寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 13664 view

寝室のカラー別コーディネート実例♪色使いでこんなにおしゃれ!

みなさんの寝室のテーマカラーは何色ですか?自分が一番好きな色でコーディネートされている方、一番落ち着く色をベースにしている方、ラッキーカラーを取り入れている方などさまざまだと思います。どの色をテーマにしていても、全体の色合いをうまくまとめておしゃれな寝室にしたいですよね。

そこで今回はカラー別に寝室をご紹介し、どのようにコーディネートしているかを学んでいきたいと思います♪

寝室のカラー別コーディネート実例♪

グレーやピンクなど、寝室のコーディネートを実例でご紹介します。どれもカラーをポイントに、おしゃれにインテリアをまとめています。ぜひ参考にしてみてください♪

グレー

まず目に入ってくるのが優雅なキルティングのタフテッドベッド。グレーは柔らかく優雅で知的なイメージを与えます。キレイに整えられたベッドリネンは真っ白。クリスマスツリーまでも白のみでデコレーションされた品のあるモノトーンインテリアです。

ホワイトとグレーのピローを交互に並べて、インテリア性を持たせています。ふわふわのブランケットも、グレーをチョイス。

ベッドサイドは必要最低限のものでシンプルにまとめています。すっきりとしたベッド周りで気持ちよく朝を迎えられそうです。

ピンク

グレーをベースに、淡いピンクをテーマカラーとした寝室。どちらもゆるい色同士ですが、ピンクがあることでしゃれたコーディネートになっています。

ピンクのアクセントクロスでキュートなこちらの寝室。ベッドカバーもホワイト×ピンクの細いストライプ柄でコーディネートしています。ストライプ柄で甘くなりすぎず、さわやかにまとめています。

ブルー

ベッドルーム全体をブルーでリンクさせて統一感ばっちり。青には気持ちを静めリラックスさせる効果があるので寝室におすすめです。

こちらは同じブルーコーデでも、ガラッと雰囲気が変わりますね。ブルー×明るいブラウンのチェック柄で、楽しくカジュアルにコーディネートしています。ベッドフレームや壁など、ホワイトをベースにした空間に、ブルーが引き立っています。

ブラック

レザーベッドや壁の色でブラックを取り入れたモダンかつ上品な寝室。アーティスティックでクールな印象を与えます。さりげなく置かれたグリーンがアクセントとなっています。

ブラックをメインにモノトーンでまとめたこちら。ブラックのベッドやピローに、清潔感のあるホワイトのカバーが際立っています。ダークカラーのアクセントウォールや、ブラウンのレザーソファなど、重厚感のあるインテリアにまとまっています。

ブラウン

ウォルナット素材のベッドを、もこもこのファブリックでコーディネート。常圧感のあるコーデであるのにもかかわらず落ち着いた雰囲気なのは、ブラウンの効果のおかげです。

ボタン留め加工したブラウンのヘッドボードがある寝室です。ピローもロゴや柄、ファー素材のブラウンでまとめました。ベッドカバーはふわふわ素材で気持ちよさそうです♪2枚並べてかざったアートがおしゃれ!

グリーン

ユーズド感のある木製家具に合わせるのは、植物とグリーンのファブリック。自然を感じさせる深みが出て、心も体も癒されます。赤を差し色に使うとクリスマスコーディネートが完成☆

くすみグリーンのアクセントウォールがポイント。ベッドまわりは、ホワイトやアイボリーなど淡いカラーでまとめました。照明やベッドフレームは、マットなブラックをチョイス。メリハリのあるコーディネートです。

レッド

興奮を促す効果のある赤は寝室にはあまり向きませんが、紫がかったワインレッドや、茶色がかったボルドーなどの落ち着いた赤はOK。黒やグレーと合わせることでシックで高級感のある雰囲気に。

ちょっとくすんだ色合いのレッドなら、ビビッドすぎず落ち着きがあり、取り入れやすいでしょう。こちらもスモーキーなレッドのカバーを取り入れています。ピローにアイボリーやブラックをも入れて、ポイントに。水彩画のようなクロスで、ハイセンスなコーディネートです。

オレンジ

エネルギーと開放感を与えるオレンジは、朝からハツラツと動きたい方におすすめです。茶色とグラデーションを作ると奥行きのあるインテリアがつくれますよ。

オレンジを全面に出したいなら、こちら!パキっとあざやかなオレンジのカバーで、元気が湧いてくるコーディネートです。ほかのインテリアをホワイトやグレーなど色味を抑えることで、オレンジのビタミンカラーが引き立っています。

イエロー

すっきりと目覚めたい方は、前向きな気持ちになるイエローを取り入れてみては?イエローだけだとまぶしいので、クロスにグレーを使うなど落ち着いた色との組み合わせがベターです!

大きな植物やゼブラ柄のピローが目を引く寝室です。そこに濃淡のイエローを合わせ、おしゃれにコーディネートしています。ダークカラーのベッドフレームで、引きしめ効果も。コロンとしたランプがかわいらしいですね。

ベージュ

調和を感じるベージュをベースに使うと、優しく包容力に溢れた寝室をつくることができます。ニットブランケットもベージュを選ぶとさらにやわらかい印象に。

船のオールや海のパネルなど、マリン風にコーディネートしたこちら。ベッドは淡いベージュを中心にまとめています。ざっくり編み込んだニットカバーで、温かみもプラス。

ホワイト

清楚でけがれのないホワイトインテリアもとっても魅力的。無機質な感じが気になる場合は、古木のアートフレームなどをプラスしてみてください。味のある雰囲気が加わりますよ。

まっ白なリネンと、ブラックアイアン調のフレームが印象的な寝室です。フレームの繊細なデザインが素敵ですね。円形テーブルに照明や鉢植え、バスケットの小物入れを置き、左右対称に。リースや花器の花など、自然をふんだんに取り入れています。

寝室カラーコーデにおすすめのベッド

ナチュラルカラーやアクセントカラーなど、好きな色でコーディネートするなら、ベッドのデザインにもこだわりたいものです。そこでBED STYLEおすすめのベッドをピックアップしてみました!

グレー×木目柄が織りなす高級感 棚・コンセント付収納ベッド 

どんな色とも調和するグレーのベッドをベースに、リラックスできる寝室をつくりましょう。ヴィンテージ感のある木目の風合いが、お部屋に深みをプラス。ベッド下には2杯の引き出し付きです。生活感のあるものを収納できるので、寝室がよりおしゃれになりますよ。シャビーグレー・ヴィンテージグレーの2色からお選びください。

ハイクオリティ 棚・コンセント・LED照明付高級モダン連結ベッド

家族みんなで一緒に寝る方におすすめの、連結できるベッドです。2台組み合わせれば、最大幅は約250cmと充実の広さ!将来は再び分割して、1台ずつのベッドとして使えます。落ち着いたブラウンは重厚感があり、どっしり構えて寝室を安心感のある空間にしてくれますよ。ヘッドボードのライトを灯すとリラックスムードが高まります。

どんな空間にもフィットする 棚・コンセント付引き出し収納ベッド

人気のベージュインテリアをつくるなら、ナチュラルカラーのベッドが最適。どんな色ともマッチする包容力があり、ブルーやイエロー、レッドのファブリックとも相性抜群です。ベッド下に2杯の引き出しがあるので、予備の寝具などを保管するのに便利。引き出しはお部屋に合わせて左右どちらにも設置できます。カラーはほかにブラックやホワイトなどモノトーンもありますので、さまざまなカラーコーデにマッチします。

★ほかにも木目調のベッドをチェック↓↓

カラーコーデにおすすめカバー

ベッドカバーならインテリアとして取り入れやすく、思い切って新しいカラーに挑戦できそうです♪BED STYLEにもいろいろなデザインのカバーがありますよ。カラー展開が豊富なものもあるので、色ちがいやグラデーションでそろえてもいいですね。

一年中快適 20色から選べる コットンタオル 掛け布団カバー

こちらは20色ものバリエーションがある掛け布団カバーです。アイボリーやブラウンなどベーシックカラーから、バイオレットやマーズレッドなどアクセントになるものまで、さまざまあるので、好きな色で自由にコーディネートできそうですね。こちらはコットンを100%使用したタオル素材で、肌触りや吸汗性も抜群!洗濯機で丸洗いできるので、洗い替えに色ちがいをあれこれ選ぶのも楽しそうです。

程よい光沢が美しい 9色から選べる ストライプサテン 掛布団カバー

ホテルライクな寝室づくりにおすすめなのがこちら。ホワイトやミッドナイトブルー、サイレントブラックなど、ほかであまり見かけないカラーもあり、ワンランク上のカラーコーデが叶います。光沢のあるサテン生地で、高級感抜群!凹凸のストライプ柄が洗練された印象に。生地にコットンとポリエステルの混紡素材を使っているので、肌触りのよさだけでなく、速乾性など機能性も加わっています。

お気に入りの部屋で眠ろう 20色柄から選べるお手軽枕カバーリング

「いろいろな色のピローをたくさん並べたい」「ビタミンカラーのカバーを加えたい」そんな方におすすめの、ピローケースです。全20色柄をご用意しているので、好みのデザインが見つかるでしょう。イエローやブルーなどポップなカラーもありますよ。素材はピーチスキン加工の素材を使っているので、滑らかな肌触り。洗濯機で洗っても、シワになりにくく速乾性があります。単品1枚のほか、同柄の同色または色ちがい2枚セットもご用意しています。

★ほかにもカバーをチェック↓↓

まとめ

寝室のコーディネート方法について、カラー別に実例をご紹介しました。同じカラーでも色合いやほかのインテリアにより、雰囲気がちがいましたね。カラー全体でまとめたり、アクセントにポンと取り入れたり。色のカバーなら、すぐにでも取り入れやすそうです。ぜひ参考にしてみてください!


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  3. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【8畳レイアウト】ワンルーム一人暮らしにおすすめのお部屋実例

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP