寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 1892 view

「気軽に腰かけられる」から「離れられない」ベッドに!

毎日使うベッドですが、眠る以外にもちょっと腰かけてみたりソファのようなリラックスできる場所ですよね。ベッドの高さも色々ありますが、ベッド一つで部屋の雰囲気が変わったりもします。そして腰かけるには一体どのくらいの高さがちょうど良いのか、ベッドを選ぶ時のポイントについて紹介します。

腰掛けやすいベッドの高さは?

ベッドはソファー代わりにもなるのでくつろぎスペースに早変わり。
この場合、ベッドに腰掛ける時の高さでちょうどいい高さが気になりますが、理想的な高さは身長×0.25です。身長160cmの方だと40cm前後が腰掛けやすい高さになります。
この高さはダイニングチェア・椅子の平均的な高さとほとんど変わりません。ですから椅子に腰かけるような感覚でベッドに腰をかけることができるようになりますよ。椅子に座るのと同じ感覚なので、立ち上がりも勿論軽々です。
マットレスの重みと布団の厚みを考えてから計算することがポイントですよ。

特に気を付けたいお年寄りのベッド

お年寄りはベッドから起き上がる際、低いベッドだとその分足に負担がかかってしまいます。
ですから負担のかからない丁度よい高さを選び、気軽に腰かけられる快適なベッドを選びましょう。

おすすめは高さ調整ができるベッド

高さが調整できるベッドは、自分に合わせた高さに変更できるのが特徴です。
ちょっと高さを変更したいと思った時などすぐに変えられるのでとても便利です。腰かけやすいのはもちろんですが、模様替えにも一役買ってくれるのが高さ調節可能なベッド。なんといっても高さ一つで部屋全体の雰囲気も変わるので気分に合わせたコーディネートまでもが可能になります。

ベッドの高さで最も重要なのは立ち座りの動作が楽かどうかです。ベッドに腰かけた時に膝を直角にした状態で足裏が楽につくような高さが理想です。高さがあることで腰かけやすくもなりますが、ホコリの影響を受けにくくなりますよ。ベッド下の空間が収納ボックスになっているタイプもあり、デッドスペースを有効に活用できるのでメリットが多いですね。

おすすめの商品

おすすめのベッド①

★ロングライフデザイン 高さ調節出来る棚・コンセント付すのこベッド (セミダブル)

ベッド下の高さを3段階に調整できる、棚・コンセント付きのすのこベッド。自分に合った高さに調整でき、ベッド下に収納もできるので、快適な寝室を作ることができます。

おすすめのベッド②

★ローからハイまで 高さ調節できる頑丈すのこファミリーベッド (連結タイプ)

ローからハイまで6段階の高さ調節が可能な、頑丈なすのこのファミリーベッド。ピッタリと連結することもできるので、家族で広々とご使用いただけます!お部屋の状況によって分割することもできます。

おすすめのベッド③

★天気を気にせず毎日干せる 高さ調節付き天然木すのこベッド (シングル)

3段階の高さ調節機能と、コンセントが2口ついた棚、さらに天気を気にせず布団を干すことができる機能性抜群のベッド。耐荷重も240㎏と頑丈で、ベッドの上で快適にお過ごしいただけます。

まとめ

腰かけやすいベッドについて紹介しました。私たちが毎日使っているベッドでも、その高さによっていかにくつろげるかが決まってきます。家に帰って気楽に腰かけられるようなベッドが理想ですよね。

その中でも特に高さに気を使うのはお年寄りです。足腰に負担が掛からないようなベッドを選びましょう。そして、自分の身体に合わせたベッドで、まるでソファのようなリラックスタイムが堪能できる「離れられない」ベッドにしてみてはいかがでしょうか?

一緒に読みたいおすすめ記事

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  5. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP