寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 274 view

よりプライベートな空間に♪今よりも安眠できるワンルームの作り方

「ワンルームはなんだか落ち着かなくて、ぐっすり眠れない…」と悩んでいませんか?そんな時は、リラックスゾーンとおやすみゾーンを分けてプライベート空間を確保すると、より安眠できるお部屋になります。今回はワンルームにプライベート空間を確保し、安眠できるコーディネート方法をご紹介します!

プライベート空間を作って安眠できるワンルームの作り方実例♪

インスタグラマーさんたちは、どのようにワンルームにプライベート空間を作っているのでしょうか?今回は実例から4つの方法をご紹介します。

シェルフやソファーでゾーニング

まずはシェルフやソファーでワンルームの空間を仕切る方法です。

こちらはシェルフを使って、ベッドスペースを区切っています。シェルフはそれほど背が高くないので、圧迫感を感じませんね。

おやすみゾーンとリラックスゾーンをしっかり分けて、プライべート空間を確保しています。

こちらのように、背の高いシェルフを間仕切りにすると、ワンルームでもしっかりと空間を分けられるので、よりプライベート感がアップします。

ワンルーム全体をホワイトでまとめて、さわやかですね♪クローゼットはたっぷりと収納力があるので、身の回りの物をすべてまとめられそうです。

大きめのソファーもゾーニングに便利! こちらようにベッドに背を向けてソファーを配置すると、さらに効果的。ソファーに腰かけたときにおやすみゾーンが視界入りにくいので、プライベート感をアップさせられます。

ダークグレーのソファーは、ゆったりとして座り心地がよさそうです♪モノトーンでまとめたインテリアもおしゃれ!

天井に天蓋を取り付ける

天蓋を取り付けたベッドは、まるでプリンセスの寝室のよう♡女の子あこがれのコーディネートです。

こちらはピンクでまとめたお部屋です。なんてかわいらしい♡白いレースの天蓋を取り付けて、プライベート感を出しました。ユニコーンやニット調の寝具など、ほっこりした気分になれます♪

ホワイト×ブルーでまとめたこちら。天井にレースの天蓋を取り付けています。繊細な加工のベッドフレームとの相性もぴったりですね。

天然素材のランプシェードやバスケット、ニット調のカバーなど、ナチュラル感も加えています。安眠効果をアップできるコーディネートです。

ロフトベッドを置く

ロフトベッドはおやすみゾーンを高い位置に配置できるので、床面のゾーンと仕切ってプライベート空間を確保できます。

こちらはロフトベッドは、木製×スチールの組み合わせが、かっこいいですね!フローリングも木目が美しく、自然を感じられます。ぐっすり眠れそうですね。

ベッド下にはデスク&チェアを置きました。ベッド下の空いたスペースを有効活用できるのが、ロフトベッドのメリットです。

マットなブラックでまとめたこちら。直線的なフォルムが男前なロフトベッドです。ロフトベッドは高さが低めで、圧迫感もありません。ベッド下にはナチュラルなボックスを並べて、収納スペースに。

床はラグやクッションなど淡いトーンにし、メリハリをつけています。

天井近くまであるロフトベッドの下に、ソファーを置いた実例です。背の高いロフトベッドは、おやすみゾーンとリラックスゾーンをしっかりと区切れるので、よりプライベート感がありそうです。

ロフトベッドの高さがあるので、上を気にせずソファーにゆったり座ってくつろげますね♪

天然のパイン材を使用したロフトベッドです。ハイタイプなので、ベッド下にソファーを置いたり、ワーキングスペースにしたりできますよ。

パーテーションを取り入れる

ワンルームを仕切るなら、パーテンションもおすすめ。中には気軽に移動させられるものもあるので、手軽にゾーニングできて、安眠効果もアップします。

こちらは広々とした開放的なお部屋です。手前にゆったりとしたベッドを置いています。ベッドサイドにホワイトのパーテーションを配置。程よくプライベート感が出て、リラックスできそうです♪

こちらは天井まであるクリアなタイプのパーテーションです。ブラックのフレームがおしゃれですね♪

さらにレースのカーテンも取り付けることで、視界をほどよくさえぎって、プライベート感を確保しています。ヘリンボーンの床や、淡いモノトーンにまとめたベッドスペースなど、ハイセンスな空間づくりの参考になります。

パーテーションでスタイリッシュにワンルームをゾーニングしたら、デザイン性のあるアイテムでさらに彩りましょう。こちらはマットな質感がおしゃれなサイドテーブルです。ベッドサイドやソファーの隣に置けば、ワンランク上の空間に♪

安眠できるワンルームにぴったりのアイテム

プライベート空間を確保したワンルームに合わせたい、アイテムをピックアップしてみました。どれもおしゃれで、安眠できるワンルームづくりにぴったりですよ!

卓越された曲線美 モダンデザイン高級レザーデザイナーズベッド

曲線的なラインとレザーの質感が特徴のベッドです。高級感があり、ワンルームをホテルライクにコーディネートできます。独特なフォルムは、スポーツカーをイメージしたもの。 理想の角度と高低差を追求し続けた結果です。サイドフレームにはウレタンを内蔵し、柔らかくもたれかかりやすく設計しました。レザーは特に肌触りがよく、耐久性のあるものを使用しています。床板にはウッドスプリングを採用。マットレスの寝心地をさらにアップさせていますので、安眠効果も抜群です。

空間を便利に使える 高さが選べる天然木ロフトベッド

BED STYLEでは高さを選べるロフトベッドをご用意。こちらは高さ186cmと一番高いハイタイプです。よりプライベート感を感じられますね。フレームや床板のすのこに、天然のパイン材を使用しました。自然ならではの風合いが楽しめますよ。有害な化学物質の含有量も少ないので、子ども部屋にもおすすめです。ベッド下は広々空間♪デスク&チェアを置いたり、ソファーを置いてリラックスゾーンにしたりして、ご活用ください。

お部屋のインテリアになる サイドテーブル 幅45cm (ブラック)

スタイリッシュにワンルームをまとめたら、こちらのサイドテーブルはいかがでしょう?ソリッドに仕上げた質感が美しい商品です。こちらはブラックタイプ。シンプルながらデザイン性が高く、アイアンのようなマットブラックで洗練された印象に。3本×3列の脚で、さらにスタイリッシュ感をアップしてくれます。ほかに異素材ミックスが男前なミディアムブラウンカラーもご用意しています。

まとめ

ワンルームでも、リラックスゾーンとおやすみゾーンを区切れば、プライベート空間を確保できることが分かりました! 家具でゾーニングしたり、ロフトベッドにしたり、さまざまなアイテムでゾーンニングできます。今回の記事を参考に、安眠できるワンルームづくりにぜひチャレンジしてみてください♪


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【来客用布団セットの選び方】コンパクトで人気のおすすめ14商品

  2. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  3. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP