寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 1420 view

ショートスリーパーの方に!短い時間でも良質な睡眠がとれる方法5つ

仕事や私生活に追われると、睡眠時間の確保は大変ですよね。「睡眠は大切とわかっていても睡眠時間が確保できない」そんな方も多いのではないでしょうか。今回はそんな忙しい方必見!「短い時間でも良質な睡眠がとれる方法」をお伝えいたします。

実践してみて!良質な睡眠が取れる方法5選

リラックス効果のあるアロマを使う

アロマは香りによって様々な効果があります。

ヨーロッパではアロマを処方薬のように使っている地域もあるくらい、メジャーな「薬」。快眠効果のあるラベンダーなどをセレクトして、良質な睡眠を誘ってみてください。

枕元にアロマライトをディスプレイすれば、優しい光にも癒される空間に。

これからの季節、加湿効果もありますので、風邪予防と快眠効果のあるアロマを使い分けるのもおすすめですよ♪

間接照明で睡眠欲を刺激

柔らかい光をもたらしてくれる間接照明は、目への光の刺激をやわらげ、脳の行動を「活動」から「睡眠」へシフトしてくれます。

明るい光の下にずっと居続けると、脳はいつまでも「活動する時間だ!」となり眠気を妨害してしまいます。

枕元に柔らかい光の間接照明は、お部屋作りにも一役かってくれます。

間接照明1つとっても、様々なデザインがありますので、お部屋のテイストに合わせて選ぶ楽しみもありますよ♪

リラックス効果のあるティーを飲む

リラックス効果のあるティーは、寝る前の楽しい時間を彩ってくれるアイテム。

ノンカフェインをセレクトして、睡眠効果を得るのも良いですね♪一緒にはちみつなどの甘味を加えると、寝る前のおやつ感覚にもなりますよ♡

フレーバーティーの中には、リラックス効果のある香りをまとったものも多数あります。

ラベンダーやカモミールなどの香りは、リラックス効果や快眠効果がありますので、是非取り入れてみてください♡

横になって体を休める時間をつくる

ちょっと時間がないからソファで寝よう。と、忙しい時にはよくやりがちな寝方。

実は体は横になり、目をつぶるだけでも回復する効果があります。ソファで座りながら寝るのではなく横になった方が、回復効果があがりますよ。

全身の力を抜いて、脱力することにより筋肉も緩みますので肩こり解消にも◎。

ついついうたた寝してしまうという方は、是非横になって体を休めるということを取り入れてみてくださいね。

スマホやテレビの画面を見ない

ブルーライトの光は、目や脳への刺激が強い物です。

寝る1時間前には液晶をみないようにすると◎。
強い光は脳へ活動指示を出してしまうので、眠れないからと言って液晶を見続けると余計に寝れなくなってしまう時も。 TVに布をかけるなどして、あえて「見えない」工夫をするのも良いですね。

夜、ナイトモードにして液晶の画面を暗くするなどの対策を取るのも良いですよ。

ついつい時間を忘れがちな夜、液晶がナイトモードになったら「そろそろ寝よう」と思うきっかけにもつながります。

おすすめ商品

ここからは、快眠をサポートしてくれるおすすめのアイテムをご紹介いたします♪ショートスリーパーの方でも、質の良い睡眠に繋げてくれる効果を兼ねそろえたアイテムを揃えましたので、是非ご覧ください。

圧縮ロールパッケージ仕様のボンネルコイルマットレス

布団圧縮袋のようにくるくる丸まった状態でお届けできる、ボンネルコイルマットレスです。お部屋の入口が狭かったり、エレベーターが狭くても安心してご購入いただけます。ビニールから出した24時間後には約97%まで回復しますので、特別な道具は不要ですよ。体を「面」でしっかりと支えてくれるボンネルコイルマットレスなので、硬めがお好きな方に特におすすめの快眠アイテムです。

ラグジュアリーに眠る LEDライト・コンセント付き収納ベッド

シックでシンプルなデザインの多機能なベッド。シンプルながらヘッドボードにはくりぬきデザインの棚を完備。ちょっと個性を演出できます。LED照明がついているので、夜のリラックス効果も◎。コンセント機能がついているので、アロマディフューザーを置くこともできますよ♪カラーはホワイトとブラックの2色をご用意いたしましたので、お部屋のテイストに合わせてセレクトしていただけます。

憧れの高級感 棚・コンセント付きツインすのこベッド (別売り専用ナイトテーブル)

木目調がお部屋に馴染みやすい、上品デザインのナイトテーブル。コンパクトな造りになっているので、お部屋のちょっとした隙間に置いていただけます。コンセント機能がついているので、アロマディフューザーを置いたりお好きな照明をディスプレイしていただけますよ。収納機能もついているのでスッキリした寝室を保つことも可能。雑誌を読みながら、ティータイムを寝室で過ごすのも素敵ですね。

まとめ

今回は、ショートスリーパーの方でも快眠に繋げてくれる5つの方法をご紹介いたしました。様々な効果がありつつも取り入れやすい方法ばかりだったと思います。睡眠前の時間を楽しく過ごせそうな方法を取り入れて、ストレスなく睡眠前のルーティンに加えてみてください♪

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. ベッドの足元に「フットベンチ」を♪海外発のおしゃれな実例10選

  2. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  3. 寝る時にブラジャー着ける?着けない?【美乳を目指す女子必見】

  4. ベッドを狭い部屋に置きたい!おすすめのフレームタイプ&配置は?

  5. 【ゲーム部屋レイアウト】6畳でもマネできる!おしゃれな実例10選

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP