寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 650 view

家計に嬉しい♡伸縮ベッドを取り入れるメリットご紹介します!

「伸縮ベッド」と聞いてもあまりピンとこない方も多いはず!ベッドの広さや高さを伸縮させられるベッドのことなのですが、実はとても家計に優しいんです。ベッド=家計に優しい?とハテナが沢山浮かんでいると思いますが、この記事を読んでいただければ納得していただけますよ♪最後まで読んでいただいたらその理由がわかりますので、是非ご覧くださいね♡

伸縮ベッドの魅力

ここからは伸縮ベッドの主な魅力を3つを解説いたしますね。

高さ調整可能!

ベッドの高さを調整できるタイプです。このタイプは小さなお子様にもおすすめ。落下の心配がある年齢にはローベッド。成長し、お部屋のスペースが必要になった際にはハイタイプに変化させることが出来ます。

長さ調整可能!

お部屋の広さや使う人の身長に合わせてベッドの長さを調整できるので、小さなお子様の居るご家庭に特におすすめ。長い期間お使いいただける作りになっていますので、ベッドの買い替え回数を減らすことが出来ます♪

スペース削減可能!

伸縮できる機能を使い、収納家具が備え付けられているベッドもあります。ベッド下に収納家具を配置することができますのでお部屋のスペースが有効活用できます。また、お手持ちの収納家具に合わせて高さを変えられるタイプもございますので、お部屋の模様替えの際にはベッド分の出費だけで済ませることも可能ですよ。

伸縮ベッドを取り入れるメリット

沢山の魅力が詰まった伸縮ベッド。その魅力の中でも特に感じるメリットを3つご紹介いたします♪

収納スペースを確保出来る

高さや長さの調整ができますので、その分の収納スペースを確保することが可能。収納スペースはどれだけあっても足りない!と感じるもの。ベッドのスペース分を収納にあてられたら沢山の物を収納することができます。「ここに置ける分しか物は買わない」と考えればミニマリストにも繋がり、家計に優しいライフスタイルが手に入りますよ♪

子供の成長に合わせることが出来る

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 040103730_g_001_bt_interior_m_m.jpg

伸縮出来る為、お子様の成長に合わせてベッドを使うことが出来ます。ベッドを成長と共に買い替えるのはなかなか家計に痛いものです。伸縮ベッドは長さや高さの調整が出来ますので、1度の購入で長い期間お使いいただけますよ♪

間取りが変わっても安心

引っ越しやリフォームなどで間取りが変わっても安心できる。それが伸縮ベッドのメリットの1つ。ベッドを間取りに合わせれば良いので買い替える必要がありません。その分、お好きな間取りやお部屋の選択肢が広がり、家計にも優しい選択ができるかもしれませんね。

伸縮ベッドのデメリット

沢山のメリットを踏まえてデメリットもご紹介いたします。デメリットも意識してどの選択が家計に優しいのかイメージしてみてください。

マットレスの調整が難しい

長さが調整できるタイプの場合、マットレスの調整が難しいことがあります。付属のマットレスが無い場合は、既存のマットレスや布団のサイズ調整が必要になってきます。セミオーダーのような形にもなりますので、コストがかかる場合も出てきます。

リネン類の選択が難しい

特にベッドシーツのサイズが難しいデメリットがあります。伸縮性の高いシーツを選ぶことによりマットレスのサイズに合わせることもできます。既存のシーツから選ぶ際は素材に注目して選んでみてくださいね。

組み立てが大変

機能性に優れているため、組み立てが大変な物もございます。長さや高さの調整にはネジやパイプを通常のベッドよりも多く使用しているので、どうしても工程が多くなりがちです。組み立てる際は、時間に余裕のある日を選びましょう。その際は手伝ってくれる人がいると、スムーズに組み立てることができますよ。

こんな人におすすめ

デメリットもある伸縮ベッドですが、デメリットを越える魅力を感じていただける方をピックアップしました。当てはまる方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

引っ越しをよくする人

頻繁に引っ越しをすると、間取りに困ることが多いと思います。インテリアの中でもベッドは大物家具になりますので、その分悩むことも。伸縮ベッドでしたら間取りにベッドを合わせれば良いので、お引越しの際も安心。間取りに合わせて買い替えるコストもかかりませんので、家計に優しい家具ですよ。

中でも伸縮機能付きソファベッドがおすすめです。省スペースで2つ分の家具機能を備えていますので、お部屋選びの幅が広がりますよ。

また、ソファとベッドは大型家具になるため、引っ越し費用にも関わってきます。もしかしたら、料金プランが安くなる場合も出てくるかもしれません。

小さなお子様がいるご家庭

成長に合わせてベッドを変化させることができるため、これから成長期を迎えるお子様にぴったりです。伸縮ベッドは買い替える回数を少なくすることが出来ますよ。家具にかけるお金を家族旅行にあてることも可能ですので、家計にも家族にも優しい選択肢です。

また、よくお子様のお友達とお泊り会をするという場合、伸縮機能付きソファべッドが便利です。リビングでワイワイしながら眠たくなったらベッドにしてそのまま就寝することができますよ。

変わった間取りにお住まいの方

デザイナーズマンション等、間取りの形を楽しむタイプのお部屋にお住まいの方にもおすすめです。後数㎝短ければここにベッドが置けるのに…という悩みを解消することができます。お部屋の雰囲気を大切にしたい空間だからこそ、理想の場所にベッドを置きたいですよね。お部屋の雰囲気を楽しむ自分時間を、より一層有意義にしてくれますよ。

まとめ

伸縮ベッドの魅力からデメリットまでご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。メリットから家計に優しいという理由も感じていただけたと思います。是非伸縮ベッドを取り入れて、家計に優しいお部屋作りにチャレンジしてみてください♪

おすすめの商品

ここからは家計に優しいお部屋作りができる、おすすめの伸縮ベッドとアイテムをご紹介いたします♪どのタイプが今のライフスタイルにぴったりかイメージしながらご覧いただけますと嬉しいです。

省スペースで簡単 天然木すのこソファベッド

天然木のパイン材を使用した北欧風ソファベッド。一見ソファ機能のみに見えますが、伸縮機能つきのため手前に引き出すとベッドに早変わり。頑丈なすのこの構造になっているため、耐久性にも優れています。フレームのみとマットレス付きをご用意。マットレスは持ち運びやすい2つ折りタイプ。来客時にさっと出せるので、お子様のお泊り会にも役立ちますよ。お色も2色からお選びいただけますので、お部屋の雰囲気に合わせてチョイスできるのもポイントです♪

スタイル自由自在で自分好みに作ることができる 伸縮型天然木すのこソファベッド

今敷布団をお使いの方におすすめできる、伸縮機能付きソファベッドです。布団付きのご用意ももちろんございますので、ベッドをお使いの方も安心してご覧くださいね。日中はソファとして、夜は座面を引き出し背もたれを倒してベッドに。敷布団は起床後の上げ下ろし作業がつきものですが、このソファでしたらその作業を無くすことができますよ。通気性の良いすのこを採用しつつ、お部屋のインテリアにも馴染むデザインに仕上げています。今までと同じ敷布団を使いながらソファもベッドも手に入れられる商品です♪

家具に合わせて自由自在 高さが選べるパイプミドルベッド

お好きな高さに3段階で調整できるパイプベッド。高さはベッド下に収納を設けることができる高さに設計されています。一番高くすればカラーボックスを入れる高さにまで調整可能ですのでお部屋をすっきり見せることができますよ。既にお持ちの収納家具を入れることもできますので、コストをかけずにお部屋の模様替えが可能です♪ベッド床にメッシュを搭載しているので、通気対策の安心ができるのもポイント。

ベッドの長さが調節可能 お部屋に合わせたピッタリロフトベッド

ベッドの長さを7段階で調整できるのロフトベッド。お部屋の間取りに合わせてお使いいただけますし、小さなお子様の成長に合わせることも可能です。ベッド下には広々スペースがございますのでソファやデスクを置くのも◎お子様の遊び場所にしても良いですね。別売りのマットレスは長さに合わせて調整できる作りになっています。マットレスのコストも抑えることが出来ますので是非ご検討くださいね♪

伸縮性抜群でシワ無くぴったり スーパーフィットシーツ

伸縮性に優れたマットレス用のシーツです。伸縮率160%と脅威の伸縮率を誇る商品。サイズ展開はセミシングル~セミダブルとダブル~クイーンの2パターンをご用意。伸縮ベッドにお使いいただけるサイズ展開になっています。長さだけではなく、マットレスの厚みにも対応可能なのも嬉しいポイント。シワもできにくいので、シーツのごろごろ感を感じずに睡眠が取れますよ♪

ベッドの長さと高さが調節可能 お部屋に合わせたピッタリベッド

長さと高さの両方が調整可能の伸縮ベッド。長さ150㎝~210㎝と幅広く対応していますので、成長期を控えたお子様に長くお使いいただけます。縦横とサイズ調整ができますので、変形の間取りにお住まいの方にもおすすめできる商品です。こだわりのインテリアを配置し、お部屋のリラックスタイムをより充実させることもできますよ♪

アレンジ次第で使い方いろいろ 天然木パイン材すのこ3段ベッド

お子様の成長に合わせてアレンジできる珍しい3段ベッドです。上中段はそれぞれ独立してお使いいただけますし、二段ベッドにすることも可能。その際2段ベッドの間の高さを調整出来るのが嬉しいポイントです。お子様が成長してきたら高さを設けてあげることができる設計になっていますよ。下段はお子様が小さい時には添い寝用として、大きくなったら収納スペースとしてお使いいただけます。高さの伸縮だけでなくスペースの伸縮も叶えてくれる、家族にも家計にも嬉しい商品です♪

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

  2. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  3. 同棲カップルにおすすめのベッド!長続きの秘訣はベッド選びにあり!

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【8畳レイアウト】ワンルーム一人暮らしにおすすめのお部屋実例

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP