寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 345 view

【3つの中から選べばOK】一人暮らしに最適なベッドサイズとは?

待ちに待った一人暮らし!でも、一人用のベッドサイズってどれを選べば良いのだろう?
そんなお悩みをお持ちの方も多いはず。本記事では、そんな疑問を解決するために一人暮らし向けのベッドサイズを詳しく解説します。おすすめの商品もご紹介いたしますので、ぜひ最後までお付き合いください!

一人暮らしにおすすめのベッドサイズは3つ!

結論から言いますと、一人暮らし用のベッドは以下の3つから選べば大丈夫です。
・セミシングル
・シングル
・セミダブル

各サイズの特徴を解説していきます。

セミシングル

セミシングル」はベッドサイズの中でも、1番小さなサイズです。特徴はなんといっても そのコンパクトさ。横幅は80〜90cmほど。

お子様や、小柄な女性におすすめできるサイズになります。多くの男性は、使うことができないサイズでしょう。

シングル

一人暮らし向けとして、もっともスタンダードなのが、この「シングル」サイズになります。横幅は約95cm。6畳ほどのお部屋であれば、ぴったり配置できます。

一般的なサイズのため、商品のラインナップが多く、自分好みのデザインを探しやすいです。迷ったときには、このサイズを選べば問題ないでしょう。

セミダブル

シングルより、少し大きくなったのが「セミダブル」サイズです。横幅は約120cm。ダブルと名前についているので、二人用だと思われる方も多いかもしれませんが、一人向けのサイズになっています。

ゆったりと余裕を持って眠りたい方や、体の大きい方におすすめできるサイズです

各サイズのメリット・デメリット

続いて、各サイズのメリットとデメリットを簡単にまとめていきます。

セミシングルのメリット・デメリット

セミシングルのメリット

「セミシングル」のメリットは、コンパクトなこと。ベッドが省スペースになることで、今までよりも部屋にゆとりが生まれ、生活しやすくなります。

部屋のスペースが限られている方にとっては、一層重宝するサイズになるでしょう。

セミシングルのデメリット

「セミシングルサイズ」のデメリットは狭いこと。やはりコンパクトな分、寝るスペースが限られてしまいます。小柄な方であれば、眠ることができますが、大人の男性が寝るのは厳しいでしょう

シングルのメリット・デメリット

シングルのメリット

「シングル」のメリットは、商品ラインナップの多さです。ベッドフレームだけでなく、マットレスなど他の寝具に関しても、「シングル」は多く、揃えやすいのが大きなメリットになります。

「セミダブル」などに比べると、価格も抑えめで購入しやすいです。価格、機能性、サイズ感など、バランスに優れたサイズになっています。

シングルのデメリット

「シングル」のデメリットは、体格が大きい方には少し狭く感じることです。シングルサイズの横幅は約95cm。ガッチリした体型の男性などは、窮屈に感じる可能性が高いです。そういった方には、「セミダブル」がおすすめ。セミダブルサイズでしたら、余裕を持って眠ることができるでしょう

セミダブルのメリット・デメリット

セミダブルのメリット

「セミダブル」のメリットは、寝るスペースが広いことです。「セミダブル」であれば、体の大きな方でもゆったりと眠ることができるでしょう

もちろん、小柄だけど広いベッドで眠りたいという方にもおすすめ。快適に眠りたい、睡眠環境に妥協したくないという方向けのサイズになっています。

セミダブルのデメリット

「セミダブル」のデメリットは、スペースをとってしまう点です。「シングル」とベッド幅を比べるとその差は約20cm。無視できないくらいの違いがあります。「セミダブル」のベッドを購入する際は、お部屋のサイズを確認してから検討するようにしてください。

一人暮らしにおすすめのベッドタイプ

一人暮らしにおすすめできるベッドタイプは以下の2つです。
・ロフトベッド
・収納付きベッド

順に解説していきます。

ロフトベッド

一人暮らしの定番アイテムといえば、ロフトベッド。デッドスペース限りなく減らし、空間を最大限に使うことができるので、部屋のスペースが限られている一人暮らしの方にとても向いています。

種類も豊富にありますので、自分好みのデザインもきっと見つかるでしょう。

収納付きベッド

収納付きベッドも一人暮らしの方におすすめです。収納力をお部屋にプラスすることができ、お部屋から収納アイテムを減らすことができます。

収納付きベッドを使うことで、余った空間に好きなアイテムを置くことができるようになったり、ものが散らかりづらくなったりと良いことずくめ。万人向けのベッドです。

一人暮らしにおすすめのベッドご紹介!

収納充実のヘッドボード スライド収納付き_大容量チェストベッド (シングル)

シングルサイズのチェストベッドになります。本商品の魅力はなんといっても圧倒的な収納力。収納スペースはなんと8つもあります。ヘッドボード部分にはスライド収納が。DVDやゲームソフト、漫画などを大量に収納可能です。浅型収納や深型収納もついており、洋服やバッグなども収納できます。また本商品はJIS基準の耐荷重も満たしており、頑丈な設計になっているので、安心してお使いいただけます。

お部屋を広々と使える ワンルームにぴったりなコンパクト収納ベッド (セミシングル)

セミシングルの収納付きベッドになります。非常にコンパクトなベッドですので、どんなお部屋にも設置が可能。レイアウトにも困りません。また、一般的な収納ベッドは横に引き出しがついていますが、本製品は足元に収納がついています。邪魔になりづらいため、スムーズな出し入れが可能。非常に使いやすいです。床板の下も収納スペースになっており、大きなアイテムも収納することができます。

シンプルに生活する スリム棚・多コンセント付き収納ベッド (セミダブル)

シンプルなデザインが魅力のセミダブルベッドです。スマートなデザインを採用しており、お部屋をクールに演出します。またヘッドボードには4つもコンセントが付いています。お好みのライトを設置できたり、スマホだけでなくタブレットも充電できたりと、幅広いライフスタイルに対応します。ベッド下には大きな収納もあり、収納力も抜群です。シンプルなデザインながら、豊富な機能が詰まった製品になっています。

安心な 階段ロフトベッド・ハイタイプ シンプル (シングル)

シングルサイズのロフトベッドです。本製品はロフトタイプでは珍しく、上り下りに階段を採用。梯子での昇り降りが苦手な方でも、安心してお使いいただけます。ベッド下のスペースは広く、自由なレイアウトが可能です。また本製品には、ハンガーポールが4本付属。ベッド下空間を部屋干し空間として使用したり、クローゼットのように使用したりすることができます。

4.5畳におさまる コンパクトショート丈ロフトベッド (セミシングル)

ショート丈のロフトベッドです。ロフトベッドの中でも、かなりコンパクトな部類に入る本製品。狭い部屋でも設置可能で、空間を最大限活かすことができます。二段階の高さ調節機能も付いているので、より自由な使い方ができます。設計も頑丈で、ベッドサイドには安全柵も完備。誰でも安心してお使いただけるベッドです。

まとめ

いかがだったでしょうか。繰り返しになりますが、一人暮らしに適したベッドサイズは「セミダブル・シングル・セミダブル」になります。それぞれメリット・デメリットがありますので、本記事を参考にしながら、自分にあったベッドを探してみてください。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 2022年最新♡かわいい寝室がつくれる女子おすすめのベッド12選

  3. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  4. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  5. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP