寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 24179 view

【ベッドサイズの選び方】セミダブルとダブルの大きさの違いを比較!

ベッドのサイズを選ぶとき、セミダブルとダブルの違いがいまいちピンと来ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、セミダブルとダブルにはどのような大きさの違いがあるのかを紹介していきます

セミダブルベッドについて

セミダブルベッドのサイズは幅約120㎝、長さ約200㎝となっており、シングルベッドの次に大きいサイズのベッドです。

シングルサイズより少し大きめの1人用のベッド

シングルサイズのベッドの幅は約100㎝です。それよりも幅が20㎝広くなった120㎝のサイズがセミダブルベッドです。シングルサイズよりも少し大きめのつくりとなっています。

名前に「ダブル」と入っていることから2人用のベッドと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、セミダブルは1人用のベッドです。

ゆったり一人で寝るには十分な幅

セミダブルサイズだと、寝返りをうってもベッドから落ちる心配もなく、広いスペースで眠ることができます。

睡眠時間を大切にしている方におすすめのサイズです。

ダブルベッドについて

セミダブルとダブルでは、ダブルの方が約20㎝幅が広くなります。一般的なダブルサイズのベッドのサイズは幅約140㎝、長さ約200㎝です。

ダブルベッドは2人が寝られる大きさ

ダブルサイズのベッドはセミダブルとは異なり2人用につくられたベッドです。しかし、ベッドの幅が約140㎝なので、1人分の幅はシングルサイズで寝たときよりも狭くなってしまいます。

2人が横並びで寝ることのできるベッドですが、寝返りをうつと相手にぶつかってしまうなど、2人で使うには少々狭いサイズのベッドです。

体の大きい方でも快適に眠れる幅

一人でダブルサイズのベッドを使うという方もいらっしゃいます。体の大きい方でも寝返りをうてる広さが十分にあるからです。

男女問わず、ベッドでゆっくりとくつろぎたいという方にも人気があるのがダブルサイズのベッドです。

セミダブルとダブルを6畳の部屋に置いた時の残りのスペースは?

例えば部屋の広さが6畳だったときに、セミダブルとダブルのベッドを置いた時の残りのスペースの違いはどのくらいあるのでしょうか?

セミダブルは部屋の約1/4を占める

一般的なセミダブルのサイズのベッドは幅120㎝×長さ200㎝です。これは270㎝×360㎝の6畳の部屋に置いた場合、約1/4を占めることになりますが、残りの3/4は自由に使うことができます。

もし、一人暮らしで居住スペースが6畳ほどだとすると、ベッドのほかにテレビやソファ、テーブルを置くことができますよ。家具の高さを低めにそろえることで、部屋をスッキリと見せることもできますよ。

ダブルは他の家具の配置に注意が必要

部屋のサイズが6帖あれば、幅が140㎝のダブルベッドを置いてもほかの家具を置くスペースは十分あります。ただし、部屋の長辺とベッドの長辺を合わせた縦向きに配置する場合は注意が必要です。部屋の中央にベッドを置くと、ベッドサイドの幅が狭くなります。

その分、収納やテーブルなど置きづらくなってしまうので、寝室に収納などのスペースが欲しい場合は、ベッドを横向きにして両サイドにスペースをつくる、もしくはベッドを壁際に寄せて片方のサイドを広めにとることで、タンスや本棚などの家具を置くことができます。

セミダブルとダブル、どちらの大きさがいいのか?

セミダブルとダブルの大きさの違いについて説明してきましたが、結局どちらを選べばいいのかわからないという方に、人数別のベッドの選び方を紹介します。

1人で寝るなら、どちらでも十分な広さ

1人で寝るなら、セミダブルとダブルどちらを選んでも、ぐっすり眠るのに十分な広さがあります

シングルだと狭く感じるけど、セミダブルなら寝返りをうっても安心して眠れると感じる方はセミダブルで十分ですし、体の大きい方やベッドでの過ごす時間が長い方はダブルサイズを選ぶのもよいでしょう。部屋の広さと快適さのバランスをとって選びましょう。

2人で寝るならダブルだが、狭いと感じる可能性もあり

セミダブルは1人用のベッドなので、2人で寝るにはダブルサイズのベッドが選択肢に入ります。

しかし、シングルサイズのベッドで1人ずつ寝る時よりも1人分の幅が狭くなります。寝返りをうったときにぶつかってしまうなど、ベッドが狭いと感じる可能性があります。1人分のスペースが狭くても大丈夫という方や、ダブルサイズ以上のベッドだと部屋のスペースが狭くなってしまうという方にはおすすめです。

ファミリーで寝るなら、2台組み合わせて使おう

2人以上の家族で寝る場合は、セミダブル又はダブルベッドを2台組み合わせて使うことをおすすめします。家族で寝るとなると、夫婦で寝る時よりもさらに広いスペースが必要となりますよね。

そうなると、ベッド1台では幅に限界があるため、2台くっつけることで幅の悩みを解消できます。セミダブル2台だと夫婦とお子さん1人、ダブル2台だと夫婦とお子さんが2人で一緒に眠ることができますよ。

まとめ

今回、セミダブルとダブルの違いについてご紹介しました。

セミダブルのベッドは、シングルサイズよりも幅が約20㎝広く、一人で寝るのに十分な幅があり、寝返りをうっても落ちる心配がありません。ダブルのベッドは2人で寝ることもできますが、1人で広々と使うこともできます。ベッドの上でくつろぐことの多い方や、寝室の広さに余裕がある方におすすめです。また、ファミリーの場合は2台組み合わせて使うという方法もあります。部屋の広さや使い心地でセミダブルとダブル、どちらのベッドがいいか検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめ商品

セミダブルベッド

シンプルデザイン棚・コンセント付きデザインすのこベッド

シンプルな木のデザインで、1人暮らしにピッタリの部屋になじみやすいすのこベッドです。スリムなヘッドボードにはコンセントがついており、スマートフォンなどの小型の電子機器の充電もできます。天然木のすのこは通気性が良く、レッグタイプなので、ベッド下のお掃除も可能です。

棚・コンセント付き大容量デザイン収納ベッド 引き出し4杯(セミダブル)

シンプルかつ スマートに暮らす上質な寝室にぴったりなセミダブル収納ベッド。引き出し4杯付きの圧倒的な収納力に加え、機能的なヘッドボード付き。スッキリとした空間を演出します。耐荷重は安心の600kg!小上がりスペースとしてもご使用いただけます。

ダブルベッド

優雅な空間へモダンデザイン・高級レザー・デザイナーズベッド

美しい流線形が特徴的な、高級レザーのデザインベッドです。ヘッドボードの曲線は、もたれかかった際のひじ掛けやヘッドレストとして使えるように設計されています。上質な寝心地はもちろんのこと、ベッドでゆっくりとくつろぎたい方におすすめです。

上質な癒し空間モダンライト・コンセント付き大型ローベッド

モダンライトが付いた、スッキリとしたデザインのローベッドです。通常のベッドに比べて高さがないため、ダブルサイズのベッドでも部屋の圧迫感を抑えることができます。シャープなデザインでありながら、ヘッドボードには目覚まし時計や眼鏡を置ける奥行があります。さらにサイドフレームには、スマホや使いたい小物を置ける約12㎝の幅を設けてあるので機能性にも優れています。

連結可能ベッド

シンプルでも機能に満足 棚・照明付きフロアベッド

ファミリーにおすすめの連結フロアベッドです。夫婦で1台使っていたとして、お子さんができたときにもう1台連結すれば、家族一緒に川の字で寝ることができますよ。ローベッドなので、お子さんがベッドから落ちる危険性もなくなります。低い床面で、お部屋も広々と見せることができます。サイズを自由に選べるので、ご家族構成に合わせてレイアウトする事ができます。

誰もが羨む憧れの空間にホテル風モダン連結ベッド

ホテル風のモダンなデザインが特徴のベッドです。ベッドの下には大容量の収納スペースがあり、季節用品や旅行用のスーツケースをしまうことができるのがうれしいポイントです。サイドテーブルには引き出しと棚がついているので、本や小物など普段使いのものを収納することができます。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【ベッドサイズ一覧】人数や部屋の広さに合う選び方を徹底解説!

  2. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  3. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP