寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 24919 view

【運気も上がる!】寝室インテリアに合った絵画の選び方とポイント

ベッドや照明などは、寝室における主役ともいえる存在です。寝室に絵画を飾る方は一般的にはごく少数かもしれませんが、絵画はその部屋の雰囲気を整えてくれる存在でもあります。今回は寝室インテリアにふさわしい絵画の選び方についてご紹介したいと思います。

まずは寝室をきれいにすること

寝室に絵を飾る場合、まず寝室を掃除して環境を整えることが大切です。一見意味のないように思える行為ですが、絵を飾る場所を整えるということは、その場の運気も同時に整えるということと同じです。きれいな寝室を維持することを常に心がけるようにしてください。

寝室インテリアに合った絵画の選び方

絵画といっても何を題材としているのかによって、インテリアとの相性も変わってきます。 どんなインテリアにどんな絵画が合うのか、詳しく見ていきましょう。

自然や季節を感じるものを選ぶ

インテリアの存在を邪魔せず、部屋に自然と馴染む絵画の代表例としてはやはり風景画が挙げられます。風景画は春夏秋冬の季節をそれぞれ描いたもので、絵画から季節感を味わうことができるだけでなく、飾ることによって大変上品な印象が漂います。

描かれている季節や向きによっては運気を上昇させることもできます。他にも植物の絵、特にが描かれた絵画もインテリアと合わせやすいと評判です。

寝室に観葉植物などを置いていらっしゃる方は、実際の植物と絵画の植物を合わせてみるのも良いですね。四季を感じさせるものや、植物を描いた絵画であれば、寝室の雰囲気を壊すことなくナチュラルなイメージをそのまま残してくれます。

絵画の色に注目する

インテリアアートとして絵画を取り入れる際には、色に注目して選んでみるのも一つの方法です。寝室はその他の部屋と違い、睡眠や安らぎを与えてくれる場所です。リラックスできる色合いの絵画を選ぶと、インテリアとアートが見事に融合した過ごしやすい雰囲気を醸し出してくれます。

丸みや温かさを感じる色を選ぶ

安心感やリラックス感のある部屋の場合、青・緑・白・茶色・紫などの色の絵画であれば寝室のムードにもよく合うでしょう。絵画のモチーフとしては、どこか丸みや温かさを感じるものを選ぶようにしてください。

既存のインテリアの色との釣り合いも意識する

リラックスできる色を選ぶだけでなく、既存のインテリアの色との釣り合いも意識するとさらに良いでしょう。暖色系パステルカラーなど寝室のテーマカラーに合う色がベースとなっている絵画は、部屋の趣をさらに統一してくれる効果があります。

まとめ

絵画はそれぞれ違う雰囲気を持っており、寝室を彩るアートとしてもぴったりなアイテムです。描かれている題材や色に着目しながら、お部屋にぴったりな一枚をぜひ探してみてくださいね。

おすすめの商品

ナチュラルテイストの絵画に合うベッドが欲しい方にぴったりなのがこちらのベッドです。木製のベッドには、植物など自然系の絵画が合います。流れるような木目が美しいナチュラルテイストのシンプルデザインで、木の温もり溢れる空間を演出いたします。カラーは選べる2色から。

少しモダンなテイストの絵画に合うのがこちらのベッド。シンプルな中にも機能性とデザイン性が光る作りのベッドで、使いやすさもバツグンです。薄いグレーカラーが白黒の絵画やモダンテイストの絵画とマッチしてより一層引き立ててくれます。引き出し収納付きでお部屋の整理整頓に最適です。カラーは4色展開。

観葉植物や自然系の絵画を飾りたい方はもちろん、絵画を強調させたいという方にもおすすめなのがこちらのアイテムです。ナチュラルな天然木のぬくもりを感じて、安らぎの時間が過ごせるベッドです。シンプルなデザインを、自分らしいお気に入りの空間にアレンジ。無駄を省いたヘッドレスタイプのため、美しい絵画の存在を邪魔することなく引き立ててくれます。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  3. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【8畳レイアウト】ワンルーム一人暮らしにおすすめのお部屋実例

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP