寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 14435 view

小さくても快適!狭い寝室で心地よく過ごすレイアウト実例

寝室のスペースが限られていると、一番頭を悩ませるのがレイアウトです。けれども寝室は、レイアウトを工夫するだけで、開放的で心地よい空間に変えられるんですよ!そこで今回は、狭い寝室でも快適に過ごせるレイアウトの実例をご紹介します。インテリアのコーディネート方法も参考になりますよ!

狭い寝室のレイアウト実例

寝室のスペースが限られている場合、ベッドなどの家具をどのように配置すればいいのでしょう?効果的なレイアウト方法を、実例とともに解説します!

寝室の奥&壁沿いにベッドを置いて広々と

寝室の奥にベッドをレイアウトしたスタイルです。

ベッドを壁に沿わせているので、日中も寝室でくつろげるスペースが生まれました。机やチェストも部屋の奥側にまとめているので、寝室に入った時も、圧迫感がなく開放的ですね。

こちらの寝室は、部屋のコーナーを上手に利用していますね。

面積の大きいベッドを部屋の角に配置し、窓の下には開閉の邪魔になりにくいソファを置いています。必要なインテリアを自分が使いやすい場所にレイアウトするだけで、快適に過ごせますよ。

細長いタイプの子ども部屋は、写真のようにベッドを奥にぴったり付けるとすっきりして見えますね。

棚とベッドの間に通路を確保し、ベッドの前に遊び場を確保しています。絶妙なレイアウトで、お子さんが楽しく過ごせる寝室ができ上がりました。

こちらは、寝室の奥に窓がありますね。外の景色が見える分、実際のスペースが狭くても開放感があります。

ベッドを奥に配置したことで無駄な空間がなくなり、明るく快適な寝室になりました。

狭いながらもすっきりと寝室をまとめられた空間です。

ベッドとチェストは寝室の奥に配置し、通路や普段過ごすスペースを確保しています。ファブリックインテリアに壁の色と同じホワイトを使っているので、開放感もありますね。

すっきりと片付いた寝室です。ベッドを部屋の奥に置いたので、日中くつろげるスペースも確保できました。

机や棚のレイアウトも工夫しています。なるべく床に家具を置かず、壁に密着させる、壁にボードを付けて棚にするだけでも、お部屋の中は広くなりますよ。

コンパクトでかわいらしい印象の寝室です。

実際のスペースは限られていますが、ベッドを部屋の奥に配置しているので、窮屈には感じません。ベッド横に机と椅子を置いてもまだ余裕がありそうですね。

大きな窓の近くにベッドを配置した寝室です。窓と比較してベッドが低いので、お部屋が広々として見えますね。他のインテリアもほとんど背が低いため、視界も良く開放感があります。

ベッドや周囲のインテリアの高さを工夫すると、より空間が広く感じられますよ。

シンプルカラーで広々した寝室にレイアウト

シンプルな色を使って、広々とした空間をデザインしています。

ベッドや周りのインテリアには、ベージュやグレー、ホワイトといった淡い色を使っているので、寝室が開放的に見えますね。

こちらはベッドカバーとカーテン、壁の色が白い寝室です。

白は部屋を明るく開放的に見せる色。寝室のスペースが限られている場合、白い色を積極的に取り入れていくと効果的です。

明るく清潔感のあるホワイトが印象的な寝室ですね。

壁にベッドを付けているので、日中部屋でくつろぐスペースもしっかり確保できています。ベッドフレームは床の色と、カバーや枕はカーテンや壁の色と一致しているので、寝室を広く見せられますよ。

2段ベッド・ロフトベッドでスペースを有効活用

高さのあるベッドで空間を有効活用した実例です。

シンプルで華奢なアイアンベッドが、寝室をすっきりと見せてくれますね。このように、2段ベッドは2台のベッドを下に並べて置くよりも、部屋を広く使えます。お子さんが2人いるご家庭にもおすすめ♪

寝室が狭く、ベッド1台でスペースが埋まってしまうと、当然もう1台ベッドを置くのは難しいですよね。

しかし、2段ベッドなら問題解決!高さで空間を有効利用できるので、通路をふさぐこともありません。実例では、はしごが窓側にあるので、ドアの開閉もスムーズです。

こちらは寝るためのスペースは2段ベッドでコンパクトにまとめ、その他の空間を広く取っていますね。

家具も寝室の間取りを活かしてレイアウトしています。ベッド下に小物を収納できるのも嬉しいですね。こんなコーディネートなら、寝室をきれいに保てるでしょう。

白くてコンパクトなかわいらしいロフトベッドです。

はしごがまっすぐなので、余計な幅を取りません。ベッド下には机や棚を置いて、空間を有効に使っています。ベッドの横に小さな棚があるのも便利。極力床に物を置かなくて済むように工夫されていますね。

階段付きの豪華なロフトベッドです。

花の飾りやサイドフレームの文字が特別感を出していますね。ベッド下のスペースもおしゃれです。ソファーを置いてもまだまだ余裕ですね。空間を上手に使っているので、広々とした寝室に見えます。

白くて大きなロフトベッドです。かなり場所を取りそうに見えますが、空間を有効に使えているんです。ベッドの下の空間には机を置いて、勉強などデスクワークができますよ。

また、ベッドの位置が高くなった分、床に座ってくつろげるスペースも確保できました。

こちらはおしゃれな雰囲気の寝室です。インテリアのカラーが統一されているので、スペースが限られていてもすっきり見えます。ロフトベッドなので、高さがある分空間を有効に使えるのも魅力的ですよ。

また、低い位置に窓があるので、ベッド下で椅子に座ってくつろぐ時も光が当たって明るいのは嬉しいですね。

★BED STYLEのコンパクトベッド特集をチェック↓↓

狭い寝室におすすめのコンパクトベッド

それでは数ある商品の中から、狭い寝室におすすめのインテリアをご紹介します!コンパクトベッドなどを上手に選んでレイアウトすれば、狭い寝室でも快適に過ごせます♪

すっきりサイズの ショート丈コンパクト収納ベッド

こちらの商品はセミシングルサイズのベッドです。ヘッドボードが無いためかなりコンパクトでスリムなデザインで、ワンルームにはもちろん子供部屋にもピッタリの商品となっています。収納は引き出しが二つ付いていて左右どちらに付けることも可能なので、間取りに合った方を選べます。ベッド周りの小物を置きたい方は、同じシリーズの商品でスリム棚という物もあるので、こちらを使い収納するとより便利です。カラーはホワイト、ナチュラル、ウォルナットブラウンと三色展開で、どんな部屋にも合う色が用意されています。

ホワイトでつくるキレイスタイル 棚・コンセント付き収納ベッド

ホワイトカラーが明るくかわいらしい印象の収納付きベッドです。ホワイトやベージュといった明るい色味には、お部屋を広く見せてくれる効果があるのでおすすめですよ!こちらは引出し収納もついておりますので、小物をスッキリまとめる事ができます。とてもスマートなデザインなので、寝室に圧迫感を出さず、他のインテリアにも馴染みやすいアイテムです。

自由な収納 高さ調節・布団対応 天然木すのこベッド

こちらは通常よりも長さの短いショート丈のベッドです。見た目とは裏腹に、収納スペースとして大活躍してくれるすのこベッド。ベッド下スペースには収納ボックスやスーツケースなどを収納できます。ヘッドボードには目覚まし時計やアロマキャンドルなどをディスプレイできるのもポイントです。さらに自分らしいアレンジを加え、お部屋をスッキリと演出してみてはいかがでしょうか。こちらのベッドが一台あるだけで、ナチュラルかわいいお部屋の出来上がりです♪

ワンルームにおすすめ 階段付ロフトベッド

こちらは、ワンルームにも置ける階段付きのロフトベッドです。はしごではなく階段タイプなので、小さなお子様でも安心して使用できますね。ベッド上には小物をおけるヘッドボードが付いており、コンセントもあるのでスマホの充電等もバッチリ!下の空間を有効活用できますので、狭いお部屋にはもってこいのアイテムです。

安心の頑丈設計 クイーンサイズベッドにもなるスリム2段ベッド

きょうだいが寝る子ども部屋におすすめの2段ベッドです。こちらはシングルベッドよりも横幅がスリムな80cmタイプなので、狭い寝室にもレイアウトしやすいでしょう。ヘッドボードとフットボードは厚みのある棚構造なので、横揺れに強く耐震を実現!いざというときも安心ですね。下段の床下に2杯の引き出し付き。将来は2台に分割して、それぞれセミシングルベッドとして活用できます。

吸湿性に優れた天然桐使用 宮棚・コンセント付折りたたみすのこベッド

狭い寝室には折りたたみタイプのベッドもおすすめです。こちらは折りたたみベッドにめずらしく、宮・コンセントが付いています。ベッドまわりを充実させられるので、さらに快適に過ごせますね♪床板は桐材を使用。天然の吸湿性や防虫効果があり、カビや湿気に強く安心!耐荷重も約100kgと頑丈な設計です。必要に応じて2つに折りたためるので、狭い寝室でもゆったりリラックスできます。

★BED STYLEのコンパクトベッド特集をチェック↓↓

おすすめマットレス

コンパクトなベッドや2段ベッドに合わせてお使いいただける寝具も、BED STYLEは多数ご用意しています。マットレスやカバーなどをピックアップしてみましたので、狭い寝室を上手にコーディネートしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス ショートタイプ

こちらはポケットコイルタイプのマットレスです。コイル1つ1つが独立し、体を点で支えて理想的な寝姿勢をキープします。寝返りしやすく子どものベッドにもおすすめ。通常のコイルマットレスよりも軽量に設計しているので、上げ下げ・お手入れしやすいのも特徴です。内部枠線を使用していないため、快適な寝心地はそのままに利便性をアップ。セミシングルサイズなので、スリムベッドにぴったりです。

上げ下ろしもラクラク 2段ベッド用薄型マットレス (5cm厚タイプ)

2段ベッドやロフトベッドのある寝室におすすめなのが、こちらのマットレスです。厚さ5cmと薄型なので、高い位置にあるベッドで寝たときも、落下の心配が少なく安心です。軽量なので、上げ下げもラクラク♪さらに薄型ながら反発力の高い立体構造物を中材に使用しているので、底付き感がなくしっかりした寝心地を得られます。

★ほかにもマットレスをチェック↓↓

おすすめサイドテーブル

狭い寝室でも、インテリアにこだわりたいですよね。そこでおしゃれな寝室にぴったりのサイドテーブルをご紹介します!こんなおしゃれなサイドテーブルなら、レイアウトを考えるのも楽しくなっちゃいそうです♪

寝台職人 使い方自由自在でアレンジを楽しめる ひのき材のナイトテーブル

ナチュラルな寝室インテリアを好む方には、こちらの商品がおすすめです!こちらの天然ひのきのナイトテーブルは、シンプルながらも存在感があります。独特の芳香がありリラックス効果も抜群。また、同じく天然木のベッドと合わせるとナチュラルインテリアに統一感が出ます。便利なコンセント付きで、ベッドサイドでスマホの充電もできます♪

★ほかにもサイドテーブルをチェック↓↓

まとめ

今回は狭い寝室でも快適に過ごすためのレイアウト実例を紹介しました。おしゃれで機能的なコーディネートがたくさんありましたね。限られたスペースでも、インテリアの置き方や色使い次第で、寝室が開放的な空間になりますよ。あなたもちょっとした工夫で、自分の寝室を快適にしてみませんか?

★BED STYLEのコンパクトベッド特集もチェック↓↓


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【来客用布団セットの選び方】コンパクトで人気のおすすめ14商品

  2. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  3. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP