寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 20110 view

ベッドの足元にある長い布って何?寝室コーディネートのポイント教えます!

ホテルに宿泊したとき、ベッドの足元に長い布がかけられているのを見たことがありませんか?あの長い布、実はちゃんと意味があるのです。

今回は、ベッドの足元の長い布の正体についてお話したいと思います。

ベッドの足元にある布って何?

ホテルのベッドの足元に置いてある布は「ベッドスロー」といいます。「フットスロー」または「ベッドライナー」と呼ばれることもあります。

欧米のホテルが最初に取り入れたとのことです。素材やデザインは様々で、季節や好みに合わせてコーディネートが楽しめます。

ベッドスローの意味

ホテルでベッドスローが使われている意味は、主に次の3つが挙げられます。

  • 土足でもシーツが汚れないようにするため
  • アクセントを付けるインテリアとして
  • ベッドメイキングが完了したサイン

土足でもシーツが汚れないようにするため

ベッドスローの発祥である欧米は室内を土足で移動することが基本です。当然、ベッドの上に土足で乗ることもあるということです。

ベッドスローは土足でベッドに上がってもシーツを汚さないようにするために置かれています。

シーツの汚れを防ぐ寝具として、ベッド全面を覆うベッドスプレッド(ベッドカバー)もありますが、ベッドスローのほうが小さいのでお手入れが楽です。そのような理由から、たくさんベッドがあるホテルでは重宝されているんですね。

コーディネートのアクセントとして

ベッドスローは、部屋のコーディネートのアクセントとしての意味合いも強いようです。そのため色柄が綺麗なものを使用しているホテルが多くあります。

最近ではおしゃれなデザインが増え、枕やクッション、カーテンなどと合わせてコーディネートする場合もあります。

色や柄が統一されていると、部屋全体が洗練された雰囲気になり、利用する人に高級感や清潔感を与えます。

ベッドメイキングが完了したサイン

これはあまり知られていませんが、ベッドスローにはベッドメイキングが完了した合図という意味があります。

きちんと置かれたベッドスローは部屋の清掃が終わっていることを利用者に伝える役割を果たしているのです。ホテル側から利用者へのメッセージみたいなものですね。

ベッドスローを使ったコーディネート実例

ホテルで使われるベッドスローを自宅のベッドに取り入れたら、特別感のあるおしゃれなコーディネートに仕上がります。

コーディネートの実例を参考にして、憧れの海外風ベッドルームを作ってみませんか?

枕、クッションと色柄を合わせる

ベッドスローと同じくベッドをデコレーションするアイテムに、枕やクッションがあります。「デコラティブピロー」と呼ばれるものです。

このデコラティブピローと色柄を合わせれば失敗が少なく、統一感のあるコーディネートが完成します。

グレー×マスタードイエロー×ブラックの色使いが大人っぽい。

落ち着いた印象になり、クセの強い照明や壁面装飾もうまくまとめていますね。

淡いピンクとパープルでエレガントなスタイリングを作り上げています。

シャンデリアやフットベンチも、高級な雰囲気を盛り上げるアイテムです。

ベースカラーとテーマカラーの中間色を使う

部屋のカラーコーディネートをするとき、ベースカラーやテーマカラーを決めます。

ベースカラーは、面積の大きい壁や床の色、白やベージュとなることが多いです。テーマカラーは自分が好きな色や、寝室ならリラックスできる色をアクセントとして取り入れます。

こちらのお部屋、ベースカラーは白、テーマカラーは濃いめのイエロー。

ベッドスローはその中間のやさしいベージュに。白とイエローの間に入って、うまく馴染ませていますね。

床や木製ベッドのブラウン、壁の薄いグリーンが印象的なお部屋。

そんなナチュラルなカラーコーディネートに生成色のベッドスローがマッチしています。

差し色、異素材を組み合わせる

コーディネートのアクセントとして取り入れるなら、差し色や異素材でベッドスローの存在をアピールしましょう。

モノトーンのコーディネートに鮮やかに映える、ピンクのベッドスロー。

ニットの素材も空間に変化を加えていますね。

大胆な柄使いも、面積の小さいベッドスローなら取り入れやすい。

デコラティブピローとリンクさせて統一感もばっちりです。

やわらかいグレーのコーディネートにピンクを加えて、女性らしさアップ。

素材から冬らしさが伝わりますね。季節感があって素敵です。夏は涼しげな素材のベッドスローがおすすめですよ。

まとめ

ベッドの足元の布は「ベッドスロー」といい、その役割は

  • 土足でもシーツが汚れないようにするため
  • アクセントを付けるインテリアとして
  • ベッドメイキング完了のサイン       です。

ベッドスローを使った寝室コーディネートのポイントは、

  • 枕、クッションと色柄を合わせる
  • ベースカラーとテーマカラーの中間色を使う
  • 差し色、異素材を使う           です。

ベッドスローを使いこなして、上質な空間を作りましょう♪

おすすめの商品

ベースカラーを白にしてベッドスローを敷きたいという方におすすめなのが、こちらのアイテム。流線型のフォルムが美しいレザーベッドです。ボリュームのあるヘッドボードやサイドフレームはソファのようなくつろぎ感を与えてくれます。

グレー×マスタードイエロー×ブラックなどのカラーコーディネートを楽しみたい方におすすめなのが、こちらのベッド。高級感のあるモノトーンカラーがお洒落なダブルベッドで、2杯のサイド引き出し収納付きとお部屋もすっきりと片づけることができます。

カジュアルなコーディネートに挑戦したい方におすすめなのが、こちらのシンプルなすのこベッドです。狭い部屋にもぴったりとフィットする長さ180cmのコンパクトなセミシングルサイズのベッドです。天然木北欧パイン材使用。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  2. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  5. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP