寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 5464 view

幅100㎝のベッドはどんな人におすすめ?選ばれる理由も解説

ベッドを選ぶ時、大きさをどうするかは悩むポイントの一つではないでしょうか。この記事では、幅100㎝のベッドについて解説していきます。なぜ幅100㎝が良いのか、そしてこの幅のベッドをおすすめしたい人を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【幅100㎝のベッドは何サイズ?】

幅100㎝のベッドはシングルサイズです。一人用のベッドとしては最もメジャーなサイズで、男女問わず人気があります。長さは180㎝前後のショート丈、195~200㎝の通常丈、220㎝前後のロング丈があります。

【幅100㎝のベッドが選ばれる理由】

部屋全体への圧迫感が少ない

幅100㎝のベッドというのは、6畳の部屋に置いても圧迫感を感じにくい大きさと言われています。他の家具を置いても、問題なく生活動線を確保できるでしょう。

8畳の部屋であれば、ソファなど大きめの家具を置いてもゆとりが出ます。

寝返りがうてる十分な幅である

みなさんは、寝返りがうてる最低限のベッド幅をご存知ですか?それは、肩幅+両側20㎝です。日本人の男性の平均肩幅は約45㎝、女性は約40㎝ですので、男性は約85㎝、女性は約80㎝のベッド幅が必要ということになります。

これはあくまで最低限のラインですので、十分な幅を持たせるという意味では100㎝のベッド幅がおすすめです。

ボックスシーツや敷パッドの種類が豊富

幅100㎝のベッドというのは一般的なシングルベッドの横幅であり、ベッドの種類も多いです。

そのため、他のサイズに比べても、ボックスシーツや敷パッドの種類が豊富に販売されています。

【幅100㎝のベッドをおすすめしたい方】

ワンルーム一人暮らし

6畳のスペースに置いても圧迫感が出にくいのが幅100㎝のベッドです。そのため、一人暮らし用のコンパクトなお部屋にも置けるサイズです。

寝返りをうてる幅があるので、狭い幅のベッドだと窮屈に感じるという方にもおすすめです。

夫婦で並べて使う

パートナーの方と一緒に寝たいけど、同じベッドだと狭い、振動が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方には幅100㎝のシングルベッドを2台配置することをおすすめします。横にぴったり並べるとキングサイズよりも大きくなるので、ゆったりとした幅を確保できて快適です。

成長期のお子様

お子様が大きくなるにつれて、小さなベッドは使えなくなってしまいますよね。

始めは少し大きめかもしれませんが、幅100㎝のベッドを購入しておくことで、ベッドを買いなおす必要がありません。身長が伸びたとしても長く使用することができます。

【幅100㎝のベッドの種類】

部屋を広々と見せるロータイプ

ロータイプのベッドは、床と近いことから空間への圧迫感が少なくなります

部屋が狭くみえてしまう、窮屈に感じてしまうという方は、ぜひロータイプのベッドを選んでみてはいかがでしょうか?

並べて使うならシンプルな脚付きタイプ

脚が付いているタイプのベッドは、隣に並べて置きやすく、二人で使うのにも向いています

同じベッドを並べれば、統一感が出て、まるで一つの大きなベッドのように使うことも可能です。

部屋の収納が少ない方には収納付きベッドが便利

収納が付いたベッドには、衣類やタオル・シーツ類、本や漫画、雑誌など様々なものを収納することができます。

部屋のクローゼットが狭くて物が入りきらない、あるいは収納スペースがないといった方におすすめです。

うまく空間を使うならロフトタイプもおすすめ

ロフトタイプのベッドは、ロフトの下の空間を有効に活用することができます。勉強机を置いてみたり、衣類を収納したりしてもいいですね。

部屋が狭い場合、こうした高さのあるロフトベッドを取り入れることで、スペースを確保することができます。


【まとめ】

幅100㎝のベッドは、部屋への圧迫感が少なく、他の家具を置いても動線を十分に確保することが可能です。寝返りを十分うてる広さもあります。シングルサイズのベッドの一般的な幅であるため、ボックスシーツや敷パッドの種類も豊富です。

一人暮らしの方から、ご夫婦、お子様にもおすすめできるベッドと言えます。ベッドを購入される際には、幅100㎝のベッドを検討してみてはいかがでしょうか?

【おすすめ商品】

布団感覚で使えるスーパーロー設計 棚・コンセント付フロアベッド (シングル)

フレームの高さが6㎝のスーパーロータイプのこちらのベッドは、まるで布団で寝ているかのような感覚を与えてくれます。床と近いので、ベッドから落ちる心配もありません。高さを抑えているので、空間が広く見えるのも嬉しいポイントです。

シンプルデザイン 棚・コンセント付きデザインすのこベッド (シングル)

落ち着いたデザインのこちらの脚付きベッドは、ヘッドボードに2口コンセントがついており、スマートフォンやタブレットの充電に大変便利です。さらに、風通しの良いすのこ仕様で快適にお休みいただけます。脚付きなのでベッドの下も楽々お掃除できますよ。2台並べて使いやすく、ご夫婦にもおすすめです。

高級感のあるモノトーンカラー 棚・コンセント付収納ベッド (シングル)

高級感のあるモノトーンカラーの収納付きベッドです。部屋が明るい印象になるホワイトと、落ち着いた印象になるブラックの2色展開です。2杯の引き出し付きで、衣類などの収納が可能です。引き出しは左右どちらにでも取り付けられるので、部屋のレイアウトに合わせて変えることができます。

すっきり片付く 大容量収納ベッド 引出し2杯付 (シングル)

こちらのベッドは、ベッド下に引き出しが最大4つも入る大容量の収納が特徴です。引き出し4つ・2つ付きまたは引き出しなしの3タイプをご用意。衣装ケースを入れて使うこともできます。さらに、ケースに合わせて3段階の奥行き調節も可能です。床面高42㎝のハイタイプ、23㎝のロータイプの2タイプからお選びいただけます。

盛り沢山の工夫で思い通りにレイアウト あなた好みの空間に 階段付き ロフトベッド

階段つきのロフトベッドは、安心して昇り降りできるので、お子様や、はしごが不安という大人の方にもおすすめです。階段下には収納や趣味のものを飾って楽しめます。2段階の高さ調節が可能ですので、部屋の圧迫感が気になる方にもお使いいただけます。

寝返り防止のストッパー付きなので寝返りをうっても安心です。約50.8㎜の極太パイプで、揺れや軋みが怖いという方にも、安心してお使いいただける頑丈な作りとなっています。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  5. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP