寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 12774 view

これでクローゼットいらず!ベッド下を活かすための3つの方法

あなたの寝室の収納スペースは足りていますか?コンパクトなお部屋に住んでいる方や物が多い方の中には、すでにクローゼットや押し入れがぱんぱん!なんて方も少なくありません。

そんな方にこそベッドを活用した収納がおすすめです。クローゼットがいっぱいでも大丈夫!実際の活用例を紹介していきますので、ぜひ寝室収納の見直しに役立てて下さい。

ベッド下を活かすための方法

ベッドを活かした収納には大きく分けて3つの種類があります。

方法①:収納ボックスを使う

ベッドの下のスペースを活用する方法です。今お持ちのベッドでもすぐに取り入れられるのが1番のメリットと言えます。

バスケットを使用するのもお洒落な雰囲気ができ上がりおすすめです。インテリアをブラウン系のカラーでで統一することで、クローゼットに入りきらなかったものも、見えてもお洒落に収納できます。

一般的なのは衣装ケースを使うやり方ですが、木製の箱を使うと一気にあたたかみのある雰囲気になります。クローゼット収納よりおしゃれ!

キャスターをつければ出し入れもしやすくなりますし、ナチュラルインテリア派には必見のデザインです。

「トタンボックス」はモノトーンやシックなインテリアにも生える収納ボックスです。トタンは湿気にも強いので、心強いですね!

ベッドの下は湿気だけではなく埃もたまりやすいので、こまめに掃除をすることが大切です。素材によっては床を傷つけることもあるので、ラグを敷くなど工夫しましょう。

高さ調節可能なおすすめベッド

ここではベッド下を収納スペースとして活用できる、高さ調節可能なベッドをご紹介します。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
スタイリッシュなデザインで
通気性も抜群 高さ調節すのこベッド
✔サイズ:幅100×長さ204×高さ28/40/53cm(シングル)
✔おすすめポイント:
脚を付け替えることで3段階に高さ調節が可能
コンパクト高さ調節コンセント付
天然木ショート丈すのこベッド
✔サイズ:幅80.5×長さ185.5×高さ82cm(セミシングル)
✔おすすめポイント:
幅も長さもコンパクトサイズで限られたスペースにも置きやすい

スタイリッシュなデザインで通気性も抜群 高さ調節すのこベッド

ベッド下空間に収納ボックスを入れるなら、ベッドの高さ調節ができると便利ですよね。

こちらのベッドは、脚を付け替えることで3段階で高さ調節が可能です。スタイリッシュな見た目で、シンプルながら高いデザイン性も魅力的。ヘッドボードはスリムですが、棚付きでコンセントも付いているのが嬉しいですね。

コンパクト高さ調節コンセント付天然木ショート丈すのこベッド

ワンルームにお住まいの方には、ショート丈ベッドがおすすめです。長さ約185cmなので、コンパクトにお部屋に設置できます。

高さは3段階で調節可能なので、収納するものの高さに合わせて調節してくださいね♪低ホルムアルデヒド仕様なので、お子様の使用も安心です。

💭「天然木ショート丈すのこベッド」の口コミ

組立は簡単、寝心地も想定通りで大変満足しております。

絶妙なサイズで、良い商品と思います。
化粧板貼りタイプではなく、木に直接塗装されてるので耐久性も高そうです。

方法②:ロフトベッドを使う

ロフトベッドは、ベッドの位置を上げることで下のスペースを活用できるように作られています。その容量はクローゼット顔負け!1人暮らしのお部屋はもちろん、子供部屋に置く方も多いようです。

ベッド下にポールがあるものならクローゼット代わりに使うことができます。

洋服を収納するのはもちろん、収納ボックスを組み合わせればさらにスペースを増やすことが可能です。

さながら自分専用のウォークインクローゼットを持てるようなベッドと言えます。

こちらはシックな色合いとスチールの素材感がカッコいい、ブラックのロフトベッドです。

ベッド下にデスクとキャビネットを置けば、自分だけの作業・収納スペースを確保することができます。

今必要なものに合わせてベッド下のスペースを活用できるがロフトベッドの最大のメリットです。

自然を感じる木製かつホワイトのロフトベッドは可愛らしいテイストによく似合います。

ベッド下に可動式の棚を置けば、高さはなくてもクローゼットほどの収納スペースとして活用できます。

同じホワイトの収納ボックスと合わせればバランスよくまとまります。

ロフト選びのポイントは下の記事を参考にしてみてください。

おすすめのロフトベッド

BED STYLEおすすめのロフトベッドをご紹介します。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
4.5畳におさまる コンパクト
ショート丈ロフトベッド
✔サイズ:幅102×長さ206×高さ108/180cm(シングル)
✔おすすめポイント:
ベッド下スペースの用途に合わせて高さを変えてアレンジできる
収納の少ないお部屋でも大活躍
階段付きヴィンテージロフトベッド
✔サイズ:幅100×奥行き255×高さ129.5/173.5cm(シングル)
✔おすすめポイント:
昇り降りが安全な階段付きで、ベッド位置は高さ調節可能

4.5畳におさまる コンパクトショート丈ロフトベッド 

コンパクトで配置しやすいロフトベッドです。50mmの極太パイプを使用しており、耐荷重は120kgと安心です。

ベッド下のスペースは用途に合わせて高さを変えて有効活用!ミドルタイプにしてクローゼットがわりにしたり、ハイタイプにしてワークスペースにしたりとアレンジが自由自在です。

💭「コンパクトショート丈ロフトベッド」の口コミ

狭い部屋でも圧迫感なく配置することができ、とても満足しています。

収納の少ないお部屋でも大活躍 階段付きヴィンテージロフトベッド

モダンなデザインがおしゃれなヴィンテージロフトベッド。枕元には宮棚と2口コンセントが付いており、昇り降りが安全な階段付きです。

階段はディスプレイスペースとしても活用できますよ。高さはハイタイプとミドルタイプに調節することができるので、お好みのレイアウトをつくってくださいね。

💭「階段付きヴィンテージロフト」の口コミ

でき栄えは最高で、下の子供達も欲しいって言っています。何より頑丈です。

イメージした通りなので、満足しています。組み立てはちょっと大変でしたが、大人二人ではじゅぶんでした。

方法③収納付きベッドを使う

最後に紹介するのは収納付きベッドです。あらかじめ収納スペースを備えているため、ベッドスペースを最大限活用できます。

引き出しがついているものからマット下に収納できるタイプまでその種類は様々です。 洋服はもちろん、本やDVDも収納することができます。

中にはスーツケースや布団までしまえる、クローゼット以上の大容量タイプもあります。

マット下の天板をはずすタイプ・マット自体を持ち上げるタイプの2種類が一般的です。

布団クリーナーなど頻繁に使わないものの収納にも適しています。

ロフトベットほど高さもないので、コンパクトなお部屋にも馴染みます。棚などの収納家具を置くスペースがない方にもおすすめです。

クローゼットなどの収納スペースが少ないワンルームに特におすすめ。

おすすめの収納付きベッド

BED STYLEおすすめの収納付きベッドをご紹介します。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
押入れ並みの収納力 通気性抜群
跳ね上げすのこベッド 横開き
✔サイズ:幅98×長さ197×高さ41cm(シングル)
✔おすすめポイント:
コンパクトだけど最大700リットルの大容量な収納力がある
収納充実のヘッドボード スライド
収納付き_大容量チェストベッド
✔サイズ:幅140×奥行き217×高さ87cm(ダブル)
✔おすすめポイント:
ベッド下に引き出し収納、ヘッドボードにスライド収納がある

押入れ並みの収納力 通気性抜群跳ね上げすのこベッド 横開き

コンパクトなデザインにもかかわらず、クローゼットに入らなかったスーツケースも入る収納力抜群の収納付きベッド。収納力は最大700リットルを誇ります。

手持ちの敷布団を敷いての使用もOK!自然を感じる素材でインテリア性が高いのもポイントです。ウォルナットブラウンとホワイトの2色からお選びください。

収納充実のヘッドボード スライド収納付き_大容量チェストベッド

ベッド下の収納が充実しているだけではなく、ヘッドボードの中まで収納スペースとして活用できる収納ベッドです♪

ヘッドボードのスライド収納にはなんと、90枚のゲームやDVDを収納することが可能。洋服・鞄・ラグ・スーツケース・本…なんでもしまっておけるクローゼットいらずの大容量収納が魅力です。

💭「大容量チェストベッド」の口コミ

思っていたより収納力があり、作り自体はシンプルですがとても良い物でした。

収納力にひかれて購入しました!期待は裏切らなかったです♪

【まとめ】ベッド下を活かして収納スペースを確保しよう

本日はクローゼットに頼らずに収納場所を増やすための3つの方法をご紹介しました。どの方法を採用するかはあなたが収納したいものによって違います。

  • 収納ボックスを使う…主に洋服や小物(鞄やベルト等)を片付けたい
  • ロフトベッドを使う…机やソファも置くスペースが欲しい
  • 収納付きベッドを使う…ラグや使用頻度の低いものも一緒に収納したい

ご自身の寝室の大きさや荷物の種類・量に合わせて取り入れる方法を変えるのがベストです。ぜひあなたにあった方法を試してみて下さい♪

BED STYLEでは
収納に便利なベッドを多数ご用意♪
ぜひチェックしてください!

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 寝室は真っ暗派?常夜灯派?照明の設置ポイント&おすすめ10選

  2. 【ブラウンで大人なベッドルームに】おすすめベッド&お部屋実例

  3. 【方角別】寝室にこそ「風水」を!運気アップのコツ&おすすめ

  4. 寝る時にブラジャー着ける?着けない?【美乳を目指す女子必見】

  5. 二人で小さなベッドで寝るのはNG!カップルにぴったりのベッドサイズとは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP