寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 720 view

すてきなインテリアは「上手な収納」にヒミツあり!

記事を作るためにインスタグラムを見ていると、すてきなインテリアに暮らす方々のお家はどこもいつも美しく整えられた空間であることに気づかされます。もちろん、インスタグラムに載せるために生活感が映らないようにされているのかもしれませんが、すてきなインテリアに暮らすお家はそんな生活感をうまく隠す「上手な収納」にヒミツがあるのではないかと思うのです。そんな「上手な収納」について今日は考えてみたいと思います。

生活感をどうやって見せないかが鍵

毎日暮らしを営んでいるわたしたちにとって、生活感とはあって当たり前のものです。生活感のあるものといえば、どんなものがあげられるでしょうか?
たとえば。。。
●脱ぎっぱなしの服や靴下
●読みかけの新聞やチラシ
●こどもが帰ってきて散らばった学校のプリント
●ごちゃごちゃ散らかる文房具
●こどものにぎやかなおもちゃ

などなど。そんな生活の息吹を感じるものはすべて生活感のあるものです。あって当たり前のこれらのものは、写真に写り込むとたちまち「生活感」を感じてしまいます。それらをどのようにうまく隠すか、「上手な収納」が試されることになります。

生活感を隠す収納アイデア

新聞の収納術

読みかけの本や新聞をリビングのチェストに収納しているというasukan2121さん。以前は大量にためてから処分されていたそうですが、場所も取るし重たくなると面倒くさくなるので、3日分だけこの場所に保管することにしたのだそう。

しっかりとした布製のおしゃれトートに新聞を収納されていchaminoieさん。新聞はあるとなにかと便利なのでしばらくは保管して場所が必要ですよね。一見インテリアに見えて実は、新聞が収納されているところがとても素敵です。

読みかけの新聞があるとどうしても空間に生活感が出てしまうところを、こんな裏ワザで!!これならパッと見たところ分かりません!素晴らしいアイデア収納術です。

生活感を隠す優秀アイテムは「かご」

中身が見えないかごは、ぽんぽん物を収納できて、なおかつ上手に生活感を隠してくれる優秀アイテム。きれいに整理整頓されたnorimmekkoさんのかご収納はまさにお手本のよう。同じテイストの「かご」で統一することで、よりきちんと感が増しています。

小道具が大好きなyumifuu76さんのかご収納も雰囲気があってとっても素敵。アンティークミシンの下のレトロなかごの中は裁縫道具かしら?と想いを馳せる暮らしには、とても味わいがありますね。


「ごみ箱」を隠して生活感を消す

生活をしているとどうしても出てしまう「ごみ」。それを放り込む「ごみ箱」はもちろん生活感が出てしまうのは当然です。でも中のごみが見えないタイプの「ごみ箱」をチョイスすれば、上手にインテリアと馴染ませることができます。

ごみ箱のふたが自動で開いて自動で閉まるごみ箱。
ふたがついていることで中身も見えず、生活感を上手に隠してくれるすぐれものです。カラーもピンクで可愛らしさ満点です♡

レトロな雰囲気も漂うふたつきのごみ箱。うちもごみ箱はすべて蓋つきと決めているのですが、開けるときのペダルがないのでふたの開け閉めがたまに面倒。laphroaig1988さんのごみ箱は開閉のペダルがついているのでとても実用的ですね。

まとめ

毎日きちんと暮らしているんだから、生活感が出るのは当たり前のこと。ですが、そんな生活感も上手に隠してしまうことで、お部屋の雰囲気はとても整った印象に変わります。生活感の出やすいものは上手に収納して、なるべくお部屋が散らからないようにする心がけが大切です。生活感をおさえた整ったお部屋になったら、自分の好きなものや花を飾る。そんな「ゆとり」がすてきなインテリアをうむポイントなのかもしれません。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【来客用布団セットの選び方】コンパクトで人気のおすすめ14商品

  2. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  3. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP