寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 131 view

高級マットレスでうっとり気分♡選び方のポイントと人気商品5選

高級マットレスと聞いて、皆さんはどんなものを想像しますか?値段が高くて、寝心地がよくて…そんな風にイメージする方も多いでしょう。

そこで今回は、そんな高級マットレスの特徴や選ぶコツ、使い方のポイントをご紹介します。併せて、人気商品も取り上げるので、自分にぴったりの1枚を一緒に見つけましょう♪

高級マットレスの特徴

まずはじめに、高級マットレスにはどんな特徴があるのか見ていきます。

値段が高い

高級マットレスの多くは値段が高いです。値段が低くて高級といえるものがないわけではありませんが、ふつうは値段が高いです。

では、どのくらい以上の値段になっているかですが、安いものでも5万円以上、高いものでは10万円以上、中には100万円以上という商品もあります。

寝心地がいい

高級マットレスといわれるものは、寝心地が大変いいです。適度の硬さがあり、体の沈み込みを防止し、各部位に負担がかからないようになっています。

腰や肩への圧力も分散され、疲れにくくのも魅力です。それでいて弾力もありますから、気持ちよくお休みになれますね♪

通気性がいい

通気性が悪いマットレスだと、寝ていても蒸れてしまい、安眠できません。また、カビやダニも発生しやすくなります。

その点、高級マットレスは通気性に優れているので、さらっとしていて、さわやかです。汗っかきの人でも高級マットレスなら満足できます。カビやダニ対策にもなりますよ。

耐久性がある

どんないいマットレスでも寿命はあります。しかし、一般のマットレスよりも高級マットレスの方が寿命が長いです。高級マットレスは長く使ってもらえるように作ってあるので、耐久性は抜群です。

10年以上使えるという商品も少なくありません。したがって、値段の安いマットレスを何度も買い替えるよりも、高級マットレスを長らく使う方がお得になる場合があります。

高級マットレスを選ぶコツ

高級マットレスの優れた特徴を見ると、早速買ってみようかしらと思う人も出てくるでしょうが、どう選べばいいでしょうか?選び方のコツをお教えします。

中材で選ぶ

高級マットレスに採用されている代表的な素材を紹介しましょう。

  • ポケットコイル
  • 高密度連続スプリング
  • ノンコイル

ポケットコイル

高級マットレスで一番多く使用されている素材がポケットコイルです。一つ一つのスプリングが独立しているタイプで、体圧分散性に優れています。また、隣で寝ている人へ振動が伝わりにくいので、寝返りを打っても迷惑になりにくいです。

高密度連続スプリング

高密度連続スプリングは、連なった銅線によりスプリングが高密度で編みこまれたタイプです。ボンネルコイルマットレスの欠点を補うマットレスで、耐久性が非常によく、通気性にも優れ、寝返りも打ちやすくなっています。

ノンコイル

ノンコイルはスプリングを使用していない中材ですが、ウレタンやラテックスなどいろいろな種類があります。その種類によって反発力は様々。したがって、自分好みの反発力がある商品を選びやすくなっています。また、軽くて持ち運びしやすいのもメリットです。

厚さで選ぶ

高級マットレスの厚さはさまざまで、どれを選ぶのも自由ですが、どちらかというと厚めのもの方がおすすめです。

厚いマットレスは寝心地もよく、耐久性に優れています。また、厚さによる高級感も感じられます。

硬さで選ぶ

腰痛持ちの人は、体が沈み込みにくい硬めの高級マットレスを選ぶのが◎。同じように体重が重い人も、硬めのものを選ぶのがいいです。

体重が軽い人は、やや柔らかめの低反発タイプなら、体の一部が浮き上がることもなく、快適にお休みになれます。

保証年数で選ぶ

高級マットレスは耐久性があるので、10年以上愛用できるものもあります。それでも、使い方によっては早く傷む場合もあります。

そのような時のことを考えて、保証年数が長いものを選んでおくのも悪くありません。中には、10年保証という商品もありますから、そのような商品を購入すると、かなり安心して使えます。

高級マットレスを使う時のポイント

せっかく高級マットレスを買ったら、大事に使いたいもの。そこで使う時のポイントをアドバイスします。

お手入れは定期的に行う

高級マットレスは洗えないため、お手入れは定期的に行うようにしましょう。シーツなどはこまめに洗濯、マットレス自体は1か月に1回、立てて風を当てる、また2~3か月に1回ローテーションするなどの対策が必要です。

これで高級マットレスの寿命を長持ちさせられます。

ふさわしいカバーを使う

高級マットレスには高級シーツを使いたいもの。両方が高級で、初めて上品な感じが出てきます。

シーツにはいろいろな素材がありますが、吸汗性の高さでは綿やタオル地、すべすべさらっとした質感がお好みならポリエステルやシルクがぴったりです。

時期が来たら買い替える

高級マットレスもいつかは使えなくなりますから、適当な時期に買い替えましょう。

そのタイミングですが、中央部に凹凸ができたり、一部がへたったりくぼんだりした時、あるいはきしみ音がひどくなったりした時が替え時です。

おすすめの商品

最後に、BED STYLEのラインナップから人気商品を取り上げてみましょう。どれも寝心地のいい快適な高級マットレスですから、ぜひ購入の選択肢に入れてみてください。

日本の睡眠環境に寄り添った フランスベッド製 高密度マットレス

日本の睡眠環境に合うように作られた高密度連続スプリングマットレスです。仰向きでも横向きでも理想の寝姿勢を保ちやすく、寝返りも打ちやすくなっています。そのため、体への負担も少ないです。通気性も抜群。防菌・防ダニ・防臭加工が施された中綿も使用しているので、快適な気分でお休みになれます♡表面には伸縮に富んだニット生地を使用し、ふんわりと優しい肌触りで体を包み込んでくれます。

日本製×最高の寝心地 国産ポケットコイルマットレスベッド

マットレスにはこだわりたいけど、予算もできるだけ抑えたい…。そんな方には脚付きマットレスベッドがおすすめです♪こちらは、シンプルでインテリアを選ばないポケットコイルマットレスベッド。搬入経路の狭さが気になる方には、分割タイプが◎。ポケットコイルタイプなので、点で体を支え、腰や肩への負担が少なく、体のラインにフィットしやすいです。ベンチレーター(通気孔)が設けられているので、湿気がこもりません。

安心の耐久性 ホテル品質 ポケットコイルマットレスハイグレードタイプ

高級ホテルの寝心地を自宅で味わえるポケットコイルハイグレードマットレスです。こちらの商品は通常のタイプよりもポケットコイルの数が多く、約1.2倍。それだけに理想的な寝姿勢を維持しやすくなっています。体圧分散性にも優れていて、体の部位ごとの重さに応じた沈み込みの変化があり、負担になりません。内部は7層構造。コイルの上にウレタンやフェルトなどの詰め物をたっぷり入れ、ふんわりとソフトな寝心地です。

高品質 フランスベッド製 端までしっかり寝られる純国産マットレス

端が落ち込まず、しっかり寝られる高密度連続コイルスプリングマットレスです。そのため、マットレス全体を広々使えます。弾力性、耐久性に優れたゼルトスプリングを使用。ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスのよさを兼ね備えています。寝返りが打ちやすく、体圧分散性にも優れ、隣で寝ている人の振動も伝わりにくいです。吸湿発散性もよく、湿気をため込みません。

寝返りしやすい ブレスエアー入りマットレス・両面タイプ

柔らかいのに寝返りしやすいというユニークな高級マットレスです。その秘密は、ZELT-EXスプリングとブレスエアエクストラシルキー。しっかりとした硬さがありながらも、ふくよかな柔らかさを保っています。これで就寝時間も至福の時間に♡熱にも強いですから、電気毛布を強で使用しても、傷みにくいです。湿気も効率的に逃し、一定の湿度を保つので、とても快適にお休みになれます。


まとめ

同じマットレスを買うのなら、高級なものがいい、そう思っている方も多いことでしょう。そこで今回はそんな高級マットレスの特徴や選び方、使い方のポイントをご紹介しました。

併せて、BED STYLEおすすめの商品も紹介しましたから、ぜひ自分にぴったりの1枚を見つけて、朝までぐっすり眠れる環境を整えましょう♪

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 女子にもおすすめ!素材別おすすめDIYベッド&作る時のポイント

  2. 北枕とは?縁起が悪いと言われる理由&期待できる効果を解説

  3. こんなお部屋ならお客さんも快適♡理想のゲストルーム実例

  4. 2022年最新♡海外のベッドルームインテリア事情

  5. 【リビング編】和と洋の良いとこどり!JAPANDIインテリア

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP