寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 337 view

ベッド周りのお掃除が何倍も楽になる!寝室づくりのコツ3つ

一日の始まりと終わりを過ごす寝室。そんな寝室は、いつでもすっきりと清潔に保ちたいですよね。

今回はベッド周りのお掃除がしやすくなる、寝室づくりのコツをご紹介します。さらに、お掃除がしやすいベッドや寝室をすっきりさせてくれるベッドもご紹介!

ぜひ、寝室づくりの参考にしてくださいね。

すっきりキレイな寝室づくりのコツは3つ!実例付きで見てみよう♪

掃除のしやすい寝室づくりのコツは3つ!掃除がしやすい寝室はすっきりときれいなので、おしゃれに見える効果もありますよ。そんなコツを取り入れたおしゃれでキレイな寝室を見てみましょう。

ベッド下を掃除しやすいベッドを選ぶ

寝室を清潔ですっきりした環境に保ちたいのなら、お掃除のしやすいベッド選びは欠かせません。

お掃除のしやすいベッドとは、ベッド下のスペースに余裕があるものです。最低でも、掃除機が入るスペースがあると良いでしょう。

こちらのベッドはベッド下に余裕があるうえに何も置いていないため、お掃除がしやすそうですね。

こちらのベッドもベッド下のスペースに余裕があります。ベッド以外のインテリアと同じように、自然素材のフレームなのでお部屋に統一感がありおしゃれですね。

掃除機ではなく、お掃除ロボットを使ってお掃除をされる方もいるでしょう。

そのような場合はベッド下に高さ約10cmのスペースがあると、お掃除ロボットが通れますよ。ベッド選びの際はお手持ちのお掃除ロボットの高さを計ってみてくださいね。

ベッド下に余裕があると、お部屋全体がすっきりとして見えますね。

こちらのベッドはベッド下だけでなく、フレーム全体に抜け感があるので。お部屋がすっきりと広く感じられます。

ベッド周りには必要最低限のものだけ

ベッドでは長い時間を過ごすので、ベッド周りにはついあれこれ置きたくなってしまうものですよね。

ですが、物を置けば置くほどお掃除の手間がかかります。本当に必要なものだけを厳選して置くようにしましょう。

こちらの寝室はベッド周りがすっきりしているため、シンプルにまとまった空間に仕上がっています。

ベッドサイドのチェアがサイドテーブルとしての役割を果たしています。

軽量でコンパクトなサイズのチェアなら、お掃除する際の手間にもなりません。

ベッド周りに最低限のものしか置かないことで、お部屋の中で使えるスペースが広がることもあります。

ベッド周りにものをあまり置かないことで、ベッドが占めるスペースが節約され、他のインテリアを楽しむスペースが生まれていますね。

ベッド周りには最低限のものだけしか置かないといっても、それが難しい場合もありますよね。

そのような場合は、小物を置ける棚や照明が付いた、多機能なヘッドボードを持つベッドを選んでみてはいかがでしょう。

ベッド周りに欲しい機能が付いたベッドなら、ベッド周辺をすっきりさせることができますよ。

ベッド下収納は取り出しやすいものに

ベッド下のスペースを収納スペースとして活用されている方も多いでしょう。

その収納スペースに物を大量に収納してしまうと、収納物が取り出しにくくなるうえにお掃除もしづらくなってしまいます。

取り出しやすいボックスを使う・スペースいっぱいに収納しないなど、ひと工夫加えることでお掃除する際の手間がぐっと省けますよ。

窓いっぱいの日差しを受けて目覚めることができそうなこちらの寝室は、ホワイトで統一されていておしゃれですね。

取り出しやすいボックスを使っているので、お掃除も簡単にできそうです。寝室の雰囲気に合ったボックスを使うことで、収納スペースもインテリアとして活躍していますね。

一見するとモダンデザインの寝室ですが、 ベッド下に置かれた自然素材のボックスがいいアクセントになっています。

ベッドリネンにボヘミアンテイストのデザインが施されているので、自然素材のボックスとよく合っています。

おすすめ商品

ここからはBED STYLEおすすめの商品をご紹介します!お掃除のしやすいベッドや、寝室をすっきりと快適な空間に仕上げる商品まで様々なタイプのベッドをご紹介しますよ。

高さ調節も可能 コンパクト天然木ショート丈すのこベッド (シングル)

北欧パイン材を全体に使用した、ぬくもり溢れるベッドです。床板部分はすのこ仕様になっているので、通気性は抜群。季節問わず、快適な寝心地ですよ。2cmの厚みがあるすのこは、耐荷重200kgの頑丈設計です。脚部は付け替えることができ、高さを3段階に調節できます。ハイタイプは床下に高さ24cmのスペース、ミドルタイプは10cmのスペースが生まれます。ロータイプは高さがないので、小さいお子さんやペットのいる方も安心して使えます。

上質な癒し空間 モダンライト・コンセント付き大型ローベッド (ダブル)

大きめサイズのベッドですが、ロータイプなのでお部屋に圧迫感を与えません。スタイリッシュなデザインなので、寝室をおしゃれな空間に演出してくれますよ。こちらのベッドの最大の特徴は多機能なヘッドボードです。優しい明りで寝室を照らすライトの他、奥行き10cmの棚が付いているので散らかりがちなベッド周りをすっきりと片付けることができますよ。ヘッドボードの左右には一口コンセントが一つずつ付いているのも便利で嬉しいポイントです。サイドテーブルの幅は12cmと幅広な設計なので、ちょっとした小物を置くことに適しています。

スペースを最大限に有効活用しませんか 天然木脚パイプベッド ミドルタイプ

天然木とスチールがミックスされたデザイン性の高いベッドです。ベッド下には広めの収納スペースがあるので、お部屋のスペース節約になります。これだけ広いスペースなら、お掃除も楽々とできそうですね。サイドガードが付いているので、お休み中の転落や布団の落下が心配な方も安心して使えます。メッシュ床なので通気性が良く、快適な環境でくつろぐことができますよ。メッシュ床なので強度について不安に思う方もいるかもしれませんが、120kgの耐荷重なので頑丈な作りです。フレームのパイプ部分をブラックとホワイトの2色から選ぶことができます。

まとめ

今回はお掃除がしやすくなる寝室づくりのコツをご紹介しました。1日のうち、長い時間を過ごす寝室がすっきりときれいな空間だと、さらに心地いい毎日を送れることでしょう。ぜひ、BED STYLEおすすめのベッドでより素敵な寝室を作ってみてくださいね!


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 北枕とは?縁起が悪いと言われる理由&期待できる効果を解説

  2. こんなお部屋ならお客さんも快適♡理想のゲストルーム実例

  3. 2022年最新♡海外のベッドルームインテリア事情

  4. 【リビング編】和と洋の良いとこどり!JAPANDIインテリア

  5. 【おしゃれな子供部屋】海外の男の子部屋インテリアを徹底解剖!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP