寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 2349 view

グリーンで癒しを!ベッドルームにおすすめの観葉植物

暮らしの中に「木」や「葉っぱ」などの自然のものがあるだけで、気持ちがすーっと落ち着いたり、まるで森の中にいるような心地よさを感じたりします。
植物は光合成によって、新鮮な空気やマイナスイオンを作り出しています。そんな癒しを与えてくれる観葉植物は、実はリビングや玄関だけではなくてベッドルームにもぜひおすすめなのです。

そんな一日の終わりをリラックスして過ごしたいベッドルームにおすすめの観葉植物をご紹介します。

パキラ


日本の気候に適していて育てやすいパキラは、高温を好みますが、耐寒性・耐陰性もあるため、室内のあらゆる空間で育てることができ、ベッドルームにもおすすめです。
強い光は苦手なので窓から少し離れたところに置いて直射日光が当たらないようにしましょう。
春から秋は土が乾いたらたっぷりと水やりを。冬の間は水やりは控えめにするといいですよ。
葉っぱのほこりとりや霧吹きで水をかけるのもお忘れなく。

エバーフレッシュ


昼には葉っぱを広げて夜になると閉じるというふたつの表情がユニークなエバーフレッシュも、育てやすくベッドルームにもおすすめです。日当たりのよい場所を好みますが、直射日光が当たらなくてもよく育ちます。
部屋の環境に慣れてくるとぐんぐんと成長するので、春から秋にかけて剪定してあげましょう。
乾燥するのは苦手なので霧吹きでこまめに葉っぱにも水をあげましょう。

フィカス・ウンベラータ


カフェや美容院でもよく見かける人気の観葉植物フィカス・ウンベラータは、大きなハートの葉っぱが特徴。
春から秋にかけてぐんぐんと大きく育ち、大きくなると天井まで幹が伸びて迫力もたっぷり。
幻想的なベッドルームになりますよ。直射日光が当たりすぎると葉やけしてしまいますが、日当たりのよいところを好むので室内の日当たりのよい日陰に置いてあげましょう。
葉っぱにこまめに霧吹きで水をあげて、土が乾いたらたっぷりと水やりを。冬場は生育が落ち着くので水やりも控えめで大丈夫です。

多肉植物


最近ではいろんな種類がある多肉植物。ぷっくりとした葉っぱが愛らしく、種類によっては季節になると花が咲いたり色が変わるものもあります。実はサボテンやエアープランツも多肉植物の仲間。
多肉植物は、太陽の日光浴が大好きな植物です。そのため、室内よりも室外を好みますが、日当たりや風通しの良いベッドルームであれば窓際で育てることが可能です。
人気のインダストリアルテイストや西海岸スタイルのインテリアにも良く似合います。

エアープランツ


多肉植物のなかのパイナップル科(アナナス科)に属するエアプランツは、薄い産毛に覆われているのが特徴で、その産毛で水分をキャッチして成長します。エアプランツという名前から空気中の水分だけで育つと思われがちですが、霧吹きでこまめに水を拭きかけるなど定期的な水やりが必要です。元気がなくなってきたなと思ったら、水をはったボウルに2~3時間浮かべてあげましょう。
土に植えて育てる必要がないため、流木に針金で固定してオブジェのように飾ったり、麻のひもで吊ったり、ガラスの瓶にシンプルに飾るなど、フレキシブルな楽しみ方ができ、ベッドルームにもおすすめです。

ドライフラワー


光の入らないベッドルームなら思い切ってドライフラワーを飾るのもおすすめです。
観葉植物特有の葉っぱの光合成によるマイナスイオン効果は期待できませんが、植物のある雰囲気は十分に味わうことができます。
ドライフラワーにするなら、ユーカリやミモザ、スモークツリーなど、比較的枝がしっかりしていて扱いやすい木がおすすめ。枝を丸くしならせてリースにするとナチュラルな雰囲気も楽しめます。

まとめ

ベッドルームは湿気がこもりやすい場所でもあります。水やりをしすぎると土の部分にカビが生えてしまうこともあります。水やりは土の乾き具合をよく観察してあげてください。
そして、観葉植物は基本的に風と光が大好きです。週末はできるだけ風通しと日当たりのよい場所でリフレッシュさせてあげてくださいね。
リラックスしてよい眠りを導くためにも、ベッドルームに観葉植物を是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 女子にもおすすめ!素材別おすすめDIYベッド&作る時のポイント

  2. 北枕とは?縁起が悪いと言われる理由&期待できる効果を解説

  3. こんなお部屋ならお客さんも快適♡理想のゲストルーム実例

  4. 2022年最新♡海外のベッドルームインテリア事情

  5. 【リビング編】和と洋の良いとこどり!JAPANDIインテリア

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP