寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 5712 view

【寝室の収納事情】寝室収納に向くものは?実例とともにご紹介!

みなさんは寝室の収納スペースに、どのようなものを収納していますか?今回は寝室収納についてのおはなしと、インスタグラマーさんが寝室に収納しているものを実例でご紹介します。寝具から雑貨まで、みなさん収納しているアイテムはさまざま。おしゃれに収納する方法にも、ぜひご注目ください♡

寝室収納のキホン

あなたの寝室にはどんな収納スペースがありますか?実例の前にまずは寝室収納のキホンから。キッチンに調理道具やお皿を収納するように、リビングで使うものはリビング、寝る前や寝る時に使うものは寝室と、用途や使うタイミングを考えておくのが重要。寝室の収納スペースを確認して、収納計画を立てましょう。

ベッド下収納

寝室で一番大きな家具といえばもちろんベッドですね。その床下が全面使えるわけですから、ベッド下のスペースを有効活用すると寝室の収納力はぐんとアップします。ただし、眠る時に人はコップ1杯の汗をかくと言われています。こまめな換気・お掃除ができるよう、キャスター付きの収納ケースなどを使うと便利です。

ベッド収納に向いているもの

湿気に強いもの、軽くて小さいもの、ホコリがつきにくいもの

パイン材 高さ調節・布団対応 天然木すのこベッド

ベッド床下の通気を確保しながら、寝室の収納力をアップさせる天然木のすのこベッド。高さ調節可能なので、収納ケースに合わせてベッド下をすっきりとまとめることができます。フレンチカントリーやホワイトインテリアにぴったりのホワイトウォッシュ、ナチュラルビンテージや北欧テイストに最適なライトブラウンの2色からお選びいただけます。

押し入れ・クローゼット

寝室に押し入れやクローゼットがある場合、どこで着替えをするかで収納するものが変わります。たとえばリビングにファミリークローゼットがあるのなら、寝室で着替えることはありません。そのため寝室にはオフシーズンの衣類や寝具などを収納することになります。また、寝室で着替える場合でも、クローゼットや押し入れの中でも手の届きやすい場所に使用頻度の高いもの、手の届きにくい高さの場所には使用頻度の低いものという風に仕分けして収納すると使いやすさがアップします。

押し入れ・クローゼット収納に向いているもの

寝室で使うもの、リビングなど他の部屋で使わないもの、衣類や布団などの寝具類

省スペースで大容量収納 ミラー付ルーバー折れ戸式ワードローブ

省スペースで大容量の収納を実現するワードローブ。目線の高さには使用頻度の高いものを、高さ160cmの収納スペースにはロングワンピースやコートなど、のように収納するものを分類しやすい仕切り付きでとっても便利。限られたスペースにも置ける折れ戸タイプで、扉はカビやダニの発生を防ぐ通気性の良いルーバー仕様。全身ミラーが付いているのもうれしいポイントです。

見せる収納

寝室の雰囲気づくりにもひと役買ってくれる「見せる収納」。お休み前のくつろぎタイムに使うアロマデフューザーや、かわいいデザインのアイマスクなど、デザイン性とデコレーション要素の高いものは、インテリアアイテムにも使えます。ただし、見せる収納で置いたものにカビやホコリがつき、寝ている間にそれを吸い込んでしまっては、お部屋の見た目はもちろん、健康まで害してしまいます。見せる収納は「掃除しやすく清潔な場所に」がキホンです。

見せる収納に向いているもの

生活感がなく、デザイン性・デコレーション要素の高いもの、ホコリやカビのつきにくいもの

抜群にオシャレな見せる収納 ディスプレイラック 幅120cm

すべての扉がフラップ扉、しかも6つがそれぞれ独立しているので、見せる収納と見せない収納を、扉ひとつで使い分けできるディスプレイラック。フラップ扉やラックになっているので、お気に入りの雑誌や絵画、デザイン性やデコレーション要素の高いものをディスプレイできます。そのまま扉を開けられるのもうれしいポイントです。

寝室の収納スペースに収納しているもの実例♪

それでは実際に寝室に収納しているアイテムについて、インスタグラムの実例を見ていきましょう。アイテム別にご紹介しますので、寝室の収納に困っている方もぜひ参考にしてみてください!

ブランケット・シーツ・枕などの寝具

まずは寝室に寝具を収納した実例です。ベッド周りで使うものは、やはり寝室に収納しておくと便利ですよね。

こちらのベッドは、何と枕を5つも横に並べられるほどの広さがあります。カバーをベージュ系でそろえ、ナチュラルにコーディネートしました。

足元にはバスケットを置いています。こちらのように予備の寝具などざっくり収納にすると、とてもおしゃれですね♪

こちらのベッドは跳ね上げ式。床板がタテに大きくガバっと開くので、ベッド下を丸ごと収納スペースにできますよ。大容量なので、寝具をあれこれ収納して、寝室をすっきり見せられますね。

奥のベッド1台分がほぼ空いているので、まだまだ収納に余裕があります♪

ホワイト×ベージュのボーダー柄がさわやかなベッドです。編み目の大きなバスケットを、ベッドサイドに置きました。中には枕などの寝具を収納しています。

バスケットのナチュラルな雰囲気が、インテリアにぴったりですね。

寝る前に読書をする習慣があるなら、寝室に本を収納できると便利ですよね。

こちらはベッド下がまるで本棚のようになっています。ベッドにいながらほしい本をサッと取り出せそうですね。壁側は1段高くなっています。収納力がアップし、サイドテーブル代わりにも。

淡いピンクのクロスにアートを描いたような、インテリア性の高い寝室の実例です。

ヘッドボードがそのままオープン収納になった寝室です。本や小物を見せる収納にしています。

ベッド下にも引き出しが3杯。たっぷり収納できそうですね。インテリアをすっきりシンプルにまとめつつ、アートや雑貨でおしゃれにコーディネートしています。

パキっとあざやかなブルーのシェルフが目を引くこちら。ほかのインテリアはベーシックにまとめ、シェルフがアクセントになっています。

中には本を置き、鉢植え植物などをかざりました。程よく空間を空け、おしゃれな見せる収納になっています。

こちらの本棚は、天井まである大容量!本を1冊ずつ表紙を見せて、アートのようにかざっています。

寝室全体が、まるでブックカフェのようですね♪本1冊ごとに表紙のデザインも楽しめます。インスタグラマーさんの本を愛する気持ちがうかがえる実例です。

靴やカバン

天井まであるラックに、靴を収納している実例です。上の段にはアクセサリーを置きました。

ハイヒールやサンダルが、まるでインテリアのようですね。壁にたくさんかざられたアートとともに、おしゃれに寝室を彩っています。

こちらはすっきりシンプルにまとめた寝室です。くすみカラーのアイテムで統一し、ニュアンスを加えています。

ベッド下には引き出しがあり、スニーカーなどの靴を収納しました。スニーカーの色味もインテリアにマッチ。引き出しを開けた様子も、様になりますね。

壁一面が収納になっているこちら。開き戸の右が、オープンラックになっています。中には靴やバッグを収納しています。まるでショップのディスプレイのようですね♡

となりはパウダースペースに。ふわふわのスツールが素敵ですね。楽しく身支度できそうです。

窓からの光が明るいこちら。朝もさわやかに目覚められそうですね♪

シンプルにまとめたベッド下は、オープン収納に。靴を並べて置いています。靴のカラーはブラウン系などベーシックにそろえているので、ベッドフレームになじんでいます。

装飾アイテム

最後は寝室の収納スペースにインテリアアイテムをかざった実例です。

こちらはくすみブルーのクロスが素敵ですね。ブラックのシェルフに、ナチュラル素材の収納ボックスをお置いています。

上にはグリーンやドライの植物、アートなどをかざりました。グレーのリネンでベッド周りをシンプルにまとめ、インテリアを引き立てています。

こちらの寝室は、ホワイトを基調として、清潔感があります。右にチラッと見えるピンクのクロスが、かわいらしいですね♡

ドアの横には背の高いシェルフを配置。オープンスペースに、小物やアート、本などを見せる収納にしました。空間づかいも参考になる実例です。

モノトーンで寝室をハイセンスにコーディネートした実例です。ベッドの両サイドに、ホワイトのチェストを置きました。上にはコットンフラワーなどをかざっています。優しい風合いで、気持ちを和らげてくれそうですね。

ベッド周りには、グラフチェック柄や素材感のあるものなどをチョイス。アートはフレームのデザインを細いブラックでそろえ、1つの大きなアートのようです。

衣類

寝室に収納するもので、かさばりやすいのが衣類でしょう。衣類をスマートに収納できると、さらにすっきりとした寝室にコーディネートできそうです。

こちらは寝室のクローゼットに、衣類をかける収納にしている実例です。下の空いたスペースには、靴を並べています。

クローゼットの扉は鏡になっているので、空間に広がりを感じられそうです。

淡いピンクのリネンで、フェミニンな雰囲気のあるこちら。奥にはスチールラックを置いています。細くシンプルなフォルムで、インテリアに取り入れやすそうですね。

洋服をかけるハンガーを統一してあり、さらにすっきりとした印象にしています。スツールに置いたブルーのボックスにも、衣類などを収納。インテリアのアクセントになりそうなボックスです。

ベッド下にある引き出しも、もちろん衣類収納にぴったり!こちらは衣類を立てて収納しています。この方法なら、引き出しを開けたときに、上からでもどの洋服か、すぐにわかりますね。ほかの衣類に埋もれてしまう事態も防げそうです。

跳ね上げ式のベッド下全体に、衣類や寝具の収納にした実例です。半透明のボックスも使って、衣類を分類しています。

大容量の収納でも、衣類などをしっかり仕分けて収納すれば、楽に出し入れできそうですね。

寝室収納に便利なアイテムおすすめ

寝室に寝具や衣類などを寝室に収納しておけるアイテムを、BED STYLEでも多数ご用意しています。引き出し式や跳ね上げタイプなど、さまざまありますので、ぜひチェックしてみてください!

特別なひと時を演出 ホテル品質 スリム棚・コンセント付チェストベッド 

こちらは世界のホテルにも納入実績のある家具メーカーが製造したベッドです。直線的なデザインがスタイリッシュ!ベッド下は大小5杯の引き出し付きで、スライドレールで楽に開閉できます。反対側には長物収納があり、季節外の寝具やラグなどを保管可能。ヘッドボードには2口コンセントも付いているので、アロマディフューザーなどインテリア小物をかざっておけますよ。

布団が干せて快適 国産頑丈すのこ跳ね上げ式大容量収納ベッド 

跳ね上げ式ベッドはベッド下部分を丸ごと収納にできる便利なアイテムです。BED STYLEでもご用意しています。こちらは収納量や使い勝手に合わせて、ベッドの高さを3段階からお選びいただけます。最大でクローゼット1つ分、約800Lもの収納量!ガス跳ね上げ式なので、女性でも楽に持ち上げられますよ。床板はすのこ仕様で、布団やマットレスごと持ち上げればそのまま部屋干しも可能。耐荷重は何と600kg!安心の耐久性です。

ベッドにもなる シェルフ棚・引出収納付フローリング調デザイン小上がり

こちらは小上がりとして、ベッドとしてリビングでも寝室でもお使いいただけるアイテムです。フローリング調で木目が美しく、インテリアにスッとなじむデザインです。高さは約23cmと、上り下りしやすくちょっと腰かけやすいサイズ。奥行きのある引き出しが4杯付いているので、床下はたっぷりの収納として活用できますよ。オープンスペースもあるので、装飾アイテムをかざったり、本や靴などを見せる収納にしたりできます。

まとめ

寝具や本、衣類など、寝室に収納するアイテムは意外と多いもの。インスタグラムの実例では、これらのアイテムをおしゃれに収納していましたね♡寝室をすっきりまとめられれば、夜もぐっすり快適に眠れそうです。ぜひ参考にしてみてください。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  3. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【8畳レイアウト】ワンルーム一人暮らしにおすすめのお部屋実例

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP