寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 20911 view

購入前に知っておきたい!ロフトベッドの耐荷重と後悔しない選び方

ベッドの購入を考えるときに重要となってくるのが「耐荷重」。
特にロフトベッドとなると、耐荷重を越えて使用してしまった場合、ケガやベッドの破損に繋がりやすくなっているため、慎重に選びたいものですよね。
ここではロフトベッドの購入を考えている人向けに、ロフトベッドの「耐荷重」についてご紹介していきます!

ベッドの「耐荷重」とは

「耐荷重」とは、ベッドフレームに載せることができる重量の目安のことを意味しています。
荷重試験の結果から、各メーカーがベッドごとに設定した数字です。
ベッドのサイズや材料、構造によってその数字はさまざま。
例えば一般的な木製のシングルベッドだと、耐荷重は100~120kgほどです。
BEDSTYLEの各商品ぺージにおいても耐荷重を表記しておりますので、必ずご確認の上でご購入ください。

ロフトベッドの後悔しない選び方

ロフトベッドを選ぶ際には、通常のベッドよりも耐荷重に気を付ける必要があります。
万が一、高さがあるロフトベッドが荷重に耐えられず壊れてしまうと、落下してしてう恐れがあり、大ケガに繋がりかねません。
これからご紹介するポイントを押さえて、後悔しないロフトベッド選び方を習得していきましょう!

<ロフトベッド選びのポイント>
●体重+寝具の重さ
●静止耐荷重
●柱の太さ
●木製かパイプ製か
●はしごタイプか階段タイプか

体重+寝具の重さ

「耐荷重」と聞いて間違えないでいただきたい点は、あくまでもベッドフレームに載せることができる総重量として設定されているということ。
使う人の体重だけではなく、マットレスや布団などの寝具類の重さも加えた総重量を考慮してロフトベッドを選ぶ必要があります。
その総重量に含まれるマットレスの重量もBEDSTYLEでは表記しています。
例えば体重60kgの方は、マットレス20kgと布団や枕5kgを合わせた85kgが総重量となるので、耐荷重100kg以上のベッドを選ぶといいですね。

静止耐荷重

多くのロフトベッドは耐荷重80~100kgと、通常のシングルベッドもより低い数値に設定されています。
耐荷重は「静止耐荷重〇〇kg」と記載されていることも。
静止耐荷重には、寝返りや起き上がりの際の衝撃が考慮されていないので、ギリギリの重量で使っていると強度に不安があります。
できるだけ余裕を持ったkg数のものを選ぶといいですね。

柱の太さ

ロフトベッドを選ぶ際には、ベッドの柱の太さも大切になってきます。
柱の太さがあまり細すぎると、横揺れが起きてしまうことが多くなります。
ロフトベッドの場合、柱の太さの目安は40mm以下でないこと。
このサイズよりも太い柱であれば、まず大丈夫と考えてよいでしょう。
もちろん、太くて支える力が強ければ強いほど良いという事にはなりますが、一般的には50mm~60mm位の柱を使っている場合が一番多いようです。

木製かパイプ製か

<木製>
価格が高い傾向があるが、きしみや揺れはパイプ製のものより少ないのが特徴 。寝心地が良いのがポイント。

<パイプ製>
重量が軽く耐久性が高いことが特徴。
木製のロフトベッドに比べて価格がお手頃な傾向があるが、部分的な荷重に弱かったり、きしむことも多い。

ロフトベッドを選ぶ際には、材質も重要なポイントとなります。
ロフトベッドの場合、材質は木製とパイプ製のものがメインとなっています。
木製のベッドは価格が高い傾向がありますが、きしみや揺れはパイプ製のものより少ないのが特徴です。
寝心地に関しては、木製のロフトベッドの方が良いことが多いです。
パイプ製のものは重量が軽く、耐久性が高いことが特徴となっています。
また、原料の関係で木製のロフトベッドに比べ、価格がお手頃な傾向があります。
しかしながら、パイプ製のものは部分的な荷重に弱かったり、きしむことが多いようです。


はしごタイプか階段タイプか

<はしごタイプ>
コンパクトで威圧感がなく、省スペースで置けることがポイント 。
一方、はしごタイプのロフトベッドは、急斜面になっており登り降りが大変。

<階段タイプ>
安定感があり上り下りが楽なのが特徴。
一方で、はしごタイプに比べてスペースを取ってしまいがち。

ロフトベッドには、はしごタイプのものと階段タイプのものがあり、それぞれ違った特徴があります。
はしごタイプのものは、コンパクトで威圧感がなく、省スペースで置けることがポイントです。
一方、はしごタイプのロフトベッドは、急斜面になっており登り降りが大変です。
階段タイプのロフトベッドは、はしごに比べて安定感があり上り下りが楽なのが特徴となっています。
一方で、はしごタイプに比べてスペースを取ってしまう点も考慮しなければいけません。


まとめ

本記事を読んで、ロフトベッドの耐荷重について考えていただくきっかけになりましたでしょうか?
穏やかな眠りは安心感から得られるもの。壊れないかな…大丈夫かな…と不安なまま眠る状態が続くと健康に悪影響を及ぼす可能性も。
頼りになるロフトベッドを選んで、よい朝を迎えましょう!

おすすめの商品

ロフトベッドの下にハンモックを設置するという新しい発想のベッド。ハンモックは使い方無限大。自分だけの隠れ家になります。

ベッドの全長が2m以下におさまるショート丈のロフトベッドで、4.5畳のお部屋にも置けるコンパクトな快適空間を作り出すことができます。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  2. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP