寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 10877 view

子供部屋には折りたたみベッドがいい?おすすめの理由とベッドを紹介

お子さんが一人で寝るようになるときに購入を考えるのが、子供用のベッドではないでしょうか?どのようなベッドが子供部屋に合うのか、布団のほうが良いのか、など悩んでしまう方もいらっしゃいますよね。折りたたみベッドは子供部屋におすすめのベッドの一つです。今回は、折りたたみベッドの魅力と、子供用のおすすめの折りたたみベッドを紹介します。

折りたたみベッドの良さとは?

まずは、折りたたみベッドの良さについて紹介していきます。折りたためることでどのようなメリットがあるのでしょうか?

コンパクトに収納できる

その名の通り折りたたむことのできるベッドなので、コンパクトに収納することができます。ベッドを使っていないときは、折りたたんで収納しておくことで、部屋のスペースを有効に活用することができます。

他のベッドに比べて安価

折りたたみベッドはシンプルなデザインのものが多く、他のベッドに比べると安価で購入することができます。リクライニング機能の付いたベッドは値段がやや高くなる傾向にありますが、マットレスもついていることを考えるとお得と言えます。

組み立てが楽

他のベッドと比べてパーツが少なく、自分で楽に組み立てられるのも良いところです。組み立ての所要時間はベッドにもよりますが、およそ15~30分と短く済みます。組み立てが苦手という方にもおすすめです。完成品として届けられるベッドもあり、組み立ての手間を省くこともできますよ。

なぜ子供部屋に折りたたみベッドがおすすめなのか?

続いて、なぜ子供部屋に折りたたみベッドがおすすめなのかを解説していきます。

スペースを有効活用できる

子供部屋にはクローゼットや机などベッド以外の家具も置くため、動けるスペースが意外と狭いと感じることもあるのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのが折りたたみベッドです。ベッドは寝るときだけ広げて昼間の時間帯は折りたたんでおくことで、子供部屋にスペースができます。

お友達と遊ぶときや、1人で過ごすときも広々と部屋を使うことができます。

掃除がしやすい

家具が多いと掃除するのも一苦労ですよね。大切なお子さんの部屋ですから、清潔に保っていたいものです。折りたたみベッドを収納すれば、掃除機掛けも楽にできます。さらにキャスター付きのベッドであれば、折りたたんだベッドの移動も簡単にできますよ。

布団が干しやすい

布団を乗せたまま折りたためるベッドであれば、外に布団が干せないときでも室内で布団干しができます。お子さんの睡眠がジメジメした布団で妨げられないよう、毎日布団干しができるのはうれしいポイントですね。

折りたたみベッドの種類

ここからは、折りたたみベッドの種類を紹介していきます。

すのこベッド

すのこベッドは、通気性がいいので布団やマットレスのカビの発生抑制に役立ちます。布団を衛生的に保つための湿気対策として、すのこベッドはおすすめです。

床に敷くロータイプ

ロータイプは床に直接置くタイプなので、ベッドから落ちるという心配はなくなります。小さなお子さんでも安心して使うことができますよ。

マットレス付き

マットレスとフレームが一体となっているタイプは、マットレスや敷布団を別途購入する必要がありません。リクライニング機能やキャスター付きのベッドも多くあるため、用途に合わせて選ぶことができます。

子供用の折りたたみベッドを選ぶポイント

最後に、子供用の折りたたみベッドを選ぶポイントを3つ紹介します。

通気性

子供たちは寝ている間にたくさんの汗をかきます。夏場は特に汗をかきやすいので、湿気対策は必須といえます。湿気の多い布団では寝苦しく感じてしまうこともありますし、カビが発生するなど衛生面でも良くありません。

通気性の良いすのこベッドを選ぶ、折りたたみが簡単にでき毎日布団が干せるベッドを選ぶことをおすすめします。

寝心地

一般的に、折りたたみベッドの寝心地は通常のベッドよりも劣ると言われています。マットレス付きの折りたたみベッドでは、そのマットレス次第で寝心地が左右されます。もし、寝心地が心配であれば、フレームのみの折りたたみベッドにして敷布団やマットレスは好きなものを選ぶという風に工夫すると良いでしょう。

リクライニングの有無

リクライニングが付いているベッドであれば、自分の好みの角度に調節できるため、ベッドの上でくつろいだり、ゲームや読書を楽しんだりすることができます。就寝時のベッドとして利用するだけでなく、日中の時間もベッドの上で楽しめるという点で、リクライニング付きのベッドはおすすめです。

まとめ

折りたたみベッドは、移動が楽にできコンパクトに収納することができます。掃除のしやすさや布団の干しやすさは他のベッドにはないメリットと言えるのではないでしょうか?様々な種類の折りたたみベッドが販売されており、好みに合わせて選ぶことができます。子供部屋に置くベッドとして、折りたたみベッドを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの商品

吸湿性に優れた天然桐使用 宮棚・コンセント付折りたたみすのこベッド

すのこの隙間から湿気を逃がしてくれる、通気性のよい折りたたみすのこベッドです。上質な天然桐材を使用していて、優れた調湿効果や防虫効果、断熱効果があります。こちらのベッドには宮棚が付いているので、スマートフォンや照明、インテリア小物などを置いておけますよ。さらにコンセントも付いているので、何かと便利です。塗料や接着剤を使用していないため、お子さんも安心。布団を乗せたまま布団干しも可能です。

場所を取らないコンパクト設計 折りたたみ式抗菌樹脂すのこベッド

こちらの折りたたみベッドは、木製のすのことは異なり抗菌樹脂性のすのこでできています。通気性が高いのはもちろん、カビやダニを強力ガードしてくれる優れものです。汚れてもさっと拭くだけのお手入れで、耐久性にも優れたベッドです。また、木材に比べて軽量なので、折りたたみの際や移動も簡単にできます。カラーは、お子さんの部屋に合わせて、ブルー、アイボリー、ピンク、ブラウンの4色から選ぶことができますよ。

敷くだけで簡単に湿気対策 檜仕様四つ折り式すのこベッド

こちらは手持ちの敷き布団の下に敷いて使えるすのこベッドです。敷き布団と床の間にすき間を作り、通気性をアップさせてカビやダニの発生を予防できます。いつでも布団を清潔に保てるので、汗っかきのお子さんにも安心ですね。素材には日本製のヒノキを使用しており、リラックス効果も抜群!さらにヒノキには断熱・調湿・抗菌効果など、高い機能性があります。耐荷重も180kgと頑丈なので、お子さんが成長しても使えますね。使わないときは4つ折りにして収納しておけます。

極上の寝心地 桐天然木ロール式すのこベッド

折りたたみベッドは半分に折りたたむものだけではありません。こちらは丸めてスッキリと収納することができる、ロールタイプのすのこベッドです。みやび格子すのこは、従来のすのこに比べて通気性が2倍となり快適さが増しています。体を点で支えるためゴツゴツしないのと、頑丈なためきしみ音がないのが特徴です。裏面クッション付きで、床を傷つけないのもうれしいポイントです。

完成品女性に優しいおしゃれで可愛いコンパクト折りたたみショート丈ベッド

ベッドの長さが約180㎝のショート丈のマットレス付き折りたたみベッドです。お子さんにピッタリのサイズ感で、部屋のスペースを圧迫しません。簡単にコンパクトに折りたたむことができ、キャスター付きで移動も楽にできます。厚み10㎝の高反発マットレスで寝心地にもこだわった折りたたみベッドです。ワンタッチで簡単に42段階のリクライニング調節が可能です。

寝心地重視の充実機能 リクライニング式折りたたみベッド

独自に開発したもこもこの形状で体圧を分散してくれるマットレスで、寝心地にもこだわった折りたたみベッドです。マットレスの表地はメッシュになっていて、通気性もよくサラサラとした触り心地です。ヘッド部4段階、背部14段階の計56通りの快適リクライニング機能付きです。サイドガード付きで、布団がずれ落ちる心配もありません。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  2. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  3. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

  4. セミダブルサイズは狭い?二人で寝るときのベッドサイズを解説!

  5. 【折りたたみすのこベッドの選び方】布団も干せるおすすめ6選!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP