寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 1806 view

インテリアにもなる佇まい「アラジンストーブ」の魅力

どこか懐かしいレトロな佇まいが魅力のアラジンストーブ「ブルーフレームヒーター」。その洗練されたデザインは、ストーブとしての役割を終えた季節にさえついつい出しておきたくなるような石油ストーブです。

「ブルーフレーム」の美しい青い炎は、お部屋全体をやわらかく暖めてくれるだけではなく、見ているだけでほっこりと癒しの時間を与えてくれます。芯を替え、メンテナンスを行い、10年、20年と愛用している方も多いアラジンストーブ。

今回は、そんな「アラジンストーブ」のある暮らしをのぞいてみました。

アラジンストーブの魅力

その①:洗練された美しさ

シンプルで無駄のないフォルムは、80年余りもの間少しづつ改良はされているものの、基本的にモデルチェンジはされていない。つまり完成されたデザイン。

美しい木目の床にすっと佇んでいるだけで凛とした潔さを感じます。ストーブの上にのせられた鉄瓶もまた趣があります。

その②:インテリアとして映える

朝晩が冷え込んだり、雨の日はまた冷えたり。なかなか仕舞うタイミングの難しい暖房器具。アラジンストーブは、こんな大きなきんちゃくがついています。オフシーズンは埃からストーブを守るため、きんちゃくを纏って。

北欧テイストの美しい家具たちが、また来年の出番を待っているようなとっても素敵なお部屋ですね。

定番のホワイトのアラジンストーブも人気ですが、少しくすんだようなグリーンもとっても素敵ですね。

ナチュラルなかごの雰囲気にもとってもよく合います。

その③:お部屋に合わせやすい

ナチュラルなお部屋にもぴったり

ナチュラルな木目の床材の風合いが美しいお部屋にもアラジンストーブはしっくりと馴染んでいます。

アンティークのようなシャンデリアや格子の扉がとても幻想的で素敵なお部屋です。

その④:機能性も抜群

キャンプでも大活躍!

石油ストーブであるアラジンストーブは、キャンプでも大活躍。

キャンプ用品を収納しているこんな贅沢なお部屋にもガラス戸の奥にアラジンストーブを発見!

キャンプ用品だけを収納されているという土間にもアラジンストーブがまるでインテリアのように収まっています。

コンクリートや黒いアイアンの脚など無機質で無骨なインダストリアルテイストにもアラジンストーブはしっくりと馴染みます。

やかんやお鍋をのせてコトコトと。。。

白いフォルムに黒の持ち手が素敵な「野田琺瑯」のやかんをのせて。あたたかい木のぬくもりと選び抜かれたキッチンツールや器が美しく並んだキッチンに、アラジンストーブがほっこりと存在しています。

やかんをのせるのその蒸気で部屋全体がしっとりとじんわり暖かくなる。そんなゆっくりな時間を味わうことができそうなお部屋です。

お鍋をのせたアラジンストーブでレモンをコトコト、そんな優雅な時間をお過ごしのお部屋です。

無垢材の床や漆喰の白い壁など、こだわりの感じられるとても素敵なリビングにもアラジンストーブがゆったりとした空間のスパイスになっています。

おすすめの商品

シンプルながら温かみを感じる 北欧ヴィンテージスタイルベッド

アラジンストーブと同様、シンプルながら温かみを感じるウォルナットブラウンのウォルナットブラウンカラーのベッドはいかがでしょうか?引き出しとヘッドボードの天板などがバイカラーでとてもおしゃれです。大人のインダストリアルテイストにもしっくりと馴染んで、ヴィンテージ感溢れるお部屋が完成します。

存在感のあるお洒落なデザイン 寄木柄ベッド

アラジンストーブのように独特な存在感のある寄木柄ベッド。ロータイプなので開放感があります。ヘッドボードの棚にはコンセントが付いていて、機能性もばっちりです。ストーブの熱で温まった部屋でゆったりとくつろぐ…。今年の冬はそんな贅沢な時間を過ごしませんか?

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  2. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  5. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP