寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 1233 view

睡眠の質が上がる!快眠できる寝室インテリアのポイント

「せっかく良いマットレスと寝具をそろえたのになぜか良く眠れない」

そう感じたことはありませんか?もしかしたら寝室のインテリアがあなたの快眠の妨げになっているかもしれません!せっかくこだわって寝室のインテリアを考えても、睡眠を邪魔してしまうようでは困りますよね。

そうならないように、今回は寝室のインテリアを考える上で知っておいてほしいポイントを解説していきます。

睡眠を邪魔する原因

なかなか寝付けない・良く眠れない原因には以下のようなものが考えられます。

  • 照明が明るすぎる
  • 脳を刺激する色使い
  • 雑音や騒音がする

家のまわりの環境はなかなか変えられませんが、照明や色使いは寝室のインテリアを工夫すれば改善できます。さらに、外からの音を入りにくくすることも可能です。

快眠の鍵を握るポイント

照明

照明選びで大切なのが光の色合いです。白っぽい光は脳を覚醒させ活動的な状態にしていまいます。

蛍光灯は避け、電球色と呼ばれるオレンジ色の光が最適です。

寝具やカーテンの色

鮮やかなビビットカラーや柄ものは元気が出てお洒落ではありますが、人によってはその色や柄が原因で上手く眠りにつけない場合もあります。そんな時は無地で白・ベージュ・ブラウンなどの落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。

静かな空間

眠るときに音が気にならない方もいらっしゃいますが、睡眠中でも耳は雑音を拾っています。雑音や騒音が耳に入ってくると脳が休むことができず、疲れが十分にとれません。

防音素材のカーテンはもちろん、床にカーペットを敷き詰めたりベッド下に大きめのラグを敷くことで音の反響を緩和することができます。

リラックス効果の高いインテリア

快眠できるポイントをふまえて、おすすめインテリアを3つご紹介します。

ナチュラルインテリア

自然な素材と色合いが魅力のナチュラルインテリア。派手な色を使わないので脳を刺激することなく自然と寝る準備が整います。

ホテルライクなインテリア

まるでホテルのような落ち着いた雰囲気のホテルライクなインテリアでまとめるとリラックス効果の高い寝室に仕上がります。

アースカラーインテリア

やっぱり色を楽しみたい!という方にはアースカラーがおすすめです。オレンジやイエローもやわからい自然な色味なので、睡眠の妨げになりません。

おすすめの商品

BED STYLEおすすめの商品から、快眠を促す優しい色合いのベッドフレームを選びました。ぜひリラックスできる寝室づくりに取り入れてみてください♪

品質と機能性を兼ね備えた モダンデザインすのこベッド ナチュラル

シンプルで無駄のないデザインが美しい、こちらのすのこベッド。円錐状の脚がベッドをよりすっきり見せ、抜け感を演出しています。ベッド下は収納スペースとして使ってもOK!耐荷重200㎏の頑丈設計で、長くご愛用いただける商品です。こちらはナチュラルカラーですが、ホワイト・ダークブラウンもご用意しております。

北欧育ちの天然木を使用 コンセント付きすのこベッド

厳しい寒さの中で育った良質なパイン材を贅沢に使用した天然木仕様。北欧風デザインで森の香りがしてきそうなベッドです。宮棚はさりげなくツートンカラーになっており、コンセントも付いて使い勝手抜群です♪ナチュラルインテリアや北欧インテリアなど、ほっこり安らぐコーディネートをお楽しみいただけます。

安心品質 日本製 棚・コンセント付き大容量すのこチェストベッド

こちらは安心安全な国内生産の収納付きベッドです。職人さんが丁寧にひとつひとつ作っているので、子どもから大人まで安心して使うことができます。収納量も申し分なく、5つの引き出しと長物収納付き!散らかりがちな1人暮らしのお部屋にもおすすめです。ダークブラウン・ナチュラル・ホワイトの3色からお選びいただけます。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  2. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  5. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP