寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 20644 view

あなたは知ってる?睡眠の質を上げるマットレスと寝具選びのポイント

毎日使うベッドや寝具は、睡眠の質を左右するとても大切なアイテムです。高いからと料金面だけを見て購入してしまうと、疲れをとるはずの睡眠が逆に疲れを溜めてしまうということになりかねません。睡眠の質を上げるためにも、ベッドや寝具選びのポイントを押さえておきましょう。

マットレス選びのポイント

寝具の中でもマットレスは寝心地に関わる、1番大切な部分です。同じような体格であっても1人1人異なるため、いかに自分に合うマットレスを見つけるかが重要となってきます。ここでは、マットレスを選ぶポイントをご紹介していきますので、何を基準にマットレスを選べばよいか分からないという方はぜひ参考にしてくださいね。

自分に合っているマットレスを選ぶ

マットレスは主に次の6種類に分類できます。自分にはどのマットレスが合っているのか、それぞれの特徴を見ていきましょう。以下の特徴を押さえ、自分に合ったマットレスを探すことが大切です。

高反発ウレタンマットレス

就寝中の身体をしっかりと支えることができ、お手頃価格でお手入れもしやすく軽いのが特徴です。ロフトベッドや二段ベッドのマットレスとしても使えます。

国産 硬質プロファイルウレタンマットレス ハードタイプ 

凹凸のあるプロファイル加工で体圧分散してくれる高硬度マットレスをご紹介します。硬さもレギュラーかハードか好みに応じてお選びいただけます。沈み込みが気になる真ん中部分には硬めのウレタンを使用。腰をしっかり支えます。高さも6cm・8cm・12cmをご用意。カバーは吸水速乾生地で、毎日快適にお休みいただけます。

低反発ウレタンマットレス

耐圧分散性に優れており、身体が沈み込むような柔らかい寝心地です。長く使っていると、へたりが気になることがあります。

触った瞬間ひんやりサラサラ 接触冷感ひんやりマットレス

暑い時期に役立つ接触冷感のひんやりマットレス。ウレタンを発泡させる際に冷感ジェルを一緒に練り込んであり、触った瞬間ひんやりとした冷たさを感じます。こちらのマットレスの特徴は片面が低反発マットで、もう片面が高反発マット仕様なこと!その日の気分や体調で選べるリバーシブルタイプです。専用カバーも付いていて毎日清潔に使えるのも嬉しいですね。サイズはシングルです。

ポケットコイルマットレス

コイル1つ1つが独立しており、点で身体を支えてくれるため体圧分散性に優れています。振動が気になりにくいので、2人以上で寝る時に相手の寝返りが気になりません。

寝心地ふんわり ホテル品質 薄型ポケットコイルマットレス

体のラインにふんわりとフィットしてくれるポケットコイル仕様のマットレスです。厚みを12cmに抑えた薄型サイズ、高くなりがちな収納ベッドや低めのヘッドボードのベッドにピッタリです。コイルの上にたっぷりの詰め物を入れた9層構造で、ふわふわの気持ち良い寝心地を味わえます。ホテル基準の高品質マットレスです。

ボンネルコイルマットレス

コイルが連結しており、面で身体を支え硬めの寝心地です。寝返りが多い方や、体が沈み込む感覚が苦手な方に向いています。

両面仕様で使いやすい ホテル品質 薄型ボンネルコイルマットレス

こちらのマットレスも厚みが12cmの薄型サイズのボンネルコイルマットレス です。厚みがあるマットレスだとベッドの上り下りがしにくい、とお悩みの方におすすめです。ボンネルコイル使用で、しっかりとした硬めの寝心地です。防ダニ・抗菌・防臭効果のある日本産の素材を使用しているので、安心してお使いいただけます。

高反発ファイバーマットレス

近年注目されている素材で、通気性・耐久性がバツグンで硬めの寝心地が特徴のマットレスです。自宅で簡単に丸洗いできるので、いつも清潔に使用できます。アレルギーがある方にもおすすめです。

通気性の良い ホテル品質 薄型ファイバーマットレス

ポリエチレン樹脂を編み込んだファイバー仕様の薄型マットレスをご紹介します。通気性に優れ嫌なムレを逃がし、カビの発生を防ぎます。シャワーなどで丸洗いできるのも嬉しいポイント!毎日清潔な状態でお使いいただけます。こちらは高反発タイプですが、同じシリーズで低反発タイプもご用意。お好みでお選びください。

ラテックスマットレス

低反発と高反発の中間のような使用感で、柔らかい寝心地です。通気性がイマイチなので、除湿シートと併用するなど湿気対策は必須。天然ゴム由来のため、ゴムアレルギーの方は使わないようにしましょう。

自分に合ったサイズのマットレスを選ぶ

一般的にちょうど良いサイズは、自分の身体幅プラス30センチほどといわれています。狭いベッドで無理やり寝てしまうとベッドから落ちることもあるため、できるだけ余裕があるサイズのベッドを選ぶのがおすすめです。

マットレスの硬さと弾力を確認する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 040118935_g_011_m-1.jpg

マットレスを選ぶときに忘れてはいけないのが、硬さと弾力性です。

  • 硬め…沈み込みが少なく、腰痛持ちや体格の良い方におすすめ
  • 普通…敷布団に慣れている・仰向けで寝ることが多い方におすすめ
  • 柔らかめ…横向きで寝ることが多い方におすすめ

柔らかすぎるマットレスは身体が沈み込み、寝返りが打ちにくくなります。寝返りしようと力が入ることで、朝起きたときに疲れが取れていないといったことにもなります。

マットレスの通気性と耐久性を確認する

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 500026615_g_008_m-1.jpg

日本は湿気が多いため、カビ防止のためにも通気性に優れたマットレスを選ぶようにしましょう。また、耐久性が低いものはすぐにヘタってしまうため、購入するときはウレタンフォームの密度にも注目すると良いでしょう。

マットレスは購入後も、定期的に立てかける・向きを変えるといったことをして空気に触れさせることも忘れないでくださいね。

BED STYLEおすすめマットレス

自分のニーズにあったマットレスを選べば、毎日を快適に過ごせます。ストレスフリーな生活にピッタリなおすすめのマットレスをご紹介します!

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス ショートタイプ

長さ180㎝と一般的なマットレスよりも短いタイプですので、女性やお子様が眠るのにピッタリのサイズです。約7㎝の薄さではありますが、体圧分散性に優れたポケットコイル入りで、1人1人の体型に沿って身体を支えてくれます。寝返りをサポートしてくれる適度な弾力性も快眠の秘密です。1枚で敷き布団代わりに使っていただいても、床付き感のない寝心地を体感していただけます。

移動がラクラク 分割式マットレスベッド

マットレスもベッドフレームもリーズナブルに揃えたい!そんな方には、マットレスにそのまま脚を付けた、「脚付きマットレスベッド」がおすすめです。こちらは分割式のベッドなので搬入しやすく、狭いお部屋でも運び込めるため、引っ越しや模様替えなども楽にできますよ。脚の高さは、15・22・30㎝からお選びいただけます。ベッド下に収納するものや、ベッドに腰かけたときの座りやすさなどにより選んでください。

マットレス以外の寝具選びのポイント

睡眠の質を上げるためには、マットレス以外の寝具選びも重要です。では、それぞれどのようなことに注意して選んでいけばよいのか、詳しくみていきましょう。

敷きパッド選びのポイント

敷きパッドは、マットレスに直接汗や汚れが染み込むのを防ぐ効果があります。その素材はウール・コットン・ポリエステルといった素材です。

ウール

吸湿性・発散性に優れ、マットレスに余計な湿気をため込まない。価格は少し高め。

コットン

吸湿性に優れているが発散性は低い。こまめな洗濯が必要。

ポリエステル

吸湿性は劣るが、1番お手頃価格で洗濯してもすぐに乾く。

枕選びのポイント

理想的な寝姿勢が、まっすぐ立っている状態と同じといわれています。枕は理想的な寝姿勢を保ち、質の良い睡眠をとるため欠かすことのできないアイテムなので、次のポイントに注目して選んでいきましょう。

高さ

仰向け、横向きでも背骨がまっすぐになる高さが理想。高すぎる枕は首のシワや肩こり、低すぎる枕はめまいや肩こり、顔のむくみへとつながります。

素材

柔らかい枕、硬い枕と好みのものを選びましょう。洗濯しやすいパイプ素材やそば殻といったように、多くの素材があるので耐久性や通気性も考慮して、好きなものを選んでください。

サイズ

実際に寝てみて、自分が心地よく眠ることができる大きさを選びます。寝返りをしても頭が枕からはみ出したりしないかも確認しましょう。

掛け布団選びのポイント

掛け布団は重すぎると寝返りの邪魔になってしまうため、フィット感と軽さに注目して選ぶと良いでしょう。掛布団は次の2種類の素材が多く使われています。

羽毛布団、真綿布団

保温性に優れ寝返りを邪魔しない軽さで、フィット感と吸湿性もバツグンです。外からの温度も伝わりにくいため、掛け布団の中でも理想的な素材といえるでしょう。

合成繊維布団

ホコリが立ちにくいため、アレルギー持ちの方も安心して使用できます。中綿部分にポリエステルといった化学繊維を使用しており、羽毛布団に近い暖かさの布団も販売されています。

敷き布団選びのポイント

敷き布団もマットレス同様、寝心地に直接関わるので、体に合った敷き布団を選ぶことがポイントです。また敷き布団は床に直接敷くこともあるため、床からの冷気が伝わりやすくなる場合もあります。敷き布団を選ぶ際は保温性にも注目しましょう。敷き布団の素材には、主に以下の3種類が使われます。中綿の素材により寝心地が左右されるので、しっかり確認してください。

ウール

吸湿性・放湿性にすぐれ、弾力がありヘタりにくいのが特長です。ほかの素材に比べて高価ですが、夏は涼しく冬は温かく使えて、お手入れの頻度が少なくて楽などのメリットがあります。セーターのように虫に食われる可能性があります。また独特のニオイがあるため、ウール素材の敷き布団はしっかり洗浄されているかチェックしましょう。

コットン

コットンは繊維の1本1本が空洞になっており、保温性や吸湿性に優れています。使っているうちに段々と敷き布団がヘタってきますが、コットン素材なら打ち直して再び新品に近い状態に戻せるのも魅力です。コットン素材の敷き布団は放熱性があまりないので、カビやダニを防ぐためこまめに天日干ししましょう。

ポリエステル

保温性があり、防ダニ・抗菌加工をほどこしたものが多くあります。ホコリも出にくくアレルギーやぜんそくのある人にもおすすめです。ほとんど吸湿性がなく蒸れやすいため、吸湿性のあるシーツや敷きパッドを合わせて使うのがおすすめです。

シーツ選びのポイント

シーツ類はマットレスや布団のサイズに合っているものが基本です。目に入りやすいアイテムのため、デザイン重視で選びがちですが、毎日お肌に触れるアイテムでもあるので天然素材100%ものを選びましょう。

BED STYLEおすすめ寝具

ここからはBED STYLEがおすすめする寝具をご紹介します。さまざまな種類を取り扱っているので、自分に合ったものが見つかりますよ。

ベッドパッド

夏は涼しく冬は暖かく 洗える100%ウールの日本製ベッドパッド

暑い夏も寒い冬にも適切な湿度を調節してくれる、快眠へ導くウール仕様のベッドパッドです。安心と信頼の日本製で、羊毛の表面に特別な加工をしているため、自宅の洗濯機で洗えます。汚れてもすぐにお手入れできるので、小さいお子様がいる家庭でも安心して使えますよ。たっぷりボリュームのあるやわらかい寝心地で、快適な眠りをサポートします。

この一枚をプラスするだけ 寝心地が進化するV-LAPニットベッドパッド

こちらのベッドパッドは、今お使いのマットレスや布団にプラスして、寝心地を改善できる弾力性に優れた高機能繊維を使用しています。ヘタリが気になるマットレッスや布団を買い替えるのは面倒という方にもおすすめのベッドパッドで、これ一枚で寝心地の変化を実感していただけますよ。高密度の繊維ながら通気性にも優れた構造で、寝汗や空気中の湿気も素早く吸収、発散します。

ダニを通さずふわふわ続く気持ち良さ 洗える 防ダニ枕

こちらはアレルギーの原因となるダニをしっかり防ぐ枕です。素材にダニを一切通さない優れた高密度生地を、中綿には洗濯機で丸洗いできて耐久性が高い素材を使用しました。化学薬品を使っていないので、敏感肌の方にも安心してお使いいただけます。やさしいパステルカラー2色をご用意。ピンクとブルーからお選びください。

優しくフィットする低反発素材 睡眠の質を向上させるいびき軽減枕 本体

ポイントになるのは3つの特別構造。後頭部、側頭部にはしっかりと正しい姿勢をサポートしてくれる弾力性をもたせ、中央部分には気道が常に確保されるよう緩やかなカーブが頸椎を支えてくれるように設計しました。首筋が曲がったいびきの原因となる姿勢を防ぐフィット感が特徴です。フィットする分窮屈感を感じないよう、中材には低反発のウレタンを使用しました。柔らかすぎず、固すぎない包容力のある快適な使い心地です。

掛け布団

軽くてあたたか 9色から選べる シンサレート入り掛け布団

寝具専用のシンサレート高機能中綿素材を使用しています。細い繊維で空気を逃さないため、羽毛の2倍の保温力があります。ホコリが出にくいため、アレルギーやぜんそくがある方も安心してお使いいただけます。カラーは9色ご用意しました。アイボリーやナチュラルなどベーシックなものから、ワインレッドなどシックなものまで、インテリアに合わせてベッド周りをコーディネートしてください♪

ダニゼロを実現 子どもにやさしい丸ごと洗える日本製防ダニ布団 掛け布団

こちらはご家庭で丸洗いできる掛け布団です。耐久性や速乾性に優れた素材を使用しているので、繰り返し洗濯しても長く使えますよ。高密度のダニブロック生地を使用し、ダニゼロを実現しました。なめらかな肌触りで、朝まで心地よく眠れます。ふんわりと軽く、寝苦しさもありません。小さなお子さまにもおすすめです。

敷き布団

体圧分散 テイジンV-Lap使用 日本製 超軽量・高弾力敷布団

「V-Lap」はテイジンが開発した高機能繊維素材です。こちらの敷き布団は、ふかふかの寝心地と高い弾力性を兼ねそなえています。厚さは8cmで、もちもちした弾力性で体を持ち上げるように支えてくれますよ。寝ているあいだの姿勢を正しくキープし、大柄の男性でも安心の安定感があります。さらに防ダニ・抗菌防臭加工をほどこしているので、いつまでも清潔に使えます。

毎日干したての気持ちよさ 1枚で寝られるオールインワン敷布団

敷き布団・クッションマット・除湿シートが1つになった商品です。1番下の除湿シート層が、寝ている間にかいた汗や、床からの結露をしっかり吸い取ってくれます。独自のタテ繊維構造で体を高反発でしっかり支えるので、薄型ながら底付き感がなくフローリングに1枚敷いて使えますよ。軽いので干したり畳んでしまったりする動作が楽にできます。シングル・セミダブル・ダブルの3サイズ展開です。

シーツ

一年中快適 20色から選べる コットンタオル ボックスシーツ

ふわふわ・サラサラして、まるでタオルに包まれているような気分になれるシーツです。コットン100%の生地がふんわりと空気を含むので、寒い時期にもひんやりせず快適に眠れますよ。肌触りも良く、天然素材ならではの心地良さを味わえます。タオル地なので気軽に洗濯機で洗えますよ。カラーは20色展開です。同シリーズで掛け布団カバーや枕カバーもご用意していますので、寝室をトータルコーディネートしてみてください!

程よい光沢が美しい 9色から選べる ストライプサテン ボックスシーツ

寝室の雰囲気をワンランクアップさせたいなら、こちらのシーツがおすすめです。光沢のあるストライプ柄がすっきりと洗練された印象を与え、ホテルライクな寝室を演出できます。コットンとポリエステルを50%ずつ混紡した糸を使用しました。さらっと心地良い肌触りで、しわになりにくくお手入れしやすいのがメリットです。ロイヤルホワイトやブルーミストなど、寝室のインテリアなどに合わせて9色からお選びください。

布団セット

20色から選べる羽根布団8点セット ベッドタイプ

ベッドタイプの20色のカラーから選べる、ベッドタイプの羽根布団8点セットです。敷きパッド、ボックスシーツ、肌掛布団、掛け布団、枕、肌掛布団カバー、掛け布団カバー、枕カバーと全てがワンセットになっておりますので、これさえあればすぐにベッドでお休み頂けます。インテリアや好みに合わせてぴったりのカラーが必ず見つかる、おすすめの布団セットです。

極上の五つ星 ポーランド産ホワイトダックダウン 羽毛布団8点セット 和タイプ

こちらのセット商品に含まれる掛け布団は、上質なポーランド産のホワイトダックを90%とぜいたくに使用しています。保湿性が高く、冬でもポカポカ。さらに立体キルト加工をほどこしているので、縫い合わせ部分にまでしっかりと羽毛が入り込み、熱を逃しにくい工夫をしています。敷き布団はフカフカのわたと固わたの3層構造で、ふっくらと気持ちいい寝心地で、体もしっかり支えてくれます。さらに肌掛け布団や枕、カバー類に収納ケースまで付いた充実の8点セットです。

まとめ

睡眠の質を上げるベッド選びではマットレスはもちろん、寝具も機能性を考慮して選ぶ必要があります。現在、マットレスの寝心地が良くない・ぐっすり眠れないと悩んでいる方は、1度マットレスや寝具が自分に合っているのか確認してみると良いかもしれませんね。

一緒に読みたいおすすめ記事

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP