寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 9991 view

意外と知らないマットレスの「測り方」・ベッドフレームサイズの「調べ方」教えます!

「今持っているマットレスに新しいベッドフレームを購入したい」
「ベッドフレームはそのままで、マットレスのみ買い替えたい」

そんな方も多いのではないでしょうか。そんな時大切なのが、サイズを正しく測り、ぴったり合うマットレスやベッドフレームを購入することです。

こちらの記事では、意外と知らないマットレスの「測り方」、ベッドフレームサイズの「調べ方」をご紹介します。マットレス・ベッドフレームを購入する際に役立つ内容になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

測る準備:メジャーを準備しよう

マットレスやベッドフレームのサイズを知りたいとき、まずはメジャーを用意しましょう。日本語では「巻尺(まきじゃく)」と呼ばれることもありますが、マットレスとベッドフレームのサイズを測るのに最適です。

洋裁用メジャー

マットレスのサイズを知りたいときは、洋裁用のメジャーを使うといいでしょう。

コンベックスメジャー

ベッドフレームはその素材にもよりますが、木製で曲線のないものであればコンベックスメジャーで測るのがおすすめです。

マットレスのサイズの測り方

こちらでは、マットレスのサイズを測るときの注意点について解説していきます。新しいフレームを探す場合、今使っているマットレスの外寸と厚さを測り、合うフレームかどうか判断します。以下の3点に注意して、マットレスのサイズを測るようにしましょう。

注意点①マットレスの「耳」も含めて測る

マットレスのサイズを測る時には、マットレスの「耳」の部分も外寸に含めて測ります。マットレスをよく見てみると分かりますが、マットレスにはまわりをぐるりと取り囲むように「耳」とよばれる縫製が施されています。

マットレスの外寸にはこの「耳」の部分が含まれているので注意して測りましょう。

注意点②マットレスの厚さも忘れず測る

意外と見落としがちですが、マットレスの厚さもしっかり測っておきましょう。

ベッドフレームによっては、ヘッドボードよりもマットレスの方が高さが出てしまい、見た目や使い心地が悪くなってしまうことがあります。

ベッドフレームの中に納まるよう、マットレスの厚みにあったものを選ぶようにしてください。

注意点③ゼロ基点を見失わないようにする

マットレスのサイズを測るときに大切なことは、ゼロ基点を見失わないようにすることです。

そのため、マットレスやベッドフレームのサイズを測るときは二人ですることをおすすめします。一人にゼロ基点のメジャーを持ってもらい、自分はメジャーを伸ばしてサイズを測ります。

メジャーの長さが足りないこともあるので、そのときは足りなくなった地点を再びゼロ基点にして測りましょう。

ベッドフレームのサイズの調べ方

マットレスのサイズを測れたら、そのサイズに合ったベッドフレームを探す必要があります。そのためには、ベッドフレームの内寸(マットレスが実際にのる部分のサイズ)を調べなければなりません。

BED STYLEで販売しているベッドフレームの外寸・内寸は、商品ページに画像とともに記載されています。

たとえば、画像の商品の場合、
ベッドフレームの外寸は
●(約)106×215×45㎝ (シングルサイズ)
●(約)126×215×45㎝ (セミダブルサイズ)

ベッドフレームの内寸は
●(約)102×197×45㎝ (シングルサイズ)
●(約)122×197×45㎝ (セミダブルサイズ)

になります。フレームの板の厚みによって外寸と内寸では約4㎝も違うのです。外寸だけを見てしまうと、マットレスがベッドフレームにのりきらないことがあります。マットレスのサイズが測れたら、ベッドフレームの内寸と照らし合わせて、問題なく置けるサイズのベッドフレームを選びましょう。

おすすめの商品

BED STYLEでは、ベッドフレームとマットレスをセットで購入できる商品を豊富にご用意しております。サイズが合わないものを注文してしまう心配もないので、この機会にベッドフレームとマットレスを新調するのもおすすめです。

BED STYLEで人気の3商品をピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

シンプルデザイン 棚・コンセント付きデザインすのこベッド

通気性の良いすのこベッドは、1年中快適に過ごせる上、耐久性にも優れています。シンプルながら機能的なヘッドボードもついており、2口コンセントで充電もばっちりです!

北欧デザインのベッドフレームとなっており、自然のぬくもりを感じるナチュラル、上品で深い色合いのウォルナットブラウンをご用意。マットレスは6種類の中からお選びいただけます。

収納充実のヘッドボード スライド収納付き_大容量チェストベッド

寝室の収納スペースが十分でないと感じている方には、こちらの大容量チェストベッドがおすすめです。3種類の引き出しと床板下の長物収納、ヘッドボードの中にはスライド収納まで備わっています。

ものに合わせて収納ができるので、片付けが苦手な方でも片付けがしやすいですね!フレームカラーは、ホワイト・ダークブラウンの2色展開。マットレスは5種類ご用意しております。

和室にも洋室にも シンプルモダンデザインフロアローステージベッド

圧迫感が出やすいベッドですが、高さを抑えたロータイプならお部屋に開放感をもたらします。マットレスを落とし込んで使うタイプなので、マットレスのズレも気になりません。

フレームをサイドテーブルとして使ったり、フェアリーライトを飾ってロマンチックなインテリアを楽しむのもおすすめです。現在、フレームカラーはホワイト・ブラックの2色。マットレスは6種類からお選びください。

まとめ

お客様からのお問い合わせの中には、「今持っているマットレスに合うフレームがほしいんだけど、これって合いますか?」というものや、逆に今持っているフレームに合うマットレスがほしいというものもあります。ご自宅にお伺いしてお手持ちのマットレスやフレームの大きさを測ることができたらいいのですがなかなかそういうわけにはいきません。

メジャーを用意していただき、マットレスの場合は必ず「耳」の部分を入れる。フレームの場合は「内寸」を入れるということに注意して、是非測ってみてくださいね!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  2. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP