寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 56591 view

引越しの時ベッドはどう運ぶ?事前準備やポイントについて紹介!

さぁ引っ越しをするぞ!となったとき、洋服や食器類など軽いもの・小さいものは自分で梱包ができますが、大きい家具等はどうしたらいいのでしょうか。

例えば布団だったらいつものように畳んで紐で縛ったり、専用の布団袋に入れてしまえば簡単に運ぶことができますね。ではベッドの場合は?そもそも梱包するのか、しないのか。今回はシングルベッドに焦点を当てて、運ぶ際のポイントを解説していきます!

目次

引っ越しもOK!おすすめの商品

まずは、数ある商品の中から「引っ越しの際に運びやすいベッド」をご紹介していきます!

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名 サイズ・おすすめポイント
完成品女性に優しいおしゃれで可愛い
コンパクト折りたたみショート丈ベッド
✔サイズ:幅92×長さ180×高さ34.5cm(セミシングル)
✔おすすめポイント:
コンパクトな折りたたみ式でスムーズに移動ができる
極上の寝心地 桐天然木
二つ折りすのこベッド
✔サイズ:幅100×長さ200×高さ3cm(シングル)
✔おすすめポイント:
折りたたみができるスタンド式すのこベッド
ライフスタイル変化に対応
シンプルデザイン大型フロアベッド
✔サイズ:幅105×長さ201×高さ30cm(シングル)
✔おすすめポイント:
高さの低いつくりなので、家族で安心して使える
開放的な心地良い空間 棚・
コンセント付き大型フロアベッド
✔サイズ:幅106cm×長さ216×高さ45cm(シングル)
✔おすすめポイント:
モダンで開放的な寝室がつくれるフロアタイプ
盛り沢山の工夫で思い通りにレイアウト
あなた好みの空間に 階段付き ロフトベッド
✔サイズ:幅100×長さ255×高さ130/173.5cm
✔おすすめポイント:
狭いお部屋でもベッド下のスペースを有効活用できる
スペースを最大限に有効活用しませんか
天然木脚パイプベッド ミドルタイプ
✔サイズ:幅102.5×長さ209×高さ96cm
✔おすすめポイント:
ベッド下を全て収納スペースとして使える
吸湿性に優れた天然桐使用 宮棚・
コンセント付折りたたみすのこベッド
✔サイズ:幅98.5×長さ208×高さ45cm
✔おすすめポイント:
吸湿性に優れたすのこを使用し、軽量でコンパクトな設計
分割式コンパクトショート丈
ボンネルコイル脚付マットレスベッド
✔サイズ:幅120×長さ180×高さ28~50cm(セミダブル)
✔おすすめポイント:
敷きパッドとボックスシーツ付きや脚の高さが選べる
横揺れにも強い 10分で組立
ネジを使わない フロアすのこベッド
✔サイズ:幅100×長さ208×高さ60cm(シングル)
✔おすすめポイント:
ネジや工具が不要で、10分で組み立てられる
自分だけの寝心地良いベッド
ロール式脚付きボトムベッド
✔サイズ:幅97×長さ195×高さ23.5cm(シングル)
✔おすすめポイント:
ロール式すのこを採用し、コンパクトで手軽に設置できる

完成品女性に優しいおしゃれで可愛いコンパクト折りたたみショート丈ベッド

こちらはコンパクトな折りたたみ式のベッドになります。完成品となっておりますので、解体や組み立ては不要です。

ベッド下に4本のバネが付いており、軽い力で簡単に折りたたむ事ができます。引っ越しの際には折りたためばドアや壁につかえる事なく、スムーズに運搬する事ができます。

💭「コンパクト折りたたみショート丈ベッド」の口コミ

組み立てなく使用できていて、軋みもなく快適に使用できてます。

コンパクトでマットも柔らかくて気持ちいいですよ。

極上の寝心地 桐天然木二つ折りすのこベッド

引越しをする時に大活躍すること間違いなしのベッドがこちら!折りたたみができるスタンド式すのこベッドです。

素材は通気性抜群&軽さに優れる桐材となっています。また、こちらは「みやび格子」デザインで通常の2倍の通気性があり、これで清潔なベッド周りの完成です♪

💭「桐天然木二つ折りすのこベッド」の口コミ

全く軋む音もせず、蒸れにくいので使い心地は最高です。

窓際で布団を干すのが楽になりました。あと、2つ折りにしたときルンバが下を通ったことが良かったです。

ライフスタイル変化に対応 シンプルデザイン大型フロアベッド

こちらは、組み合わせ次第でお好みの大きさのベッドを作ることが出来るシンプルデザインフロアベッド。

シンプルなのにスタイリッシュなデザインとなっているため、お部屋を選ばずお洒落なベッドルームづくりができます。高さの低いつくりとなっているため、子供が使用しても落下して怪我をしてしまう危険性もありません!

開放的な心地良い空間 棚・コンセント付き大型フロアベッド

モダンで開放的な寝室に憧れる方におすすめしたいのが、こちらのアイテム。圧倒的な開放感を演出するフロアタイプのベッドで、お部屋も広々とお使いいただけます。

汚れに強い仕上げを施し、カラーは選べる2色から。ヘッドボード部分には本や小物を置くことができる棚があるため、お洒落なベッド周りになります。

盛り沢山の工夫で思い通りにレイアウト あなた好みの空間に 階段付き ロフトベッド

ロフトベッドは、狭いお部屋のスペースを最大限に有効活用したい方におすすめのアイテムです。

こちらのロフトベッドには沢山の工夫があり貴方のアイデア次第で無限のレイアウトが出来ます。メッシュ仕様で耐荷重120kgまで大丈夫な頑丈設計。このベッドがあるだけで、理想のお部屋づくりが実現すること間違いなし!

💭「階段付き ロフトベッド」の口コミ

ベット下に机を置いて秘密基地の様に使い、勉強や工作に励んでおります。

狭い部屋にピッタリ。秘密基地みたい。階段があるから降りる時も安心。

スペースを最大限に有効活用しませんか 天然木脚パイプベッド ミドルタイプ

ロフトベッドには搬入するのが大変そうなイメージがありますが、こちらのミドルタイプのベッドなら、一般的なロフトベッドに比べて搬入が楽になります。

また、ベッド下を全て収納スペースとして使えるため、お部屋に収納スペースがない方にもおすすめです。メッシュ式の床板で通気性もよく、耐荷重120キロの頑丈設計。

💭「天然木脚パイプベッド ミドルタイプ」の口コミ

ベット下のスペースが大きいので物か多く置けるため場所の有効活用に最適です。

高さがあって下に物もたくさんおけるし、毎日気持ちよく寝てます。

吸湿性に優れた天然桐使用 宮棚・コンセント付折りたたみすのこベッド

折りたたみすのこベッドは簡単に移動もでき、引っ越しの際も楽に運び出せます! 吸湿性に優れたすのこを使用しているのでカビや害虫が発生しやすい湿度の高い季節にもぴったり。

軽量、コンパクト設計なのに耐荷重100kgと頑丈なつくりなのも嬉しいです!コンセントも付いているのでスマホの充電などにも便利です。

💭「宮棚・コンセント付折りたたみすのこベッド」の口コミ

実際に寝てみたら、思っていたよりも頑丈な作りで満足しています。

分割式コンパクトショート丈 ボンネルコイル脚付マットレスベッド

こちらは、限られたスペースにもぴったりなセミダブルベッドです。180cmとコンパクトなショート丈で、圧迫感なく配置ができます。

分割式で狭い経路でも簡単に搬入でき、ワンルームや子供部屋にもおすすめなアイテム。天然木の木脚は4つの高さに調節ができ、ベッド下に収納スペースをつくることができます。

💭「ボンネルコイル脚付マットレスベッド」の口コミ

分割式ということで寝心地が気になりましたがまったく問題なしです。

横揺れにも強い 10分で組立 ネジを使わない フロアすのこベッド

こちらのロースタイルベッドは、ネジや工具が不要で10分で組み立てられ、ゆとりのあるお部屋を演出。スリムな宮棚も搭載し機能性も高いです。

耐荷重が200kgあり、安全性もしっかり確保。コンパクトで移動も便利で、来客用途にも最適。シンプルなデザインが多彩なインテリアにマッチしてくれる商品です。

💭「ネジを使わない フロアすのこベッド」の口コミ

ネジを使わなくていいので簡単に組みたてられました。見た目もよくて安定感もあって良い買い物ができました。

自分だけの寝心地良いベッド ロール式脚付きボトムベッド

手軽にベッドライフを始めたい方におすすめのベッドです。こちらは、ロール式のすのこを採用しており、コンパクトで手軽に設置ができます。

組み立て式のパイン材の脚がナチュラルな温かみを提供し、ブラウンの落ち着いた雰囲気はあらゆる部屋にマッチ。スノコ構造の通気性が良く、ベッド下のスペースも有効活用できますよ。

ベッドを運ぶ際のポイント

下記では、運ぶ際のポイントをベッドの種類別に解説していきます。

組立式のシングルベッドを運ぶ場合

他の家具でもそうですが、組み立てる時よりも解体するときの方が大変で、解体の際に特別な工具が必要となる場合もあります。畳めるタイプのベッドマットの場合は自分で先に畳んで布団袋などに入れておきましょう。

ベッドはフレーム、ヘッド部分、脚、ネジとそれぞれに分けて、引越し業者が梱包をしてくれます。引き出しがあるタイプの場合は、引き出しも取り外して別で梱包する事になります。この際、中の物を必ず取り出しておくようにしましょう。

一体型のシングルベッドを運ぶ場合

マットとフレームが一体になっているタイプのベッドの場合、専用のカバーをかけるなどの梱包をして運び出します。

折りたたみ出来ない一体型のベッドの場合は傷がつかないように一度カバーをかけて、上から毛布などで梱包をします。シングルタイプのベッドであればドアから運び出せるものがほとんどなので、引っ越し業者が持ち上げて運び出してくれます。

シングルのロフトベッドを運ぶ場合

ロフトベッドは、一般的なものだと組み立てた時と同様に六角レンチとハンマーがあれば解体することは可能です。

しかし、かなり重たく力仕事になってしまいますので、引っ越し業者にお願いした方が無難です。専用の道具で手際よく解体をして、それぞれパーツごとにわかるように仕訳けてしっかりと梱包をしてくれますので、自分で解体するよりもはるかに引っ越し先での組み立てもスムーズに進みます。

引っ越し前に事前に準備しておくこと

ベッドは、家の中にある家具の中でもかなり大きいので引っ越し業者に頼むために下記の4つの内容を事前に調べておく必要があります。事前にチェックしてから、引越し業者へ依頼するようにしましょう。

新居の寸法を測っておく

新居のお部屋の寸法を測っておくと、ベッド以外の大型家具を搬入する際も役立ちます。また、ベッドや家具の配置なども決めておけば引っ越しがスムーズです。

ベッドのサイズやタイプを確認

ベッドが引っ越し先のお部屋に入るかを事前に確認するのも忘れてはいけません。 ベッドのタイプを確認し、組立式・一体型のいずれなのかを把握しておきます。

解体できるタイプの物かどうか

解体できるタイプであれば、搬入はしやすいです。解体したときに部品などをなくしてしまうと、組み立てができなくなってしまうので紛失しないように気を付けましょう。

部屋が何階にあるのか

引っ越し先のお部屋が何階にあるのかも確認し、引っ越し業者の方に伝えましょう。 場合によっては追加料金が発生する可能性 もあります

部屋の間口の広さ

部屋には入るけれど、間口に入らないというパターンも時々あります。そのため、玄関から部屋までの廊下の幅、部屋の入口のサイズもきちんと測っておきましょう。

ベッドを運ぶ時にかかる費用

では、実際にベッドを運ぶ際の費用はどれくらいになるのでしょうか?一般的な知識として、下記の3つをおさえておきましょう。

ベッドのみを運ぶ料金は1万~2万円が相場
ベッドが解体できない場合は吊り下げて運ぶため、追加料金が5千~1万円
高層階から運び出す場合は更にプラス1万円

組立式のベッドでも、引越し業者に解体から組み立てまでをお願いすると、その分の追加料金がかかる場合があります。引っ越し業者へ依頼するときは細かい部分まで確認をしておきましょう。

<まとめ>引っ越し時にはベッドをどうするか要チェック!

引っ越しの際にベッドも新しい部屋に運びたい、と思ったら、まずは自分の使っているベッドが解体できるか、マットが取り外せるかどうかを確認しましょう。

引っ越し業者やお願いするプランにより、ベッドの分が追加料金になってしまうことがあるので、注意が必要です。

BED STYLEでは
引っ越しにも便利なベッドを多数ご用意!
ぜひチェックしてください!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. BED STYLEでの購入・支払いの方法まとめ!おすすめ5選も

  2. 意外と知らない!マットレスの測り方やベッドフレームサイズの調べ方

  3. <一人暮らしのベッド>シングルとセミダブルどっちのサイズを選ぶ?

  4. マットレス付きローベッド5選&向いている人やメリットも解説

  5. 安くておすすめのダブルベッド13選!選び方のポイントも解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP