寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 15257 view

ベッドフレームのみ購入するメリットと注意点!おすすめ商品9選

ベッドはフレームだけ買えるのか」「ベッドフレームだけ購入するときに気を付けるべき点は?」

と疑問をお持ちではありませんか?こちらの記事では、ベッドフレームのみ購入する際のメリット・デメリットと注意点を解説します。BED STYLEおすすめのベッドフレームも紹介しますので、ぜひお気に入りのベッド選びの参考にしてみてくださいね!

ベッドフレームのみ購入するメリット

まずはじめに、ベッドフレームのみを購入するメリットを3つご紹介します。

こだわりのベッド空間を作れる

ベッドフレームのみ販売している商品はとても多く、たくさんの選択肢の中から自分の好みのベッドフレームを選べます。

「ベッド周りをシンプルにしたい」「収納付きベッドで空間を有効活用したい」など、こだわりのベッド空間を作れますよ!

また、ベッドフレームにマットレスがくっついているタイプは、好みのマットレスを選べません。マットレス単品の方が種類も多く、マットレスの硬さや種類、寝心地で選べるのでおすすめです。

価格を抑えられる

ベッドフレームとマットレスがセットになっている商品は、それだけ値段が高くなります。予算的に価格を抑えたいなと考えている方は、元々持っている布団やマットレスを活用してみましょう。そうするとベッドフレームだけの購入で良いので、価格を抑えられますよ!

部屋の印象を変えられる

ベッドフレームを変えるだけで、部屋の印象をガラッと変えられます。ベッドは部屋で一番大きなスペースを占める家具。マットレスはそのままでも、ベッドフレームの形や色を変えるだけで、部屋の印象を簡単にチェンジできますよ!

例えば、ベッドフレームの形は変えずに、色を白から黒に変えると一気にシックな印象に。もっと大胆に部屋の印象を変えたい場合は、普通のベッドをロフトベッドに変えるのもあり!

他の家具の場所も変わってくるため、大規模な模様替えも可能です。

★BED STYLEの商品をチェック↓↓

ベッドフレームのみ購入するデメリット

続いて、ベッドフレームのみ購入する場合のデメリットを2つご紹介します。

別購入したマットレスとサイズが合わない場合がある

ベッドフレームとマットレスを別々に購入する場合、きちんと確認しないとサイズが合わない場合があります。ベッドフレームが大きくてマットレスが小さい場合はそのまま使えますが、ベッドフレームが小さくてマットレスが大きい場合は一緒に使うのが難しくなってしまいます

サイズが合わないと買い替えの可能性も出てきますので、注意が必要です。

ベッドとマットレスが揃うまでに時差が出る

ベッドとマットレスを別々の店舗で買う場合、家に届くまでに時差が出てしまう可能性があります。人気の商品で在庫が無い場合、家に届くまで数週間かかることも。ベッドフレームとマットレスの配達日にあまり差が出過ぎないよう、注意が必要です。

BED STYLEのマットレス付きベッド

直線的なフォルムがスタイリッシュなすのこベッドです。BED STYLEイチオシのマットレスもセットでご用意しています。

ベッドフレームのみ購入する際の注意点

最後に、ベッドフレームのみ購入する際の注意点をご紹介します。ベッドを購入する前にチェックしてみてくださいね!

マットレスとベッドサイズを測る

絶対に必要なのが、マットレスとベッドフレームのサイズを測ることです。少し面倒かもしれませんが、この作業を怠るとサイズが合わずにマットレスかベッドフレームを買い直す事態になりかねません。マットレスとベッドフレームの縦横サイズを測るのはもちろん、高さも重要です。

特に転落防止で低めのベッドにしたい場合は、マットレスも低めの物を選びましょう。腰かけやすい高さにしたい場合は、自分には何cmくらいの高さが合うか測るのが良いですね!ベッドフレームとマットレスを合わせた高さが高すぎないか、または低すぎないかチェックしていきましょう。

★BED STYLEの商品をチェック↓↓

敷き布団派なら布団OKのベッドフレームを選ぶ

今持っている布団をそのまま活用したい場合は、布団でも使えるベッドフレームを選びましょう。布団でも使えるベッドフレームを選ばないと、寝心地がとても悪くなってしまうからです。また、布団はマットレスに比べて体重、体圧の分散ができないのでベッドフレームを傷める原因にもなります

すのこベッドは布団でもマットレスでも使えるタイプが多いので安心ですよ。逆に、パイプベッドは布団で使うことを想定していない場合が多いので、布団でも使えるタイプかどうか必ず確認しましょう。

ベッドフレームの構造に着目する

ベッドフレームの構造も重要なチェックポイントです。構造の違いでベッドフレームとマットレスを別々に買っても合わせやすいかが変わるからです。ローベッドに多いマットレスをはめ込むタイプは、サイズ計測がかなり重要となります。ベッドフレームの内側とマットレスのサイズをきっちり測らないとサイズが合わず一緒に使えなくなります。心配な場合はベッドフレームにマットレスを置くだけのタイプがおすすめ!多少サイズが合わなくても問題無く使えるので、安心です。

こちらはマットレスを上に置くタイプのベッドフレームです。 マットレスのサイズに応じで、フルレイアウトやステージレイアウトにできるます。

★BED STYLEのローベッドをチェック↓↓

マットレスも一緒に購入できるベッドフレーム6選

BED STYLEにはオプションでマットレスも一緒に購入できるベッドフレームを、多数ご用意しています。マットレスセットなら、サイズ間違いの心配も少なく安心です。

どんなマットレスでも合わせやすい「ベッドフレームにマットレスを置くタイプ」となりますので、サイズが心配な方にもおすすめです。

シンプルに生活する スリム棚・多コンセント付き収納ベッド

ヘッドボードに棚や4つのコンセントが付いた収納付きベッドです。コンセントが4つも付いているので、ベッド周りを自由にデザイン可能!ベッド横に2つの引き出し式収納がついているので、洋服や小物を収納することができます。色はホワイト、ウォルナットブラウン、ブラック、シャビーグレーの4色。どの色もとてもおしゃれで、部屋の雰囲気に合わせられます。

開放感と安らぎのひと時を ホテル品質 スリム棚・コンセント付デザインすのこベッド

世界の高級ホテルに納品実績がある家具メーカーが製造したベッドです。床板に丈夫なLVLすのこを使用しています。耐久性に優れ、シングルサイズの耐荷重は約200kg!大柄な男性にも安心してお使いいただけます。デザインは直線的で、寝室が一気にスタイリッシュな雰囲気に早変わり!ベッド下にスペースがあるので、市販の収納ケースを置いたり、ロボット掃除機を稼働させたりできますよ。

収納も眠りも清潔に コンセント付きすのこ収納ベッド

布団でも使える収納付きすのこベッドです。すのこの強度が高く、布団でもマットレスでも安心して使うことができます。ベッド横の引き出し式収納は、左右どちらにも付け替え可能。さらにすのこは通気性が良いので、収納付きベッドでありながら湿気が溜まりにくい構造になっています。色はウォルナットブラウン、ナチュラル、ホワイト、ブラックから選べます。

ウォルナット柄が特徴的 モダンデザインローベッド

ベッドの高さが低めのローベッドでありながら、マットレスを置くタイプのベッドフレームです。床板がすのこになっているので通気性が良く、寝ている間に溜まった湿気も流れやすくなっています。ヘッドボードには木目が美しいウォルナット柄を再現した素材を使用。モダンなデザインで、スタイリッシュなお部屋にもぴったりです。

上質な癒し空間 モダンライト・コンセント付き大型ローベッド 

寝室をホテルライクにコーディネートできるフロアベッドです。床からの高さをできるだけ抑えた設計で、圧迫感がなく寝室を開放的に見せられます。ヘッドボードは間接照明付きで、ほのか灯るライトが幻想的♡こちらはマットレスを落とし込む構造です。オプションでマットレスもお選びいただけますので、サイズをまちがえる心配もありません。

シンプルデザイン大容量収納跳ね上げ式ベッド 横開きタイプ

大容量収納が可能な跳ね上げ式収納付きベッドです。ベッド下が丸々収納スペースになっており、容量はなんと700リットル!スーツケースや布団、ゴルフバッグなども入れることが可能です。深さもあるので、2リットルのペットボトルを立てて入れることもできます。開閉方向には縦型と横型があり、部屋のレイアウトに合わせて選べる点も安心です。色はホワイトとブラックから選べます。

敷き布団が使えるベッドフレーム3選

BED STYLEにはマットレスの代わりに敷き布団を使えるベッドフレームもご用意しています。敷き布団派の方にもおすすめですよ。敷き布団が使えるベッドフレームが、荷重に耐えられるよう床板を頑丈に設計していますので、強度にも優れいています。

高さ調節も可能 コンパクト天然木ショート丈すのこベッド

フレームに天然のパイン材を使用したすのこベッドです。すのこの厚みは2cmあり、さらに縦横の受け桟で補強した頑丈設計。耐久性にすぐれているので、敷き布団も使用できます。脚を連結することで、高さを3段階に調節可能。腰かけたときの座り心地や、ベッド下に収納するものの高さに合わせて設置してください。こちらは長さ約180cmと通常よりも短いショート丈サイズです。ワンルームや子ども部屋など、狭いお部屋にもぴったり!

すっきり片付く 大容量収納ベッド 引き出しなし

何と耐荷重約600kgと、BED STYLE最大級の耐久性をほこるベッドです。もちろん敷き布団も使用可能。こちらはベッド下をたっぷりの収納スペースにできる仕様です。こちらは引き出しなしタイプで、市販の衣装ケースを最大で8個も収容可能!衣類や予備の寝具など、あれこれしまっておけますね。収納スペースの奥行は3段階に調節できます。さらに高さを42cm、23cmをご用意していますので、使い勝手や収納用グッズのサイズなどに合わせてお選びください。

家族で川の字スタイル 連結ローベッド 

こちらは2台のベッドを組み合わせて、1台の大きなベッドとして使える商品です。まだ子どもが小さいなど、家族で一緒に寝る方におすすめです。ベッドの床面はフラットなので、マットレスだけでなく敷き布団もOK。マットレスに比べて高さを低く抑えられるので、小さな子どもが転落して怪我をしてしまうおそれも少なく安心です。2台のベッドは金具でしっかり固定するので、使ううちにズレる心配もありません。将来は再び分割して、1台のベッドとしてお使いいただけます。

まとめ

ベッドフレームのみを購入する場合のメリットデメリット、注意点をご紹介しました

たくさんの種類の中からこだわりのベッドフレームを選べて、予算を抑えられる点でベッドフレームのみの購入はおすすめです。ベッドフレームのみ購入する場合は、サイズをしっかり測って、自分の用途に合ったものを選びましょう。サイズが合うか心配な方は、どのマットレスにも合わせやすいおすすめ商品を参考にしてみてくださいね。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP