寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 358 view

お部屋をナチュラルテイストに!天然木ベッドのオススメポイント

木製ベッドを使う場合は天然木を使用したタイプがオススメです。自然の温もりや雰囲気を味わうことができます。木製ベッドは普通天然木を使っているんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。実は木製ベッドと天然木ベッドは同じではありません。今回は天然木ベッドの特長とオススメポイントをご紹介します。

木製ベッド=天然木ベッドではありません

最初に木製ベッドと天然木ベッドの違いを押さえましょう。

天然木ベッド

天然木ベッドはその名の通り、天然木をフレームや床板に使用しているベッドです。

ベッドに使われる天然木としては

・パイン
・ひのき
・桐

などがあります。質感の高さが特長ですが、自然素材のため材料のばらつきはどうしても発生してしまいます。

天然木ではない木製ベッド

天然木ではない木製ベッドとしては、MDF(中密度繊維板)を用いたものやパーティクルボードのような細かな木製のチップを固めて作られた材料を使用しているものがあります。

コストを安くすることができ、加工もしやすいので品質が揃いやすいです。従来は見た目が安っぽいものもありましたが、表面に高級感のある模様をプリントする技術が出てきたので、見た目の問題も解決されています。コスパ重視の方はこちらでも問題ありませんが、やはり天然木を使用したものと比べると質感が劣ります。

天然木ベッドの特徴

天然木ベッドには様々な特徴があります。決して安い買い物ではないのでしっかりと長所と短所を理解した上で選べるようにしましょう。

おすすめポイント

天然木ベッドの一番のオススメは、天然素材ならではの質感です。合成板では出ない、ナチュラルな素材ならではのぬくもりや質感が味わえます。

また、天然素材で同じものは2つとないので同じ商品でもものによって異なる表情が楽しめます。長く使うことでも色や風合いが変わってくるので、時間による表情の変化も楽しめます。

注意したいポイント

天然素材はもともとが真っすぐな素材ではないので、ものによっては多少曲がっていたりするかもしれません。

また、ベッドに使われる天然木は節があるものがほとんどなので、節が気になる場合もあるかもしれません。

また、同じようなベッドで比較した場合天然木ベッドの方がコストも高くなります。

天然木の種類

一口に天然木といっても、ベッドに使われる天然木にはいくつかの種類があります。材料ごとの特長と合わせてご紹介します。

パイン

パイン材は日本では松として有名な木材です。天然木ベッドでは最もよく使われている一種です。産地によっても特徴が異なりますが、天然木の中では柔らかい素材であるため心地よい質感となります。

ひのき

古くから日本では高級な木材として使われている材料です。さわやかな香りが特徴で、心身をリラックスさせる効果があります。素材そのものに防虫防ダニ効果があるのも嬉しいポイントです。

美しく白い肌が特徴的な材料です。また桐の最も大きな特徴はトップクラスの軽さです。湿気にも強いため、ベッドのすのこに最適な材料といえます。

天然木を使ったベッドのタイプ別オススメ商品

天然木を使ったベッドには、主に3タイプがあります。それぞれのタイプを見てみましょう。

すのこタイプ

すのこタイプは床板がすのこになっているタイプのベッドです。湿気の多い日本ならではのタイプとも言えます。すのこ自体が通気性の高い構造となっているため、湿気に強くカビが発生しにくいですが、天然木を使うことでさらに性能が高まります。

シンプルにナチュラルスタイル 北欧デザイン天然木すのこベッド

天然木と北欧デザインを組み合わせた、シンプルでオシャレなベッドです。使うことを意識した北欧デザインならではの、使い勝手に富んだベッドで3つの長さの脚を付け替えることで様々な用途でお使い頂けます。風が通るすのこタイプなので、湿気の多い日本の気候でも安心してご使用頂けます。

高さ調節も可能 コンパクト天然木ショート丈すのこベッド

一人暮らしに便利なショートサイズのベッドです。すのこ部分に北欧のパイン材を使用していて、柔らかく気持ちのいいベッドです。お子様にも安全にご使用頂けるように、角はすべて丸めているなど細かいところにも配慮が行き届いています。

天然木がもたらす開放感 デザインすのこベッド

北欧のパイン材を使用したすのこベッドです。ゆったりとしたダブルもしくはクイーンサイズのすのこタイプのベッドです。横幅があるので、あえて狭いマットレスを敷くことではみ出したすのこを小物置きとして使うレイアウトもオススメできます。もちろん幅いっぱいにマットレスを敷くことでゆったりと眠ることもできます。すのこ自体が見た目にもオシャレなので、マットレスの代わりに布団を敷いても使えるなど、見た目と使い勝手を両立させたベッドです。

寝台職人 選べる床板 天然木ひのきベッド すのこタイプ

日本の高級木材であるひのきをふんだんに使用したすのこタイプのベッドです。
い草張り、通常、繊細と3タイプの床板からお選び頂けます。ひのきで作られたすのこは通気性はもちろんのこと、防虫・防ダニ効果や殺菌効果があるため、安心して長くご使用頂けます。

吸湿性に優れた天然桐使用 宮棚・コンセント付折りたたみすのこベッド

すのこ部分に天然桐を使用したベッドです。すのこの通気性に富む構造に加え、桐も通気性の良い材料であるため湿気の多い日本の夏でも快適に眠ることができます。桐は非常に軽い素材であるため、折りたたんで収納する際も楽に持ち運びができます。

ロフトベッドタイプ

ロフトベッドはベッド部分が高い場所に設定されているベッドです。ベッド下の空間を収納スペースとしてや作業スペースとして有効に活用できるのがポイントです。パイプ製のものも多いですが、天然木タイプであれば安定感が増します。それに加えて天然木ならではの香りもプラスされます。

表情豊かな天然木パイン材使用 階段付き木製ロフトベッド

天然のパイン材を使用した階段付きのロフトベッドです。木目の入ったパイン材を使用していることで豊かな表情を楽しむことができます。また、同じロフトベッドでもパイプ製のものよりも安定感があるので睡眠時も安心です。床板の高さも130㎝を超えているので、ベッドの下の空間を自由に使うことができます。

2段ベッド

上下に2段のベッドが重ねられているタイプです。お子さんが使われることが多いと思います。天然木を使用したタイプであれば、触り心地や優しい温もりに触れる機会が増えますね。2段ベッドを検討されている場合は、ぜひ天然木タイプを選びたいところです。

お子様の成長を楽しめる モダンデザイン天然木2段ベッド

天然木突板を使用した2段ベッドです。表面はウォルナットとアッシュの2パターンからお選び頂けます。特に汗をかきやすいお子さんでも安心できるすのこ仕様です。手が触れやすい箇所はしっかりと丸みを持たせてあるのでお子さんでも安心してご使用頂けます。

天然木ベッドでナチュラルテイストをお部屋に取り入れよう

今回は天然木タイプのベッドをご紹介しました。天然木のベッドを設置することでお部屋をとてもナチュラルな雰囲気にすることができます。実際に触っても気持ちいい天然木ベッドをぜひお部屋に取り入れてみてください。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  2. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  5. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP