のライフスタイルに合ったジャストサイズのベッドを寝室の広さや夫婦それぞれの体型などによって、選ぶベッドは人それぞれ。夫婦一緒に寝る場合は、心地よい睡眠をキープするために寝返りが十分できるサイズであることが、購入する上でとても大切なポイントです。ご紹介したポイントを参考に、夫婦二人のライフスタイルに合った最適なベッドを選んでくださいね 。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】敷布団おすすめアイテム10選&選び方のコツ

  2. 狭いお部屋の方必見!ベッドを置く時のコツ&おすすめ商品18選

  3. 憧れの天蓋ベッド♡コーディネート実例&相性抜群なベッドをご紹介!

  4. 大人向けロフトベッドの選び方&おすすめ商品7選【寝室実例あり】

  5. 肩こりの原因はストレートネック?予防法と補正枕おすすめ5選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP