寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 13333 view

<寝室が狭い人必見!>狭い寝室を広く見せるベッド選びのコツと実例

「ベッドを買いたいけど、寝室が狭いがゆえにどんなベッドを選べばいいか分からない…」とお迷いの方はいますか?
寝室が狭いと、ベッドの主張が強すぎたり寝室のスペースがなくなってしまったりと様々な問題に直面してしまいがちです。
本記事では、寝室が狭い人向けに狭い寝室を広く見せるベッド選びのコツをご紹介します!

寝室が狭い人必見!狭い寝室を広く見せるベッド選びのコツ

収納機能付きベッドを選ぶ

<収納機能付きベッドのおすすめポイント>
●寝室にあるしまっておきたいものを収納することができる
●収納したものを簡単に取り出すことができる
● 寝るスペースと衣類や寝具、本等の収納の両方をこなせる

寝室にあまりスペースのない人に是非使ってほしいのが、収納機能付きベッド。
収納機能付きのベッドというのは、ベッド下やサイドに収納スペースが付いているタイプのベッドのことを指します。
収納ベッドの種類としては、サイドに引き出しの付いている引き出し付きベッドやチェストベッドなどが一般的です。
収納機能が付いているベッドは、寝るスペースと衣類や寝具、本等の収納の両方をこなせるという点で、寝室が狭い人にとって大変便利です!

ロータイプベッド・フロアベッドを選ぶ

<ロータイプベッド・フロアベッドのおすすめポイント>
●低い作りになっている分、お部屋を開放的に見れてくれる
●日本人がなじみ深い布団の要素で安心させてくれる
●どんなインテリアにも合わせやすい

狭い寝室と相性が抜群のロータイプ、またはフロアベッド。
ロータイプベッドは、床からの距離が近く低い作りのベッドのことを示しています。
それと似たようで少し違うフロアベッドは、脚が無くマットレスを置く床面が直接床についているデザインとなっています。
どちらもベッドの高さが低くなっている分、寝室全体を開放的空間にしてくれるのが優秀な点です。

ヘッドレスベッドを選ぶ

<ヘッドレスベッドのおすすめポイント>
●ヘッドボードがないため、狭い寝室にも最適
●コンパクトでシンプルな印象を与えてくれる
●ヘッドボードがない分、どんなインテリアにも合わせやすい

ヘッドレスベッドは、その名の通りヘッドボードがないタイプのベッドのことを指します。
場所をとりがちなヘッドボードがない分、スペースの節約もでき、すっきりとした印象を与えてくれるのがポイントです。
寝室が狭い場合も、無駄なスペースを取らないで済むため、シンプルで開放的な印象を与えてくれます。


狭い寝室を広く見せるインテリア実例

収納付きベッドで寝室を清潔に

寝室に収納付きベッドを置くことで、使用していない布団や小物類などをベッド下に収納しておくことができます。
そのため、寝室が常に片付いた印象になり、狭い寝室も広く見せることができます。

一人暮らしの狭い寝室も、写真のように広く見せることが可能です。
こちらの寝室では、収納付きベッドが大活躍しています。

こちらの寝室にあるベッドは、収納スペースが元からついているタイプではありませんが、ベッド下の空いたスペースに収納ボックスを置くことによって、狭い寝室も片付いて清潔な印象になります。

ロータイプベッド・フロアベッドで寝室を開放的に

お部屋に開放的でシンプルな印象を与えているこちらのフロアベッド。
フロアベッドは直接床に付いてる構造となっており、狭い寝室にはなくてはならない存在です。

白で統一され、清潔感を放っているこの寝室には、ホワイトのフロアベッドが置かれています。
寝室全体の見渡しも良くなるため、さらに清潔感と開放感がアップした印象になっています。

ヘッドレスベッドで無駄を省いて

ヘッドボードの一番の問題点は、場所をとってしまうという点。
ことらの暖かな印象を持った寝室には、ヘッドレスタイプのベッドがあり、無駄なスペースを省いて広々とした空間づくりを実現しています♪

ナチュラルなテイストの寝室にも、ヘッドレスタイプのベッドが活躍しています。
狭い寝室はどれだけ無駄を省いてシンプルにできるかが決めてとなります。

フロアタイプ+ヘッドレスの素敵なベッドが寝室をより広く見せています。
狭い寝室にもってこいの最高コンビです!

白とブラウンの組み合わせが素敵な寝室ですね。
どんなカラーコーディネートの寝室にも、ヘッドレスベッドは開放感を演出してくれます。

寝室が狭くても工夫一つで広く見える!

本記事を読んで、狭い寝室にはどんなベッドを選ぶべきか分かっていただけたでしょうか?
寝室が狭い…とお悩みの方は是非、今回ご紹介した狭い寝室を広く見せるベッド選びのコツを参考に、あなたの狭い寝室を広々と開放的な寝室に大変身させてしまいましょう!

おすすめの商品

圧倒的な開放感を与えてくれるスーパーロー設計のフロアベッド。布団に近い感覚が日本人に馴染みのある心地よさを感じさせてくれます。

コンパクトにすっきり収まるヘッドレスタイプのベッドは、ひとり暮らしの限られたスペースにもフィットします。空間を広く感じられるロータイプですが、収納力も抜群。モノトーンのテイストによってホワイト、ナチュラルカラーが選べます。

ヘッドレスで省スペースで置けるベッドは、限られた空間を上手に使える大容量の収納を兼ね備えています。カラーは3色ご用意。

大容量の収納スペースがあるベッドは、ひとり暮らしの強い味方!引き出しを付けることも、お手持ちの衣装ケースをそのままお使いいただくこともできます。ヘッドボードがないシンプルなデザインなので、省スペース。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  3. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【8畳レイアウト】ワンルーム一人暮らしにおすすめのお部屋実例

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP