寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 1990 view

大人気のレザーベッドを買う前に知っておきたいこと

独特なその素材感から、ベッドルーム全体を優雅に大人っぽい雰囲気に仕上げてくれると大人気の「レザーベッド」。ベッドスタイルでも、さまざまなデザインのレザーベッドがラインナップされています。

今回は、そんなレザーベッドを購入する前に知っておきたいことをまとめてみました。レザーベッドが気になっている方は是非参考にしてくださいね。

ベッドによく使われるレザーは?

「レザー=本革」のイメージがありますが、実はレザーには、大きく分けて2種類あります。
本革とは、牛や馬、羊などの動物の革(皮)のことで天然皮革と呼ばれることもありますが、一方で動物の革(皮)を使わずに人工的に作られた合成皮革というものがあります。

一般的にベッドに使われているのは、汚れやメンテナンスしやすい合成皮革であることが多いのです。

合成皮革にも2種類ある

ベッドに使われるのは主に合成皮革ですが、その合成皮革にも2種類あります。

●PVUレザー(ポリ塩化ビニールレザー)
●PUレザー(ポリウレタンレザー)

どちらも天然皮革に似せて人工的に作られた合成皮革ですが、
ベースとなる編物や織物の上に、ポリウレタン樹脂を塗布したものが「PVUレザー」
ベースとなる編物や織物の上に、塩化ビニール樹脂を塗布したものが「PUレザー」
となります。

最近では、PUレザーの中でも最も品質が高い「APUレザー」が使われたベッドも多く見かけるようになりました。

一番人気のレザーベッドは?

レザーベッドの中で今1番人気なのが「APUレザー」です。

例えば、ブラックとホワイトの2色がある一番人気のあるレザーベッドには「APUレザー(スーパーソフトレザー)」が使用されています。

●肌触りがよく上質で非常に柔らかい
●本革以上のつや感やシワがあり高級感を演出してくれる
●伸縮性・撥水性があり、傷に強く劣化しにくい

このような特徴のある「APUレザー」を使ったレザーベッドは、本革よりもお手入れがしやすく低価格のため、人気があるのもうなづけますね。

合成皮革のお手入れ方法

お好みのレザーベッドを見つけたら、商品ページのスペックを見てみましょう。下の商品のスペックを見ると、【材質】合皮(PVC)と記載されていますね。
それぞれ合成皮革に種類に合わせたお手入れ方法を知っておきましょう。

PVUレザー(ポリ塩化ビニールレザー)

基本的なお手入れは乾拭きですが、汚れに強い素材なのでちょっとした汚れの場合は水ぶきすることも可能です。汚れがひどいときは、薄めた中性洗剤で拭いた後に水拭きと乾拭きをします。

注意しなければいけないのは、熱に弱いこと。経年劣化でひび割れができてしまうこともあるので、直射日光の当たる場所や暖房器具のそばには置かないようにしましょう。

PUレザー(ポリウレタンレザー)

基本的なお手入れは乾拭きですが、水分と湿度に弱い素材なので汚れた場合も水は使わずに乾拭きで拭き取るようにします。

液体がこぼれてしまった場合はすぐに拭き取り、30度前後のぬるま湯で固く絞った布で水拭きしたあと乾拭きをして完全に乾燥させましょう。すぐに染み込んでしまうことはありませんが、時間が経つとシミになって取れなくなることがあるので早めの対処を心がけてくださいね。

APUレザー(スーパーソフトレザー)

PUレザーの中でも最高級のAPUレザーは、PUレザーの欠点も改善されているためお手入れがしやすいのがメリットです。撥水性もあるので液体がこぼれてもサッと拭き取ることができます。傷もつきにくく、合成皮革の中ではもっともメンテナンスが簡単な素材といえるでしょう。

まとめ

レザーベッドに使われている素材は、一般的に本革ではなくフェイクレザーといわれる合成皮革です。本革は使い込むうちに味わいが出て革自体が育っていく良さがありますが、合成皮革は価格も手ごろでお手入れがしやすいという良さがあります。

それぞれのレザーベッドのお手入れ方法を知って、是非自分に合ったレザーベッドを見つけてくださいね。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  2. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP