寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 2102 view

【失敗しない】ベッド設置箇所の寸法の測り方

ベッドは大きな家具ですので、正しく設置しないとかなり部屋を不便にしてしまいます。そこで、この記事では、ベッド設置箇所の正しい寸法の測り方を紹介していきます。ベッドの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

ベッドのサイズのみを測るのはNG!

ベッドを購入する際に気になるのは、設置を考えている場所にベッドが収まるかどうかです。

しかし、ただ単に収まるかどうかだけを考えるのはNG。その理由は、搬入通路や、組み立てやベッドメイキングのためのサイドのスペースが必要だからです。

ベッドの購入に頭がいっぱいになっていると忘れがちになるため注意が必要です。周りに余裕を持たせつつ置けることを確認しましょう。

測る手順①ベッドのサイズを確認する

まずは、ベッドのサイズを知ることが大切です。
サイズ別の一般的な寸法を参考までに紹介しておきましょう。

・シングル 長さ:約200cm 幅:約100cm
・セミダブル 長さ:約200cm 幅:約120cm
・ダブル 長さ:約200cm 幅:約140cm
・クイーン 長さ:約200cm 幅:約160cm
・キング 長さ:約200cm 幅:約190cm

これは一般的な寸法で、製品によっては数十センチ誤差があると思ってください。そのため、可能なら正確な寸法を確認することをおすすめします。

測る手順②設置場所の寸法を確認

ベッドのサイズがわかったら、それを基準にして設置場所の寸法を測っていきます。

1台の場合

1台の場合に必要な寸法は、壁側に約10cm以上のスペースを作るのがベスト。これは、ベッドメイキングのスペースを確保するためです。もちろん、部屋の寸法によってはなくても構いません。

次に、部屋の移動がスムーズにできるために、動線として壁側以外にも約60cmのスペースが必要です。

(例)シングルベッド

仮にシングルのベッドを設置する場合、ベッドを設置するために必要なスペースは以下の通りです。

縦の長さ:約260㎝以上(ベッドを含む)
横の長さ:約170㎝以上(ベッドを含む)

2台の場合

夫婦やカップルで使う場合、ベッドを2台設置するケースもあるでしょう。その場合の寸法も確認していきます。

1台の時と同様に、ベッドメイキングのために、壁側に約10cm空けるのがベスト。そして、動線を確保するために、ベッドの両サイドに約60cmのスペースを作ります。

ただし、ツインで置く場合は、ベッドとベッドの間は50cm程度空けるとスムーズに2人が動けます。

(例)シングルベッド2台

仮にシングルベッドを2台設置する場合、ベッドを設置するのに必要なスペースは以下の通りです。

縦の長さ:約260㎝以上(ベッドを含む)
横の長さ:約320㎝以上(ベッドを含む)

これはシングルベッドを連結させた場合なので、間を置いておく場合は、横幅がさらに50㎝程度必要です。

まとめ

ベッドを設置する場合には、適切なスペースがあります。ベッドが置ければそれで良いのではなく、動線を確保する必要があるのです。ベッドを置いて生活が快適にできるかどうか、しっかりと購入前に設置場所の寸法を測っておくようにしましょう。

一緒に読みたいおすすめ記事

おすすめの商品

みんなで川の字になって眠れる 総桐すのこベッド

こちらは、通気性に優れた桐すのこを採用し、1年中快適な寝心地を体感していただける総桐すのこベッドです。セミシングル・シングル・ダブルの3種類をご用意。2台セットで購入すれば、連結してクイーン・キング・ワイドキングサイズとして使っていただけます。ヘッドレスタイプなので、シンプルかつ省スペースなベッドをお探しの方にぴったりです♪敷布団を敷いてもご利用いただけます。

移動がラクラク 分割式マットレスベッド

ベッドフレームいらずの脚付きマットレスベッドを買うなら、分割式のタイプがおすすめです。搬入・移動が楽な上に、脚をつけるだけですぐ使えるので、難しい組立も必要ありません。脚の長さは15㎝・22㎝・30㎝の3種類で、ベッド下の使い方に合わせてお選びいただけます。マットレスの種類はポケットコイル・ボンネルコイルの2種類。敷きパッドとボックスシーツをセットで購入することも可能です。クイーンサイズはセミダブルサイズ2台でのお届けになります。

誰もが羨む憧れの空間に ホテル風モダンデザインベッド

寝室をホテルライクなリラックス空間にするなら、こちらの高級感あるベッドがおすすめです。1台ではもちろん、連結セット(2台セット)でも購入していただけます。ベッド下には大容量の収納スペースを兼ね備えているため、ラグのような長物から家電、スーツケース、布団まで収納できてクローゼット代わりに◎。家族構成や生活スタイルに合わせた使い方ができるのが魅力です。別売りのサイドテーブルを組み合わせれば、よりラグジュアリーな雰囲気がアップしますよ♪

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【来客用布団セットの選び方】コンパクトで人気のおすすめ14商品

  2. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  3. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP