寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 10583 view

家族で川の字で寝られる&将来的も使えるベッドって?

結婚や新居への引っ越しを機にベッドを新調する場合、どんなベッドが最適か悩みますよね。子供が欲しいと思っている、またはすでに子供がいるご家庭では、子供が小さいうちは川の字で一緒に寝たいけど将来的には…と考えたり、購入するベッドのサイズに悩んだりする方も多いと思います。

そこで今回は、ライフスタイルに合わせて使いやすいベッドについてお話します。

家族のライフスタイルに合わせて使いやすいベッド

子どもが小さいうちは川の字になって寝たい、でも子どもが大きくなってからも引き続きベッドを使いたい。そんな希望を叶えてくれるのは、どんなベッドなのでしょう?ライフスタイルに合わせて使えるベッドには、以下のものがあります。

連結ベッド

連結ベッドは、金具やベルトで2台をしっかりと固定できるようになっています。大きなものになると、シングルベッドを3台連結した幅300cmのワイドキングサイズがあります。

もともとファミリーベッドとして作られているため、将来分割したときのことまで考えられており、サイズ展開が豊富なのが特徴です。

ぴったり並ぶベッド

シングルベッドなどを2台くっ付けて、家族川の字になって寝る方法もあります。それぞれのベッドは、もともと個別で使うための設計なので、デザイン性や機能性に優れているものが多いです。将来子どもが大きくなった時に、ベッドを分けて使えるので便利ですね。

子どもが2人いる場合、2台のベッドを成長したあとの子ども用にして、夫婦用に新しく大きいベッドを購入するのもいいと思います。マットレスの間に隙間ができることがありますので、全体を覆えるワイドキングサイズのボックスシーツを使うなどの工夫が必要です。

折りたたみすのこベッド

折りたたみタイプのすのこベッドも、家族で川の字に寝るのにおすすめです。子どもが小さいうちは、2台ぴったり付けてファミリー用に。大きくなったら1人用として引き続き使えます。通気性にこだわったアイテムも多くあるので、汗っかきの子どもにも安心。

折りたたみすのこベッドは、必要に応じてコンパクトに収納できるので、子ども部屋が狭くてもOK!

川の字で寝られるサイズ例

家族で川の字で寝るには、どのサイズを選ぶといいのでしょう?家族で川の字になってゆったり寝られるサイズの組み合わせを、例に挙げてみました。

必要なベッドの幅は、家族の人数や子どもの年齢にもよりますので、横幅のサイズを参考にしてください。

セミシングル2台(160cm)

幅80cm前後のセミシングルを2台組み合わせると、幅160cmとクイーンサイズのベッドになります。夫婦+子ども1人が川の字で寝ても十分なスペースがあります。子どもが成長したあとは、セミシングルベッドを子ども用として使います。

シングル2台(200cm)

シングルベッドは最も一般的。子どもが成長してからも使いやすいサイズです。夫婦+子ども1人が川の字になって寝られます。商品の種類も豊富なので、好みのデザインが見つかりやすいでしょう。

セミダブル2台(240cm)

幅120cmのセミダブルを2台組み合わせると、広々キングサイズに。家族4人でもゆったり眠れます。子どもが成長したあとは、夫婦でそれぞれ1台ずつ使い、子ども用のベッドを新しく購入すると良いでしょう。

シングル+クイーン(260cm)

幅260cmあれば、子どもが2人でもゆったり♪さらに、将来夫婦が一緒に寝るのであれば、シングル+クイーン が特におすすめです。クイーンベッドを夫婦用に、シングルベッドを子ども用にすれば、それぞれ快適に眠れます。

ダブル2台(280cm)

ダブルベッドを2台並べたら横幅280cmと、子ども3人の5人家族でもOK!将来ベッドを分割する時も、ダブルベッドは重宝するもの。大柄な方や寝相が悪い方、ペットと一緒に寝る方なら、ダブルベッドくらいスペースがあると快適です。

余裕を持ったサイズ選びを

家族が並んで眠った時に窮屈であったり、マットレスから落ちそうな状態では、ぐっすりと眠ることができません。特に子どもは寝相が良くないので、寝返りも考慮して余裕のあるサイズを選びましょう

眠りの質は子どもの成長にも影響します。最初に「家族が快適に眠れる全体のサイズ」を考えることが大切です。

まとめ

家族全員で川の字で眠れ、子どもが大きくなったら分割もできる。フレキシブルな使い方ができるベッドのサイズについて解説しました。

子どもの成長、部屋の大きさ、値段などいろいろと考慮しなければなりませんが、家族が毎日使うものですので、自分たちに合ったベッドの組み合わせを探してみてくださいね。

おすすめの商品

ここからはBED STYLEの商品をご紹介します。川の字になって寝られる、家族向けの連結ベッドや、ぴったり付けられるベッドをピックアップしてみました。

選べる2タイプ コンパクトに収納できる連結ファミリーベッド (連結タイプ)

足元とサイドに引き出しが付いたタイプ、足元のみに引き出しが付いたタイプの組み合わせが選べる連結ベッド。実際に子どもを持つパパママが企画・開発しました。セミシングルとシングル2台または3台つなげれば、サイズは最大250cm!お部屋のレイアウトに合わせられるのが嬉しいですね。ベッド同士はストラップでしっかり連結できます。カラーはホワイトオークとウォルナットブラウンの2色展開です。

寝台職人 広々ゆっくりぐっすり 川の字ひのきい草張りベッド (連結タイプ)

こちらは素材に天然のひのきを使用しています。無塗装で有害な化学物質の含有量も少なく、小さな子どもにも安心。座面の低い設計なので、転落などの心配もありません。こちらは床板を選べるシリーズの、い草張りタイプ。自然のやさしい香りでリラックスできますよ。天然の調湿効果で湿気を放出してさらさらに。職人が1つ1つ磨き上げ、高い技術で加工するなど、メイドインジャパンの技術の粋を集めた逸品です。

成長見守る 2段ベッドにもなるワイドキングサイズベッド

夫婦だけ、または子どもが小さいうちはワイドキングサイズでゆったり。兄弟ができたら2段ベッドに。個室で過ごすようになったらシングルベッドとして。家族のライフスタイルに合わせて姿を変えるベッドです。せっかく新しく購入するなら、長く愛せるベッドがいいですよね。こちらは2台並べたときの使いやすさにこだわって設計しています。すき間なくぴったりくっつけられ、金具で固定するするのでズレにくく快適。必要に応じてサイドガードを付け外しできるので、子どもが1人で寝るようになってからも安心です。

脚が細く美しい上質デザイン モダンデザインすのこベッド

こちらは世界のホテルに納品実績のある家具メーカーが製造したシリーズです。1台づかいはもちろん、2台すき間なく並べられるので、家族で川の字に寝るのにおすすめ。サイズやカラー展開が豊富なので、寝室の広さやインテリアに合わせてお選びいただけます。床板にLVLすのこを使用しているので、通気性と耐久性抜群です。円錐状の脚がスタイリッシュ!床下は16.5cmとスペースがあるので、収納グッズを置いたり、ロボット掃除機を稼働させるのに便利です。

極上の寝心地 桐天然木二つ折りすのこベッド 

こちらは折りたたみタイプのすのこベッドです。2台並べれば、家族川の字で寝られます。必要に応じてスリムにたためるので、子ども部屋でも重宝しますよ。京都の伝統的な「みやび格子すのこ」構造で、通常の2倍の通気性に。ゴツゴツ感も少なく、快適に寝られます。ストッパーで固定すれば、そのまま布団を部屋干し可能。子どもがたくさん汗をかいても、湿気対策できるので安心ですね。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】敷布団おすすめアイテム10選&選び方のコツ

  2. 狭いお部屋の方必見!ベッドを置く時のコツ&おすすめ商品18選

  3. 憧れの天蓋ベッド♡コーディネート実例&相性抜群なベッドをご紹介!

  4. 大人向けロフトベッドの選び方&おすすめ商品7選【寝室実例あり】

  5. 肩こりの原因はストレートネック?予防法と補正枕おすすめ5選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP