寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 26643 view

ワンルームに置いても圧迫感がない!狭い部屋用ベッドおすすめ12選

ワンルームマンションは部屋自体が狭く、ベッドを置くスペースも限られています。しかし、ワンルームだからとベッドを諦めるのではなく、高さを抑えたローベッドなどを利用することで狭い部屋でもベッドを使うことが可能です。

今回は狭い部屋にお住まいの方向けのベッドをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

ワンルームでベッドを使用するメリット

ワンルームには、ベッドを置くメリットがたくさんあります。まずは、3つのメリットについて紹介します。

収納スペースを確保できる

ワンルームのお部屋は、収納スペースが確保できず片付かないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

収納スペースを兼ね備えたベッドなら、衣類や小物などを上手に片づけることができます。ロフトべッドを置き、ベッド下を収納スペースにするのもおすすめです。

すぐに休むことができる

布団だと上げ下ろしをする必要があり、寝転びたい時にすぐに横になれません。ベッドだと疲れた時も、すぐに休むことができるので便利です。

また、寛ぎの時間には、腰を掛けてソファのように使うこともできます

おしゃれな空間を演出できる

ベッドをインテリアの1つとして、おしゃれな空間を演出することができます。

好みの雰囲気に合ったベッドを見つけて、自分らしいお部屋を作ってくださいね。

狭い部屋用ベッドの選び方

部屋が狭いと、ベッドではなく布団を使うという方もいらっしゃいます。しかし、狭い部屋だからといってベッドを諦める必要はありません。長さや幅に注目しながら、部屋のサイズに合うベッドを探してみてください。

ベッドの横幅

横幅が大きいベッドであれば、部屋のドア横にベッドを設置した場合にドアが開かないことにつながります。横幅が短いベッドを選ぶようにしましょう

ベッドの長さ

横幅と同様、長いベッドの場合はドアや家具が使いづらいということも考えられます。購入前には部屋の広さや、実際にベッドを置く場所を採寸しておくと安心です。

空間

スペースが限られている部屋の場合、ロフトベッドを使うとベッド下に大きな空間が生まれます。天井までの高さが重要ですので、こちらも予め長さをおくことをおすすめします。

横幅が短いベッド

横幅が短いベッドはセミシングルタイプと言われており、従来のシングルベッドに比べて10~20cmほど幅が短くなっています。

セミシングルベッドのポイント

ベッド幅は80~90cmほどで、シングルベッドよりもコンパクトなベッドです。女性なら寝返りもできるサイズですので、一人暮らしを始める女性には最適なベッドサイズとなっています。

鮮やかなナチュラルカラー コンセント・USBポート付き デイベッド

ワンルーム向けのスモールセミシングルサイズのデイベッドです。ヘッドボードにコンセント2口とUSBポート1口があり、充電もできます。トリコロールカラーのクッションはポケットコイル仕様で快適な座り心地。ソファとしても活用でき、壁にクッションを立てかけてくつろぎスペースとしても使えます。

見た目も目覚めもスッキリ 脚付きボンネルコイルマットレスベッド

こちらは横幅80cmの脚付きマットレスベッドです。マットレスのタイプはボンネルコイル。体を面で支え、程よい弾力があります。畳にお布団を敷いているような寝心地で、日本人の好みに合いやすいです。ボンネルコイル自体も通気性がいいですが、内部もLVLすのこになっていて、さらに通気性を増しています。このため、とてもさわやかで、さらっとした感覚でお休みいただけます。脚の素材はパイン材。強度にも優れ、使えば使うほど味わいが出てくる素材です。

空間の有効活用 日本製ヘッドレス大容量コンパクトチェストベッド (セミシングル)

ヘッドレス設計の収納付きベッドは、コンパクトな184cmで扉や窓が邪魔にならず、狭い間取りでも使えます。BOX構造の引き出しと収納スペースで大物の収納も可能。丁寧な作りで収納物を守ります。マットレスは5種類から選べ、睡眠にもこだわり。国内老舗家具メーカーの品質保証付きで、安心してご愛用ください。

長さが短いベッド

長さが短いベッドは、小柄な女性や子供が使いやすいサイズです。通常のベッド(マットレスサイズ)は長さ200cm前後なのですが、180cm前後という長さのベッドが登場しています。

ショート丈ベッドのポイント

ベッド自体の長さが短く、ドアとの距離もしっかりと確保することができます。身長160cmまでの方なら足がはみ出ることなく快適にお使いいただけますよ。

自由な収納 高さ調節・布団対応 天然木すのこベッド

見た目とは裏腹に、収納スペースとして大活躍してくれるすのこベッド。ベッド下スペースには収納ボックスやスーツケースなどを収納できます。ヘッドボードには目覚まし時計やアロマキャンドルなどをディスプレイできるのもポイントです。さらに自分らしいアレンジを加え、お部屋をスッキリと演出してみてはいかがでしょうか。こちらのベッドが一台あるだけで、ナチュラルかわいいお部屋の出来上がりです。

大容量 スライド収納付き コンパクトチェストショート丈ベッド (セミシングル)

こちらのベッドは大容量の収納スペース付きで、他の収納家具が不要です。幅83cm、長さ200cmのショート丈サイズは狭いお部屋におすすめです。ヘッドボードに2口コンセントがあり、スライド収納やベッド下の浅型・深型引き出し、長物収納スペースも備えています。

完成品女性に優しいおしゃれで可愛いコンパクト折りたたみショート丈ベッド (セミシングル)

開放感溢れるショート丈サイズのセミシングルベッドは、限られたスペースや女性に最適です。2層構造の10cm厚マットレスは寝心地抜群。組み立て不要で、折りたたみ式で移動や収納に便利ですよ。リクライニング機能も付いており、42段階で角度調整可能。使う場所も使い方も広がる、快適な暮らしをサポートするベッドです。

高さのあるベッド

ロフトベッドは狭い部屋用ベッドの代名詞とも言えるでしょう。高さのあるベッドとして、男女や年齢を問わず幅広い方から人気のベッドタイプです。

ロフトベッドのポイント

ベッド下に大きな空間を作ることができるのが、ロフトベッドの最大の魅力と言えます。趣味や仕事の空間として利用するなど、用途は無限大です。

スペースを最大限に有効活用しませんか 天然木脚パイプベッド ミドルタイプ

部屋のスペースが限られている狭い部屋だからこそ、ロフトベッドを使ってうまく空間を作り出す必要があります。高すぎないミドルタイプのこのベッドは、女性でも簡単にベッドに上がることができます。天然木を使うことで温かさを演出し、部屋のインテリアを邪魔しないナチュラルな雰囲気をまとっています。落下防止のサイドバーやメッシュ床は、ベッドを長く使うために不可欠な要素で、毎日の暮らしにちょうど良い大きさのベッドです。

スペースを最大限に有効活用しませんか 天然木脚パイプベッド ハイタイプ

ベッド下を有効活用できるハイタイプのベッドは、スチールと天然木の組み合わせがおしゃれ。収納スペースやくつろぎの小部屋に利用でき、通気性抜群で常に快適な寝心地です。サイドガードで安全性も確保。120キロの耐荷重で頑丈。サポートバーで横揺れやきしみを防止します。

高さを調節して空間を自由にアレンジ ロフトパイプベッド

こちらのベッドは高さが2段階で調節が可能なため、ベッド下空間をお好みに合わせて自由に使えます!収納スペースとして使ったり、ソファなどを置いて寛ぎの空間にもできますよ。ベッドには宮棚と2口コンセントも付いているので、小物を置いたりスマホの充電をしたりととても便利です。カラーブラックとホワイトの2色から好みに合わせて選ぶことができます。

高さを抑えたベッド

ロフトベッドとは逆に、高さを抑えたベッドも狭い部屋でお使い頂けます。ショート丈・セミシングルなどコンパクトなサイズを選ぶとより効果的ですよ。

ローベッドのポイント

ローベッドはとにかく高さがないため、圧迫感を感じることがありません。収納スペースはなくなりますが、部屋全体を広く見せてくれる効果があるため、狭い部屋用ベッドとしておすすめですよ。

布団感覚で使えるスーパーロー設計 棚・コンセント付フロアベッド

ゆとり空間が実現するベッドです。ほとんど布団のような感覚で使うことができ、部屋をすっきりとした印象に仕上げてくれます。ヘッドボードにはスマホ充電に便利なコンセントがあり、シンプルなデザインの中にもユーザーへの配慮が感じられます。強化樹脂による仕上げのおかげで、ベッドを永く使用できます。ウォルナットブラウンを含む3色展開で、いずれの色も部屋のインテリアに馴染むよう、ナチュラルテイストな色味です。

ウォルナット×オーク柄の美しさ 棚・コンセント付きローベッド

棚、コンセント付きのスタイリッシュなデザインが特徴のローベッドです。 カラーバリエーションはオークホワイトとウォルナットブラウン。オークホワイトは象牙のような優しい色合いが特徴。ウォルナットブラウンは木目の美しさが魅力です。表面はしっかり仕上げてありますから、汚れにも傷にも強いです。1口コンセント付きの棚がついているので、スマホの充電も可能です。

空間広がる暮らしに 棚・USBポート・コンセント付き北欧デザインローベッド (シングル)

北欧風デザインのローベッド。棚・コンセント付きで開放的な雰囲気を演出します。天井との間にゆとりがあり、限られたスペースでもぴったり。2台並べても圧迫感を抑えられるロースタイルで、木目調で優しい雰囲気を醸し出し、USBポートつきコンセントで充電もできます。

まとめ【ワンルームに合ったベッドを見つけよう】

ワンルームといった狭い部屋でも、ベッドを上手に選ぶことで部屋が広く感じられたり、収納があったりと、部屋の使い勝手も様変わりします。ショート丈、ロフトベッドなど、限られたスペースを最大限に活かすための狭い部屋用ベッドの種類は豊富に揃っています。用途や部屋の間取りに合わせて、最適なベッドをぜひ選んでくださいね。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 値段が高い敷布団を買う?安いもの?素材ごとの値段相場に注目

  2. 2人で寝るベッドは1台?2台?2人用のベッドの選び方をご紹介!

  3. <おすすめロフトベッド>ロフトベッドの特徴と失敗しない選び方

  4. ウレタンマットレスのメリット・デメリットを解説&おすすめ紹介

  5. 寝心地が変わる!マットレスの厚さとベッドとの関係性を徹底解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP