寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 11590 view

【ニ人の寝室】シングルベッド二台で快適な寝室を作ろう♪

ご夫婦や恋人同士で寝るための寝室を新しく作る時、ベッドのサイズはどのようにして選びますか?ベッドは長く使うものですので、サイズやフレームの形、マットの素材などもしっかり考えて購入しないと、「やっぱり気に入らないから買い換えようか?」とは簡単には出来ませんね。

ダブルベッドやクイーンサイズのベッドも悪くはないのですが、実はシングルベッド二台を並べる方がメリットが多く、しかも快適に眠ることができるのです。ではなぜ、シングルベッド二台がいいのか?

本記事ではシングルベッド二台で快適な寝室を作るためのポイントについて解説しています。 自分に合ったベッドを見つけて、ぐっすりと気持ちのいい眠りを手に入れましょう。

シングルベッドのきほん

まずはシングルベッドのサイズや種類について一緒にみてみましょう。

シングルベッドのサイズを知ろう

ではまずは、ベッドの基本であるサイズのお話からしていきたいと思います。
シングルベッドと呼ばれるベッドはフレームのサイズが縦:195cm×横:90~100cm程度のサイズのベッドのことを言います。

畳1帖(0.5坪)が縦:182cm×横:91cmなので、子供部屋やワンルームの一人暮らしの方など、広いスペースを取れない方でもきっちりと部屋に収まるサイズになっていますね。

シングルベッドの種類

シングルベッドには一般的なシングルベッドのほかに、セミシングルベッドがあります。
それぞれフレームのサイズが

  • セミシングル 縦:195cm×横:80~90cm
  • シングル 縦:195cm×横:90~100cm

となっていて、セミシングルはシングルベッドよりもう少し小さくてもいいのにな、というわがままを叶えてくれるサイズのベッドです。

シングルベッドのメリット・デメリット

シングルベッドのメリットとデメリットを2つずつあげるとすると

メリット

  • コンパクトなサイズなので部屋が狭くても置ける
  • 他のサイズのベッドと比べてベッド本体、布団、カバーなどが安く買える

デメリット

  • 体格の大きい方はゆったりと寝返りを打てない
  • 二人で寝ると落下やフレーム破損の危険がある

という点があげられます。
一人の部屋にはとてもコスパのいいシングルベッド。 背の低い女性にとっては不便を感じないシングルベッドですが、身体が高い人にとってはちょっと窮屈に思えるかもしれませんね。

二人で寝るベッドのサイズ

ではここから二人で眠るにはどのサイズのベッドがいいのかについて一緒に考えてみましょう。

ダブルベッドは二人用?

ベッドのサイズについて細かく知っているという方もあまり多くはないと思います。「ダブルベッド」と聞くと、知らない人は「ダブルだからシングルの2倍?」となんとなく想像してしまうかもしれません。 しかし、実際のダブルベッドのサイズはシングルの2倍、というわけではなく、もっと小さくて実際はシングルベッドの1.5倍くらい、フレームのサイズが縦:195cm×横:140cm程度です。

二人で並んで眠れないサイズではありませんが、夜中に寝返りを打ったりすることを考えると二人用と呼ぶにはちょっと小さいかな、という感じですね。

クイーンサイズやキングサイズのベッドって?

ダブルベッドよりさらに大きいサイズのベッドにクイーンサイズやキングサイズと呼ばれるものがあります。
それぞれフレームのサイズが

  • クイーンサイズ 縦:195cm×横:160cm程度
  • キングサイズ 縦:195cm×横:180cm程度

となっていますので、これだけの広さがあればよほど大きな人でなければ大人二人で並んでゆったりと眠ることができますね。

シングル二台VS一台のベッド

シングル、ダブル、クイーン、キングとそれぞれのベッドのサイズがわかったところで、皆さんに問題です。二人で眠るベッドはシングル二台と一台の大きいベッドとどれが一番広いと思いますか?

実はシングルベッドを二台並べると縦195cm×横:180~200cm程度。キングサイズ相当かそれ以上のサイズになります。お部屋のスペースさえしっかり取れれば、二人で眠るにはシングルベッドを二台並べるのが一番ゆったりと眠ることができるのです。

しかもベッドの搬入やシーツなどの備品のことまで考えると、同じくらいのサイズでもキングサイズのベッドよりシングルベッド二台の方が手間もかかりませんし、コストも安く抑えることが出来ますよ。

シングルベッドを二台並べたお部屋作り

ここからシングルベッドを二台並べたお部屋作りについて自分のお部屋を想像しながら一緒に考えてみましょう。

レイアウトを考える

お部屋に置くベッドのサイズが決まったら、ベッドや家具をどのように配置していくかレイアウトを考えていきましょう。部屋をとにかく広く使いたい!という方はエアコンが足元側にくるようにしてベッドをお部屋の角に配置すると広々としたお部屋になりますよ。

サイドテーブルやライトを置きたいという方にはベッドの両側を開けてベッドの頭側をしっかりと壁面に寄せるのがおすすめ。このときに部屋の縦横の比率を考えてどの壁に寄せるかをしっかり考えて配置するのがポイントです。

窓側にベッドを配置する場合は、窓の光の入り方にも気をつけましょう。
一度置いてしまうとそう簡単には移動できません。置く前にベッドを置いた後の通路の幅やドアや窓の開閉は確認しておきましょう!

ベッドフレームの種類を考える

ベッドのサイズにもいろいろ種類があるように、実はベッドフレームにもいろいろな種類があります。
代表的なものを上げると

  • 脚付きマットレス
  • パイプベッド
  • フロアベッド(ローベッド)
  • 引き出し収納付きベッド
  • 跳ね上げ式ベッド
  • 折り畳みベッド
  • ロフトベッド
  • ソファベッド

などがあり、さらに細かく分けると15種類以上にもなります。
この中でシングルベッドを並べて使うという考え方に合わないのはロフトベッドとソファベッド。 ロフトベッドはそもそもつなげて使うという考え方ができない設計になっていますし、ソファベッドは使い勝手を考えるとつなげて使うベッドとしては不向きです。

シングルベッドを並べる時のポイント

シングルベッドを二台並べる際、最も気をつけないといけないのは“隙間”です。
ただ二台のベッドを並べただけではマットレス同士に隙間が空いてしまうこともありますし、初めは隙間がなかったとしても使っているうちに少しベッドが動いて隙間が空いてしまうことがあります。

ピッタリとくっつけたいという方は、連結金具で連結できるベッドを選んでマットの間の隙間には隙間用パッドや大き目のバスタオルなどを利用してしっかりと間を埋めるようにするか、隙間なくピッタリくっつけられるフレーム(マットレスとフレームの横幅が同じ寸法)を選ぶといいです。

シングルベッド二台で快適に眠るためのポイント

ここからは二台並べたシングルベッドで二人が快適に眠るにはどうしたらいいか考えてみましょう。

くっつける?離す?

シングルベッドを二台並べるといってもただ並べるのか、しっかりとくっつけるのかによって違いが出てきます。例えば寝る時間がバラバラだからお互いの邪魔にならないようにしたい、ということであれば、無理にベッドをくっつけずに離しておいた方が良いかもしれません。ベッドを広々使って寝たいという方には絶対にくっつけることをおすすめします。

くっつけた場合、掛け布団は一枚?二枚?

ベッドをくっつけた場合、掛け布団はどうするかも悩むところですね。男性と女性ではどうしても体感温度が違って、特に夏場はエアコンの設定温度で折り合いがつかないということも起きてしまいます。

ひとつの掛け布団にした方が購入費用も抑えられてベッドメイキングも楽です。しかし、掛け布団の取り合いやどちらかが暑がって布団を蹴ってしまうなどのリスクを考えれば、掛け布団は別々にした方がベターかもしれませんね。

二人で快適に眠れる寝室の環境は?

寝室は疲れをいやしてぐっすり眠るための部屋です。自分一人の部屋でしたら派手な色合いやこだわりのインテリアも楽しいかもしれませんが、パートナーの方はその部屋で落ち着いて眠ることが出来るでしょうか。

二人で眠るための寝室は、落ち着いた雰囲気の色合いや統一感のあるインテリアにして、二人の好きなものを置くようにした方がお互いが心地良くいられる空間になります。照明も明るすぎるものは避け、間接照明や昼白色の色のライトに。
カーテンはベージュか寒色系の青や水色などの気持ちが穏やかになる色を選ぶようにするのもいいですね。

シングルベッドを二台並べて二人で眠ろう

誰かと並んで眠ることって実はちょっと気を使います。
それでも大好きな人と並んで眠るのはやっぱりうれしくて、ドキドキもするしとても穏やかな気持ちにもなる、ちょっと不思議で素敵な時間です。

二人並んで仲良く眠るためには広さと心地よさがとっても大切。
シングルベッドを二台並べてしっかりスペースを取ることで、寝返りやお互いのちょっとした動きも気になりにくくなりますね。

おすすめ商品

シンプルに生活する スリム棚・多コンセント付き収納ベッド(シングル)

お部屋をすっきりとシンプルに使いたい方にはこちらのベッドがおすすめ。スリムなヘッドボードにはコンセントが4つもついているので、1つのベッドだけでもスマホ2台にタブレットの充電も枕もとで出来てしまいます。

ベッドの下に収納もたっぷりついていますので、タンスや棚などがなくてもこのベッド二台で洋服や小物まで細かく丁寧に仕分けをして収納できます。

ウォルナットデザイン大容量収納跳ね上げベッド 縦開きタイプ(シングル)

ベッドを大物の収納するためのアイテムとして使いたい方にはこちらのベッドがおすすめ。ベッドの下になんと700Lもの収納が出来るスペースが確保されていますので、布団にスーツケース、ゴルフバックやスキーウエアなどどんどん収納が出来ます。 車のボンネットのように軽く持ち上がりますので、女性の方でも安心です。

シンプルだけど高級感のあるウォルナットデザインは、どんなお部屋にも似合います。和室にこの二台並べてもとっても素敵ですね。

シャープなラインがカッコイイ 棚・コンセント付きローベッド(シングルベッド)

お部屋を広く見せたい方や寝相の悪い方におすすめなのはこちらのベッド。フロアベッドはフレームの高さがない分、圧迫感を感じないのでお部屋がとっても広く感じます。

また寝相が悪い人にとっては寝ている間に落ちたらどうしよう・・・という不安もなくなり、安心して眠ることが出来るようになりますね。シンプルだからこそ、デザインの良さがわかるこのベッド。小さいお子さんが出来ても安心して使えるベッドですね。

ホテルダブルクッション 脚付きマットレスボトムベッド(シングル)

ベッドはとにかく寝心地が良いことが大事!という方にはこちらのベッドがおすすめ。高級ホテルで使用しているようなベッドの寝心地がご家庭でも味わえるようにと設計されたこのベッド。中のコイルがしっかりと身体を支えてくれるので程よい硬さと耐久性を実現しました。

フレームやヘッドボードのないこの脚付きマットレスなら、二台並べて一枚のシーツですっぽり囲むことも可能です。 脚付きマットレスは元が二台のシングルベッドだったことを忘れてしまうほどの一体感を感じられるベッドです。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  2. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  5. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP