寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 3199 view

<おすすめロフトベッド>ロフトベッドの特徴と失敗しない選び方

部屋にベッドを置いてスペースがなくなってしまった経験はありませんか?特に部屋が狭い場合は、ベッド以外の家具を置けなくなってしまうこともあります。

その点、ロフトベッドは空間の有効活用ができ、部屋が狭くて置けるベッドが限られている方にもおすすめです。

本記事では省スペースしたい方向けに、ロフトベッドの特徴と選び方をご紹介します!

ロフトベッドの特徴

ロフトベッドのメリット

ロフトベッドは高さがある分、空間を有効活用することができます。下のスペースは机やソファを置いたり、収納として利用可能です。物を収納してカーテンで仕切ると、生活感を抑えることができ来客時にも安心ですね。

ロフトベッドのデメリット

インテリアコーディネートにこだわりたい方の場合は、ロフトベッド以外のベッドにした方が良いでしょう。

ベッドの位置が高いため、どうしても布団や枕カバーなどは見えにくくなってしまうからです。布団の色やデザインと合わせて部屋のコーディネートを楽しみたい方には向かないかもしれません。

反対に、布団や枕などの寝具が見えない方がおしゃれに感じるなら、ロフトベッドでも問題はないでしょう。

ロフトベッドの注意点

ロフトベッドは冬暖かくて夏暑い

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500027941_g_0008_m.jpg です

ロフトベッドは高い位置で寝ることになりますよね。すると、季節によっては部屋の空気の影響を受けやすくなります。

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まるため、冬は暖かいのですが、夏は暑いことが予想されます。夏場はクーラーを利用するなど、部屋の温度を適切に調整しましょう。

ロフトベッドは組み立てが大変

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500041621_g_0009_m.jpg です

ロフトベッドは組み立てが難しいです。普通のベッドよりも組み立てに使うパーツが多く、床板を持ち上げて作業しなければならないので、一人でおこなうのは大変です。

また、組み立てにミスがあった場合、ベッドの耐久性が下がることもあります。安全に長くベッドを使うには、自力で組み立てるより、組立設置サービスを利用することををおすすめします。

ロフトベッドは基本的に一人用

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500029212_g_0005_m.jpg です

ロフトベッドは床からの高さがあるため、ベッドが壊れる、ベッドから転落するトラブル対策も考えて作られています。

しかし、耐荷重は100kg前後のものが多いので、基本的には大人一人用ということになります。子供が小さい場合、添い寝のため親がベッドに入ることはあるかもしれませんが、大人二人となると難しいでしょう。

添い寝が必要な子供にロフトベッドを考えている場合、耐久性に優れているものを選んでください。

ロフトベッドの選び方

素材は木製またはスチール製

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500029220_g_0023_m.jpg です

ロフトベッドの素材は、スチール製か木製がほとんどです。

スチール製はベッドが軽い、耐久性が高い、安価で購入できるというメリットがあります。ただ、荷重が同じ所にかかると、きしみやすくなることがあります。

一方、木製のロフトベッドは価格が高い分、寝心地はスチール製より良いものが多いです。

梯子タイプと階段タイプ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 500029220_g_0018_m.jpg です

ロフトベッドに入るには梯子か階段が必要です。昇降に支障がなければどちらでも構わないと思いますが、寝ぼけてつまづいたり、足を踏み外したりする事故の危険もあります。スペースに余裕がある場合は、階段タイプがおすすめです。

梯子タイプは階段よりも省スペースで安い傾向がありますが、体調が悪い時には不便に感じるかもしれません。

自身の普段の生活と行動を振り返って考えれば、ベッド選びに失敗しないと思います。どちらのタイプが使いやすいか、検討してから購入することをおすすめします。

まとめ

機能面が充実し、部屋のスペース節約にもなるロフトベッド。最近はデザインもおしゃれなものが増えていますし、これからますます人気になりそうです。

メリット・デメリットはもちろん、価格や素材、生活スタイル、室温や部屋の環境など、購入前に気になる点を洗い出しておき、後悔しない買い物をしてくださいね。

おすすめの商品

ロフトベッドの下にハンモックを設置するという新しい発想のベッド。ハンモックは使い方無限大。自分だけの隠れ家になります。 

ベッド下が大容量の収納スペースになるロフトベッドです。幅広ステップの階段なのでお子様でも安心です。収納ハンガーポール付き。

使い方の幅が広がるハイタイプ。デスクはもちろん、ソファなどの家具も余裕を持って置くことができます。天然木で木目の美しいデザイン。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年夏最新】すのこベッドの選び方&おすすめベッド18選

  2. 【ベッドのヘッドボード】種類と選び方を知っておしゃれな寝室に♪

  3. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  4. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  5. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP