寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 17618 view

【ポケットコイルマットレス】メリット・デメリット&購入ポイント

外から見ただけでは、なかなか区別しづらいベッドのマットレス。様々な種類がありますが、それぞれどんな違いがあるのか説明できる方は少ないでしょう。そこで、こちらの記事では、ベッドのマットレスとして人気の高い「ポケットコイル」タイプのマットレスについて詳しく紹介します。

目次

コイルスプリングマットレスの種類

マットレスのコイルには、ボンネルコイルポケットコイルの大きく2種類があります。

コイルスプリングマットレスの表地の布をはがすと、初めに見えるのはウレタンなどの素材のクッション層。その下には金属製のコイルスプリングが敷き詰められています。

コイルスプリングクッションは、このスプリングの種類に応じて、ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの2種類に分けられます。

ポケットコイルマットレスの特徴

次に、ポケットコイルマットレスの特徴を見てみましょう。ボンネルコイルマットレスと比較しながら解説します。

ポケットコイルマットレスの構造

ポケットコイルとは、布の袋にコイル状のスプリングが入ったものを指します。このポケットコイルが、マットレスの中にたくさん敷きつめられているのがポケットコイルマットレスです。

布で遮られているためコイルスプリング同士が触れることがなく、スプリングが伸縮する際に鳴る音も小さいのが特徴です。スプリングが圧縮されても隣のスプリングには影響しない仕組みです。

ボンネルコイルマットレスとの相違点

ボンネルコイルマットレスの場合、連結されたコイルがそのままマットレスの中に入っています。そのため、ポケットコイルマットレスよりも固い寝心地が特徴です。

また、スプリング同士が触れてしまうことから、スプリングが伸縮する際に音が気になることがあります。

ポケットコイルマットレスを選ぶメリット

ポケットコイルマットレスは、ボンネルコイルマットレスと構造が異なっていることがわかりました。では、ポケットコイルマットレスを選ぶメリットとは何でしょうか?

きしみ音が気になりにくい

一つ一つのコイルスプリングが独立しているポケットコイルのマットレスは、振動が気になりにくく、包み込むような寝心地が特徴です。

音も立ちにくいため、寝返りを打つ際のきしみ音も防ぐことができます。

2人で寝るのに向いている

ポケットコイルマットレスは、振動が伝わりにくく2人で寝る方にぴったりです。2人で使用する場合、隣で寝ている人の寝返りの振動が響いてしまうことがあります。

2人で1つのベッドに寝ると、振動が気になって寝られない、こちらの寝返りで相手を起こしてしまわないかと気を遣いがちです。ポケットコイルマットレスなら、隣で寝ている人を起こすことなく安心して寝返りが打てます。

ポケットコイルマットレスを選ぶデメリット

振動や軋み音が気になりにくいポケットコイルマットレスですが、デメリットもあります。対策を考えるためにも、デメリットをあわせてチェックしましょう。

湿気がこもりやすい

コイルスプリングが布製の袋に入っていることから、マットレスに湿気がこもりやすい構造です。

しかし、定期的にマットを裏返して風を通すようにすれば、湿気対策ができるので問題ありません。

寝返りが打ちづらい

ポケットコイルマットレスは柔らかい寝心地が魅力ですが、柔らかすぎてベッドに捕まったような感覚に陥ることがあります。

そのため、寝返りが打ちづらいことがあるので、寝返りが多い人には向いていません。一方で、柔らかい寝心地が好みの人には使いやすいマットレスです。

ポケットコイルマットレス購入のポイント

ポケットコイルマットレスのメリット・デメリットをおさえたところで、実際に購入する際のポイントをご紹介します。ぜひ、購入前に確認してくださいね。

表生地とクッション層の構造を確認する

寝る際に体重をはじめに受け止めるのがクッション層です。クッション層の作りによって寝返りの打ちやすさが変わるうえ、湿気の吸収と発散も変わってきます。

高品質のウレタンが使用されているか、表生地の通気性は十分なのかを必ず確認してください。詳細は商品ページで見ることができます。

ベッドパッドも併せて準備する

ポケットコイルマットレスに使われる素材の中で、最もへたりやすいのがウレタンです。ウレタンは湿気に弱く、寝汗によるダメージを顕著に受けます。

へたりを防ぐためにも、吸水性の高いベッドパッドを併せて購入してください。ベッドパッドで寝心地を調節することもできるので、睡眠の質をキープするのにも役立ちます。

おすすめのポケットコイルマットレス

ここからは、BED STYLEのラインナップから、おすすめのポケットコイルマットレスをご紹介します。サイズや厚みはそれぞれ違いますので、お好みのものを探してみてくださいね。

体にフィット ポケットコイル スプリング マットレス

「ポケットコイルマットレスを試してみたい」という方におすすめなのが、こちらのお手頃価格のアイテム。コイル数はたっぷり450個(シングルサイズの場合)で、しっかり全身を支えます。ほどよく硬めなミディアムハードの硬さ。表も裏も同じ構造なので、両面使えるのもポイントです。上下・裏表を定期的に入れ替えることで、マットレスを長持ちさせられますよ。

心地よい眠り ロール梱包 片面仕様ポケットコイルマットレス

こちらは、片面仕様のポケットコイルマットレスです。リーズナブルな価格なので、ご家族全員分を揃えるのも良いですね。ポケットコイルの上に高品質のウレタンクッションを重ね、体を包み込むようなやわらかさに仕上げました。マットレスのフチにはヘム加工を施し、強度と耐久性をアップ。衛生的なロール梱包で、コンパクトにお届けします。

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス レギュラータイプ

「寝心地の良いマットレスが欲しいけど、畳めるタイプが欲しい…」そう思っているあなたにおすすめなのが、こちらのマットレス!寝心地の良さと収納機能を兼ね備えた薄型ポケットコイルマットレスです。敷布団のように3つ折りにできるのに、布団よりも快適な眠りを体感していただけます。小柄な方やお子様にも使いやすいショート丈(長さ180cm)とレギュラー丈(長さ19cm)の2種類をご用意しました。

使いやすい 薄型ポケットコイルスプリングマットレス

こちらも、薄型のポケットコイルマットレスです。耐久性の高いスプリングコイルを使用しているため、厚さ10cmの薄型ながら、薄型マットレスにありがちな底つき感がありません。表生地には、高い速乾性とさらっとした肌触りを持つポリエステルを100%使用しています。

ショート丈対応 コンパクトマットレス三つ折り薄型ポケットコイル

小さめのベッドをお持ちの方におすすめなのが、こちらのショート丈対応マットレスです。厚みは7cm、11cm、17cmの3つからお好きな寝心地を選んでいただけます。折りたたんで収納したい方には薄型の7cm、コスパ重視の方には11cm、ホテルのような寝心地を求める方には17cmがおすすめです。レギュラー丈もお選びいただけます。

こだわりの3層仕様 アンサンブルメモリーフォームマットレス

とにかく快適な寝心地を重視したい方におすすめなのが、こちらの3層仕様マットレスです。ポケットコイルマットレスの上に、極厚ウレタンと低反発ピロートップを重ねました。やさしく包み込まれるような柔らかさと、適度な反発力を両立させ、極上の寝心地を実現。合計27cmの極厚マットレスで、体圧をしっかり分散してくれます。ワンランク上の贅沢なマットレスです。

子ども向け ポケットコイルマットレス レギュラー

子どもの睡眠環境を第一に考えたマットレスです。成長期の体に負担をかけず、睡眠をサポートします。厚さは7cmと薄めで、2段ベッドやロフトベッドにもおすすめ。3つ折りタイプで扱いやすいメリットのもメリットです。通気性と速乾性にすぐれた素材を使用しており、汗かきの子にもぴったり!

快適な寝心地を保つ 薄型三つ折りポケットコイルマットレス

こちらのポケットコイルマットレスは、厚さ7cmと薄型の設計ながら底付き感がないのが特徴です。ベッドフレームに合わせるだけでなく、敷き布団のように床に直接敷いても使えます。今ある敷き布団の下に敷き、アンダーマットレスにするのもおすすめ。3つ折りタイプによくある折り目がなく、どの部分も違和感なくお使いいただけます。ゴムバンドで固定して収納できるため、来客用としても重宝しますよ。

ホテルプレミアムマットレス (デュオソフト・2層ポケットコイル・ダブル)

まるで高級ホテルのように上質な寝心地を味わえるマットレスです。日本人マットレス技術者による確かな品質を、低価格で実現しました。1人1人の好みに合わせられるよう、シリーズで固さを選べます。こちらはポケットコイルを2層構造にしたタイプで、一層リッチな寝心地に。適度に反発力があり、体圧分散力にすぐれています。安心の5年保証付きです。

BED STYLEのポケットコイルマットレスは
こちら↓↓

ポケットコイルにあわせて使えるおすすめベッドパッド

ポケットコイルマットレスが汚れるのを防ぎたい、少しへたってきたから寝心地を高めたい。そんなときにはベッドパッドがおすすめです。BED STYLEには機能性が高く気軽に洗えるものがそろっていますよ♪

365日ふわふわさらさら 日本製・洗える・抗菌防臭防ダニベッドパッド

吸水性に優れたコットン(綿)100%のベッドパッドなら、たくさん寝汗をかいてもご自宅で洗濯できてお手入れ簡単!マットレスを湿気から守ってくれます。防ダニ加工も施されているので、お子様がいるご家庭でも安心です。セミシングルサイズをはじめ、現在購入できる6種類のサイズからぴったりのものをお選びください。

夏は涼しく冬は暖かく 洗える100%ウールの日本製ベッドパッド

天然のウールを使用したベッドパッドです。ウールは断熱・放熱性や吸湿・放湿性、消臭効果にすぐれ、寝具に最適の素材です。夏は汗をしっかり吸い取ってさらさら、冬は暖かい空気を貯めこんでポカポカにしてくれます。有害な化学物質を吸収するため、小さな子がいる家庭にもおすすめです。通常ウール製品は洗濯できませんが、こちらは表面に特殊加工することで、自宅での洗濯を可能にしました。シングル~ワイドキングと6サイズ展開です。

この一枚をプラスするだけ 寝心地が進化するV-LAPニットベッドパッド

テイジン独自の技術「V-Lap®」を使用したこちら。高機能繊維を使用したもので、パッドの下から体を支えて体圧を分散させます。通気性が高いため蒸れにくく、汗かきの方にも安心。自宅で洗濯できるため、いつでも清潔です。カラーは4色ご用意していますので、お部屋のインテリアに合わせられますよ。

【まとめ】ポケットコイルマットレスはデメリットも踏まえて選ぼう

今回は、ポケットコイルマットレスについて紹介いたしました。ポケットコイルのマットレスは高価なものも多く、つい値段で選んでしまいがちです。しかし、細やかな構造のマットレスである分、表生地の素材やコイルの厚みなど、選択肢が大変広いのもメリットです。 ベッドフレームに着目するだけでなく、マットレスの持つ特性も含めてしっかりと選び、自分好みの睡眠を手に入れてください。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【ウッドスプリングベッド】購入時の参考に!おすすめ商品&特徴

  2. 【寝具の基本】ベッドマットレスの選び方とおすすめ商品7選をご紹介

  3. コンパクト&収納しやすい!を叶えるマットレス【おすすめ5選】

  4. 冬に備えてあったか布団を準備しよう!おすすめ商品も紹介

  5. 二人で小さなベッドで寝るのはNG!カップルにぴったりのベッドサイズとは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP