寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 312 view

ワンルームでも大丈夫!狭いお部屋におすすめのベッドタイプ4選

ワンルームや1Kにお住みの場合、”窮屈さ”で悩まれている方は多いと思います。ベッドやソファ、テーブルを置くとどうしても圧迫感が出て、お部屋が狭く暗く見えてしまいますよね。

そこでこの記事では、狭いお部屋にも置けるベッド4選をご紹介いたします!実際の実例つきでご紹介しますので、是非最後まで見ていってくださいね♪

ワンルーム向け♪狭いお部屋にもおけるベッド4選

それでは、早速実例を見ていきましょう。是非自分のお部屋を想像しながら見ていってくださいね♪

脚が細めのベッド

おすすめ1つ目は、脚が細いタイプのベッドです。脚が細いことで余白が多くなり、視覚的にお部屋がスッキリとして見えます♪

こちらは、全体をモノトーンでまとめたお部屋です。細めの脚にすることで床部分がスッキリして見えますよね!シュッとした印象になるので、男性らしいかっこいいお部屋にもおすすめです。

ヘッドレスベッド

おすすめ2つ目は、ヘッドレスベッドです。ベッド特有のヘッドボードは、便利ですがどうしても圧迫感が出やすくなります。

このように、ヘッドレスタイプであれば窓にかぶらず圧迫感が出にくくなります。ヘッドボードがない分、ピローやカバーで可愛くコーディネートしてみるのもありですね♪

ヘッドレス×ホワイトでホテルライクなお部屋に♪

圧迫感のないベッド、そして清潔感のあるホワイトのリネンの組み合わせはお部屋が広く見えます!シンプルなぶん、アートやライトでアクセントを入れるとお洒落に仕上がります♪

ロー(フロア)ベッド

おすすめ3つ目は、ロー(フロア)ベッドです。高さを抑えることで圧迫感を減らし、お部屋を開放的に見せてくれる効果があります!

ローベッドを活用してベッドの存在感を軽減し、壁はファブリックポスターとフェアリーライトで可愛く装飾♪ほっこりと暖まるような空間に仕上がっています。

ナチュラルなイメージがお好きな方には、ローベッドも木製タイプがおすすめです!

木×ホワイト×植物の組み合わせで、お洒落なカフェ風のお部屋に♪ピローの柄でアクセントをプラスし、シンプルながらもこだわりのある空間を演出しています。

広さやスッキリさを追求したいなら、ホワイトのワントーンコーデがおすすめです。

ヘッドレス&ロータイプのベッド、そしてホワイトのリネンはお部屋を最大限に開放的に見せてくれます。清潔感があり、こんなお部屋ならお掃除も捗りそうですね!

とことん低さにこだわりたい場合は、マットのような見た目のすのこベッドがおすすめです♪

薄い板のような見た目で、その上にマットレスを置くだけというシンプルな構造。ダークカラーでまとめたお部屋も、こんなにスッキリとして見えますよ♪通気性が良いので、衛生面も安心です。

ロフトベッド

おすすめ4つ目は、ロフトベッドです。ロフトベッドは、なんと言ってもベッド下のスペースを自由に使えるのが魅力的ですよね♪

ベッド下にスペースがあれば、このようにデスクやミラーを置くことができます。リモートワークにもピッタリですので、是非参考にしてみてください!

木製のロフトベッドに、ホワイトのイームズチェアを合わせてお洒落にコーディネート♪

収納ケースやバスケットを置くこともできるので、お部屋をスッキリ片付けることができます。空間の”上”を利用できるロフトベッドで、自分好みのお部屋を作ってみましょう!

ワンルームのような狭いお部屋でも、ベッドとソファを両方置きたい・・・。ロフトベッドであればそれが叶います♪

ベッドとあえて垂直にソファを置き、ソファの前には大容量のチェストを並べ収納力も◎。これならチェストの上にテレビを置いたりもできそうですし、寝るスペースとくつろぐスペースをしっかりと分けられそうですね!

おすすめ商品

それでは、数ある商品の中からワンルームにも置けるおすすめのベッドをご紹介していきます♪

デザインと安全性の両立 棚・コンセント付き パイプ収納ベッド

こちらは、スタイリッシュなスチール脚が印象的なパイプベッドです。無駄のないシンプルなデザインで、インダストリアルなお部屋にピッタリ!カラーはブラックとホワイトの2種類をご用意しております。ヘッドボードも圧迫感が出ないようスリムなデザインになっており、コンセントが2口ついているので使い勝手は抜群です。ベッド下は収納スペースとしてもご利用いただけますよ♪

継脚で高さを変えられる ヘッドレス頑丈すのこベッド

こちらは、ロー・ミドル・ハイと3段階の高さ調整が可能なすのこベッドです。ヘッドレスタイプになるので圧迫感が無く、狭いお部屋もスッキリと見せてくれます!脚をつければベッド下は収納スペースとして使用できますし、収納に困っていなければ脚を外してロースタイルも楽しめます♪すのこは通気性が良く頑丈なので、子供部屋にもおすすめですよ!

布団感覚で使えるスーパーロー設計 棚・コンセント付フロアベッド

こちらのローベッドは、フレームの厚さがなんと6cm!低さにとことんこだわった設計になっており、ヘッドボードもスマートなフラットタイプになっております。コンセント付きですので、使い勝手を損ねることもありません。カラーはウォルナットブラウン・ブラック・ナチュラルの3種類ご用意しております。布団感覚で使用できますので、布団派という方にもおすすめですよ♪

ベッドの長さが調節可能 お部屋に合わせたピッタリロフトベッド

ベッド下のスペースを自由に使えるロフトベッドは、まさにワンルームにピッタリ!こちらのベッドは、さらにベッドの”長さ”を調整することができます。10cm単位で7段階の調整をすることができるので、自分の体格やお部屋の間取りに合わせて自由にレイアウトできます♪いちいちベッドを買い換える必要がないので、とっても便利ですよね!ベッド下にはスチールネットがついており、小物をかけておくのにもちょうどいいですよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事では、狭いお部屋にも置けるベッド4選を実例つきでご紹介してきました。

どのお部屋も、圧迫感がなくとってもお洒落でしたよね♪ベッドは大きな家具ですので、ワンルームのような狭いお部屋はベッド選びが重要です。是非今回の内容を参考にして、自分にピッタリなベッドを選んでみてください!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  2. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  5. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP