寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 653 view

アレンジ自在!高さを調節できるベッドを使った快適な部屋づくり

ベッドほどの大型家具になると、移動させるにも一苦労ですよね。ベッド自体を動かさず、ベッドの高さを調節することでさらに部屋を快適なものにすることができます。今回は高さを調節できるベッドをご紹介します。おすすめの部屋作り例もご紹介しますので、ベッドまわりの有効利用を考えている方はぜひ参考にしてください。

高さが調節できるベッドのメリット

ベッドの高さを調節することにより、毎朝の起き上がりが楽になったり、ベッド下に収納スペースができたりと嬉しいメリットがたくさんあります

起き上がりが楽

フロアベッドは布団とほとんど同じ高さがあるため、起き上がりが億劫だと感じることがあります。高さのあるベッドを選ぶことで起き上がりが楽になり、毎朝の小さなストレスも軽減されます。使う人の身長に合わせて立ち上がりやすいよう高さ調節ができるベッドはとても便利です。

ベッド下に収納スペースができる

ベッド下の隙間を収納として利用することができるようになります。ある程度の高さがあれば薄型の衣装ケースを置くことができるので小物の整理にも便利です。清潔に収納するためにも、ボックスやクリアケースを用いた収納を心がけましょう。収納物に合わせて高さを調節すると、無駄なスペースがなくなります。

ロボット掃除機が活躍

ベッド下は埃が溜まりやすく、掃除の手間がかかる場所です。寝室をきれいに保つためにもこまめな掃除が必要ですよね。ベッドの高さを調節してベッド下に隙間を作ることで、ロボット掃除機による掃除が可能です。外出時にスイッチを入れるだけで使えるとあって人気のある家電で、毎回のベッド下の掃除から解放してくれます。

高さが調節できるベッドタイプ

ベッドの高さを調節できるベッドとしては脚付きベッドとロフトベッドの2つが一般的です。

脚付きベッド

主にマットレスタイプのベッドに多く、シンプルでコンパクトであるため単身赴任や一人暮らしの方に人気があります。シンプルなものであればマットレス裏に脚を回し付けるだけで組み立てが完成します。脚部分の高さを2~3段階に調節できるタイプもあり、ベッド下を収納空間として利用したり掃除が楽にできるというメリットがあります。

ロフトベッド

ベッド自体が大人の頭部分ほどの高さにあり、階段で昇り降りして利用します。ベッド本体の高さが高いため、ベッド下には大きな家具を置くことができるほどのスペースを作ることが可能です。家具や収納ボックスを利用するとすっきりと片付いた部屋になります。テレビや机を置くことで趣味、仕事利用もできて空間アレンジが自在にできると若い方に人気のタイプです。

脚付きベッドを使った部屋づくり

組み立てや移動が簡単な脚付きベッドを用いて、自分らしい部屋を作ってみましょう。

ロボット掃除機を活用したスマート寝室

脚付きベッドをお使いの方であれば、ぜひロボット掃除機を取り入れてみてください。特に共働き世帯での利用が急増しているロボット掃除機は、本体の高さが10cmほどあるものが一般的ですので、ベッドと床との距離が10cm以上となるよう高さを調節するのが良いでしょう。帰宅時にはベッド下の掃除が終わっており、手軽なスマートな生活を送ることができます。

こだわりの頑丈設計 パイン材高さ3段階調整脚付きすのこベッド

北欧産のパイン材をフレームにふんだんに使ったこのベッドは、優しい色味と香りに包まれる森林浴効果が期待できます。天然木の脚を取り外したり、脚部分をくっつけることで6cmから最大26cmまで高さを調節できるベッドです。ロボット掃除機もすいすいと通れるほどの高さになります。通気性の良いすのこを使うことで、年中清潔に寝室を使いたい方におすすめです。

高さ調節も可能 コンパクト天然木ショート丈すのこベッド

通常のシングルベッドよりも短く、180cmのミニサイズベッドです。高さを調節できる脚付きベッドですので、脚部分を付け替えることで3段階の高さに調節できます。ハイタイプにすると24cmほどの高さがベッド下に生まれ、浅型の収納ケースを置いて小物の整理にぴったりです。ワンルームでの一人暮らしや単身赴任の場合に最適なベッドです。

2段階の高さ調節で私らしいスタイルに 天然木パインすのこベッド

デッドスペースになりがちなベッド下をうまく利用できる脚付きベッドです。2段階の高さ調整により、ベッド下が大容量の収納空間へと早変わりします。ダークブラウン、ライトブラウン、ホワイトの3色があり、いずれのカラーも温かい木目をしっかりと生かしたデザインです。布団でもマットレスでもどちらでも使える万能なベッドで、ご自宅にある敷布団を無駄にすることなくベッドスタイルの生活を手に入れることができます。

ロフトベッドを使った部屋づくり

高さを調節できるベッドの有効活用という面では、ロフトベッドがおすすめです。

ベッド下収納を有効利用してすっきり収納

吊るすタイプの収納ができる点がロフトベッドの最大の魅力でもあります。特に女性はスカートやワンピースなど、ハンガーに吊るして片付けておきたい服が多いため、ベッド下にそのまま吊るすことができると便利ですよね。大型のタンスを置いても良いですし、近い将来引っ越す予定がある場合は移動に便利な衣装ケースがおすすめです。服や小物、趣味用品などもまとめてすっきり片付くので、身の回りの品が多い方はぜひロフトタイプのベッドを使ってみてくださいね。

2段階の高さ調節機能付き 宮・コンセント付き ロフトベッド

高さのあるロフトタイプだからこそ、安全性にはどこまでもこだわっています。転落防止のストッパーはもちろん、歪みが起きにくいように極太パイプを使用して軋みを軽減します。ベッド下は高さ調節ができ、ハイタイプはベッドの床下143cm、ミドルタイプでも87cmほどあります。大胆な収納も可能で、レジャー用品の収納場所にも困ることはありません。側面には小物をかけられるスチール製のネットがあり、ちょっとしたディスプレイにもなります。

盛り沢山の工夫で思い通りにレイアウト あなた好みの空間に 階段付き ロフトベッド

ロフトタイプのベッドに付き物である階段をインテリアとして活かす、新しい発想から生まれたベッドです。階段の合間に、小物を飾るディスプレイラックを設けています。本来ならデッドスペースとなってしまうような小さな空間までも無駄なく利用し、狭い部屋に収納スペースを生み出しています。高さ調節できるロフトベッドだからこそ、大容量の収納スペースを生み出してくれます。

まとめ

ベッド自体の高さを調節することで、ベッド下の有効利用や掃除が楽になるなどメリットがたくさんあります。収納空間が生まれ、部屋がすっきりと片付きます。ロフトベッドや脚付きベッドであれば、簡単に高さを調節できるため女性にもおすすめです。高さを調節できるベッドを使って、快適な部屋をぜひ作ってみてくださいね。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  2. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  5. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP