寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 556 view

【狭いお部屋の賢い空間使い】趣味を楽しむロフトベッドの使い方

限られたスペースでリラックスタイムも趣味を楽しむ時間も過ごしたい!そんな方にぴったりなのがロフトベッドです。今回はそんな便利なロフトベッドの賢い使い方をご紹介します。ぜひお部屋作りの参考にしてくださいね!

ベッド下スペースの使い方は無限大!おすすめの使い方4選

ロフトベッドの最大の魅力はベッド下のスペースです。この魅力的なスペースの使い方は人それぞれ!中でもロフトベッドの可能性をより引き出すおすすめの使い方を4つご紹介します!

ベッド下にベッドをもう一台!

ロフトベッドの下にもう1台ベッドを置けば、省スペースに2台のベッドを置くことができます。

2段ベッドとは違い、ベッドの奥向きを自由に変えられますし、来客時のみベッドを設置するなどフレキシブルな使い方ができますね。

こちらの寝室では、ロフトベッドの下に存在感のあるベッドが置かれています。サイズ感が大きく見えますが、カーテンや天井、インテリアがホワイトを基調としているため圧迫感がありません。

ロフトベッドの下で自由な向きでベッドを置けるからこそ、窓が活かされています。下のベッドで寝る人のスペースが十分に確保されているため、お部屋が広く感じられます。

上と下のベッド、それぞれ小物を揃えているので統一感がありますね。

ロフト下のベッドをローベッドにすることで、開放感が生まれています。

また、下で寝る人が起き上がる際にも十分な高さが確保されているので、より快適な就寝スペースとなっています。

ベッド下にソファーを置く

読書やうたた寝をしたりとリラックスタイムに欠かせないのがソファーです。ベッドとはまた違ったくつろぎ方ができますよね。ロフトベッドならベッド下のスペースがリラックスポイントとしても大活躍しますよ。

こちらのロフトベッドはベッド下にコンパクトなソファーが2台置かれています。お部屋のインテリアに合わせたクッションがいくつか置いてあるため、馴染みよくなっています。

ベッドフレームやはしごと同じ素材である木のフレームを使用したソファーが設置してあります。このように、ベッドと同じ素材を使用したソファーなら、ベッドとの統一感が生まれてシンプルな印象のお部屋に仕上がりますよ。

ベッド下のスペースに対してコンパクトなソファーのため、お部屋の中にもうひと部屋あるような印象を演出しています。

ベッド下にデスクを置く

コンパクトな空間の方が勉強や仕事に集中できる方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、ロフトベッドの下にデスクを置く活用法です。

こちらはシンプルですっきりとしたベッド下スペースに、デスクとグリーンが置いてあります。ちょっとした書斎のような雰囲気ですね。

限られたスペースでは、大きくて広々としたデスクを置くことは難しいものです。

ですが、ロフトベッドの下すべてをデスクスペースにすることで、 大きくて広々としたデスクを置くことが可能になります。

収納家具

寝室にはベッドのほか、デスクや本棚など大きな家具が集まりがちです。大きな家具ばかりが集まるとお部屋に圧迫感が生まれてしまいます。

そんな場合はロフトベッドの下に収納家具を設置し、収納スペースとして活用することがおすすめです。

こちらのお部屋はベッド下に本棚が設置してありますね。本棚の下にはラグが敷いてあるので、ちょっとした読書スペースとしても活躍しています。

ロフトベッドの下に収納家具と趣味の小物、アート作品とソファーを置くことでお部屋を目いっぱい活用しています。

お部屋の床に合わせてベッドとテレビボードと本棚は落ち着いたブラウンでまとめられています。そのため、上品でシックな印象のお部屋に仕上がっていますね。

ものがどんどん増える子供部屋も、ロフトベッドならすっきりと片付きます。

ロフトベッドの下に収納棚を付けることにより、窓から入る光を遮ることなく活用できていますね。

おすすめ商品

ここからはBED STYLEおすすめのロフトベッドをご紹介します。あなたにぴったりのロフトベッドを見つけて、ベッド下の自由なスペースを楽しんでくださいね!

憧れのハンモックがワンルームに ハンモック付ロフトベッド

こちらのロフトベッドは、なんとハンモック付き!憧れのリラックスタイムを叶えることができます。ハンモックの耐荷重は100㎏で、そのハンモックを支えるベッドの耐荷重は150㎏です。安心してくつろぐことができますね。ベッド下にはハンモックだけでなく、デスクも付いています。ハンモックをチェア代わりにして作業することもできますよ。ハンモックは取り外しができるので、生活スタイルに合わせて柔軟に使い分けることができる、機能性の高いロフトベッドです。

安心・安全の 階段ロフトベッド・ロータイプ ハンガーポール付 (シングル)

ベッド下を大容量のクローゼットとして活用できる商品です。前後合わせて4本ついたハンガーポールは自由に付け外しが可能です。季節ごとに洋服を入れ替える手間を省くことができますよ。幅広で安心設計のステップは左右どちらにも設置が可能。お部屋に合わせて自由にレイアウトできますよ。ベッドのヘッドボードには2口コンセントが付いているのが嬉しいポイントです。

4.5畳におさまる コンパクトショート丈ロフトベッド (シングル)

ショート丈サイズなので、ワンルームなどコンパクトなお部屋にも無理なく置けるロフトベッドです。ハイタイプとミドルタイプ、2種類の使い方ができるのでライフスタイルに合わせて活用できます。ハイタイプ仕様では、ベッド下にソファーやデスクを置いてお部屋の中に新しいスペースを作ることができます。ミドルタイプは収納家具など置いて、収納スペースとして使うのもおすすめですよ。120㎏の耐荷重やベッドサイドの安全柵、横揺れを防止する補強ワイヤーなど、安全面も抜群のデザインです。

まとめ

今回はお部屋のスペースを有効活用するために欠かせない、ロフトベッドをご紹介しました。ロフトベッドの下のスペースは無限大の使い方があります。ぜひ、ロフトベッドでお部屋の可能性を広げてみてください!


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【来客用布団セットの選び方】コンパクトで人気のおすすめ14商品

  2. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  3. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP