寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 376 view

狭い寝室やワンルームに!省スペースになるおすすめベッド4選

ベッドやソファなどの大きな家具を置く際、「圧迫感がないか?」「導線は確保できるか?」といった心配事が頭をよぎりますよね!特に狭めのお部屋やワンルームは配置が難しく、思ったより窮屈に感じてしまうことも。

そこで今回は、省スペースになるおすすめのベッド4選をご紹介していきます!実際にベッドを置いた実例つきでご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね♪

狭くても大丈夫♪省スペースになるベッドを置いたお部屋実例

早速お部屋の実例をご紹介していきます。是非頭の中で自分のお部屋をイメージしながら見てみましょう!

収納ベッド

おすすめ1つ目は、収納ベッドです。狭い寝室やワンルームには収納が不足しがち!デッドスペースであるベッド下を利用することで、お部屋がスッキリ片付きます。

このように、フレームと引き出しがセットになっているものであれば見た目も統一感が取れてお洒落に仕上がります♪

取手付きの深型タイプの引き出しは、使いやすさが抜群です。衣類やリネンなどを収納することができ、狭い寝室にピッタリ♪

こちらは、木とホワイトを組み合わせたナチュラルな雰囲気のお部屋です。物が片付いているのでスッキリしており、清潔感がありますね!

お洒落なお部屋をつくるためには、”生活感”を省きたいもの。

こちらは、モノトーンでスッキリとした印象の収納ベッドを使用しています。収納ベッド特有の重厚感が無く、インテリア性が高くてお洒落ですよね♪一人暮らし用のワンルームも、収納ベッドを使えばこんなにお洒落に仕上がりますよ!

ロフトベッド

おすすめ2つ目は、ロフトベッドです。下のスペースを自由に使えるロフトベッドは、まさに狭い寝室やワンルームにピッタリ!

このように、置くことを諦めがちなボリュームのあるソファを置いたりすることもできます♪前にテレビを置けば極上のリラックス空間に。

リモートワークが多くなった最近では、お部屋にデスクを置きたいという方も増えてきています。ロフトベッドを使えば、ベッド下はまるまるデスクスペースに♪

このように、ブラックをベースに植物を合わせれば、シックで少しワイルドな空間に仕上がりますよ!

デイベッド

おすすめ3つ目は、デイベッドです。デイベッドとは、片方にサイドフレームがついており日中はソファのように使用することができるアイテムです。

曲線が多いアンティーク調のデイベッドは、女の子らしいお部屋にピッタリ♡ホワイトのデイベッドをメインに、グレーとピンクを合わせ、大人可愛い雰囲気を演出しています。

こんなお洒落なお部屋はいかがでしょうか?

クッションをふんだんに取り入れれば、このようにお洒落なソファに早変わり!日中はテレビを観たり読書を楽しんだりして、夜はそのままベッドとしても使用できます。別々に揃える必要がないので、狭いお部屋でも安心ですね♪

2段・3段ベッド(子供部屋)

おすすめ4つ目は、2段・3段ベッドです。子供部屋は他に比べて狭い場合が多く、さらにおもちゃなどの小物が多いので散らかりがち。2段ベッドを使えば、別で収納家具を置くことができお部屋がスッキリします♪

このように、ホワイトとピンクで統一すれば女の子は喜ぶこと間違いなし♡柄やぬいぐるみを取り入れて、子供らしさも忘れずに♪

こちらは、ナチュラルな木製タイプの2段ベッドを取り入れた子供部屋です。

木製タイプはとても頑丈なので、揺れやきしみが気になりません。このように、ベージュやホワイトを合わせれば、お洒落なカフェ風の子供部屋をつくることができますよ♪

最近では、2段ではなく3段タイプのベッドもあります♪このように、下段はスライド式になっており幅をとりません。ベッドにしない場合は、収納スペースとしても使用できます。

木とモノトーンで統一しており、子供が成長してからでも違和感無く使えるとってもお洒落な空間に♪

おすすめ商品

それでは、数ある商品の中から、狭い寝室やワンルームにピッタリなベッドをご紹介していきます♪

デッドスペースを活用できて高品質 棚付引出し収納ベッド ホワイト

こちらは、ベッド下に2杯の引き出し収納がついたすのこベッドです。モダンで真っ白なフレームデザインがお洒落で、どんなカラーや柄とも相性抜群!お好みのリネンを合わせてコーディネートしてみてください♪引き出しは勿論、反対側のスペースにはラグやスーツケースなどの長物を収納することも可能です。ヘッドボードには2口のコンセントがついているので、スマホの充電やライトを置くのにも便利です。機能性とデザイン性のどちらも優れたベッドとなっております。

ベッドの長さが調節可能 お部屋に合わせたピッタリロフトベッド

こちらは、ベッドの”長さ”が調整できる珍しいタイプのロフトベッドです。長さは10cm単位で7段階の調整ができ、最短で150cm、最長で210cmになります。自分の体型やお部屋の間取りに合わせて調整できるので、とっても便利ですよね♪ベッド下は勿論フリースペースになりますので、ソファを置いたりデスクを置いたりと自由にコーディネートすることが可能です。サイドにスチールネッドがついているので、小物をひっかけて収納することもできますよ♪

大人可愛い 2style×2wayデイベッド

こちらは、丸みのあるアンティーク調のフレームが可愛いデイベッドです。日中はフレームに寄りかかってソファとして、夜はベッドとして使用できます♪ベッド下は収納スペースに、さらに脚の高さを2段階で調整できますので、収納したい物に合わせて自由にレイアウトしていただけます。省スペースにピッタリなことは勿論、見た目も女性らしくてとってもお洒落!お好きなカラーでお部屋をコーディネートしてみてください♪

4.5畳でも置ける コンパクト天然木ショート丈2段ベッド

こちらは、あたたかみのある天然木を使用した2段ベッドです。狭い子供部屋にもピッタリなショート丈になっているので、幅を取りません♪下段は高さ調整ができるので、まだお子様が小さく落下が心配なときでも安心です。耐荷重はなんと300kg!揺れやきしみが気になることもありません!分割して2台のベッドとしても使用できますので、お子様の成長を見据えて長い間使うことが可能です♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事では、省スペースになるおすすめのベッド4選を実例つきでご紹介してきました。どのお部屋も、圧迫感が無くとってもお洒落でしたよね♪

引き続きリモートワークやお家時間が増える中、居心地の良い環境をつくることは大切です。是非今回ご紹介したベッドを取り入れて、自分だけの快適空間をつくってみてくださいね!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【来客用布団セットの選び方】コンパクトで人気のおすすめ14商品

  2. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  3. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP