寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 3426 view

寝室は深めカラーがお洒落!大人におすすめのダークカラーインテリア

大人の寝室にぴったりなダークカラー。寝室に深めのカラーを取り入れるのが最近流行しているんですよ。

そこで、今回は深めカラーを取り入れた寝室コーディネートとおすすめ商品をご紹介します。大人におすすめのダークカラーインテリアがたくさん出てくるので、チェックしてみてください!

深めカラーを取り入れたお部屋実例

イエローを差し色に

ブラックやグリーンを使った寝室です。鏡に映っているように、ここに明るいイエローをプラスするとちょうど良い差し色になりますね。黒とのコントラストが綺麗です。

鏡の前には観葉植物もあり、バランス良く緑色を配置しています。このように、ダークカラーでまとめられたお部屋に明るい色や鮮やかな色を足すと、メリハリのあるおしゃれな空間になります。壁やインテリアが暗い色なら、クッションやベッドカバーの色を明るくしてみると良いでしょう。

こちらは、黒を基調とした空間にイエローを足したお部屋です。

壁や天井は白いのですが、カーテンやベッドカバーなどのファブリックインテリアには黒を使っているので、スタイリッシュな印象ですね。ここにあえてイエローを入れると、部屋の雰囲気が明るくなります。写真では寝具の他、天井とベッドサイドにある照明に黄色を取り入れています。それほどたくさん使っていなくても、黄色は目立つ色なので個性が出ますね。

グレーとブラック、イエローを組み合わせた寝室です。壁の色が2色あって色の合わせ方もおしゃれです。イエローは枕と椅子に使っていますね。

全体的には暗めの空間でクール印象です。そこにぱっと目を惹くイエローが入ると、ちょうど良いアクセントになりますね。イエローはブラックとグレーの両方にマッチするので、モノトーンカラーのお部屋におすすめです。

ベースはダーク、小物はナチュラルに

こちらは壁やベッドなど、全体をダークカラーでまとめた寝室です。シックな雰囲気が素敵ですね。

反対に、枕や小物はナチュラルなカラーで揃えています。ダークカラーの中にベージュのインテリアがあるとその色の明るさや柔らかい雰囲気が協調されます。お部屋の中を全部暗い色にするのもかっこよくなりますが、逆のイメージのカラーがあると、意外性もあっておしゃれに仕上がりますよ。

ブラックとブルーを合わせてデザインしたお部屋です。こちらもベースはダークカラーですね。

ここにナチュラル系のカラーを入れるとしたら、チェストやかごなどの小さめのインテリアがおすすめです。特にかごは色も素材感もナチュラルで、どんな色のお部屋とも相性抜群なんですよ。ブラックはもちろん、暗いブルーにも綺麗に映えていますね。

こちらはブラックをベースにしている寝室です。壁やベッド、ファブリックインテリアに黒を使用していて大人っぽい印象ですね。

しかし、よく見るとナチュラルな要素もたくさんあります。明るいブラウンの棚やエアプランツのグリーンが、部屋の引き締まった雰囲気を和らげてくれますよ。また、ベッド横にあるチェストは外側が黒で内側が明るい茶色の個性でおしゃれなデザインです。オレンジ色の優しいライトも素敵ですね。

ダークブラウンの壁が落ち着いた印象を与えますね。カーペットの色も壁と合っていて統一感があります。

ここに背の高い観葉植物をプラスすると、部屋の雰囲気がより温かくなりますね。また、ベッドフレームやサイドテーブルのデザインも木の素材感がダイレクトに感じられます。ダークブラウンのお部屋は、植物や天然木インテリアといったナチュラルなアイテムとも相性抜群なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

こちらはブラックを中心に使用したベッドルームです。黒だけだとクールなイメージですが、棚やベッドフレーム、チェストがナチュラルさもプラスしています。

ベースは暗い色ですが、ナチュラルなテイストの家具があると、空間の印象が変わりますね。棚の上に飾ってある絵も木の優しい質感とマッチしています。クールな雰囲気の中に木の温かみも感じられ、リラックスして過ごせそうですね。

ワントーンで攻める

重厚感のあるブラックでまとめた寝室です。全ての壁が黒いので、シックな雰囲気が出ています。高級感もあっておしゃれですね。

ベッドはグレーなので黒の引き締まった雰囲気を適度に和らげてくれます。お部屋をかっこよくワントーンコーディネートするなら、ブラックがおすすめですよ。

こちらはグレーでワントーンコーディネートした寝室です。

グレーはクールなイメージもありますが、ナチュラルさも出せる万能カラーなんですよ。壁やベッド、椅子をグレーで揃えて、統一感のある空間に仕上げています。落ち着いた雰囲気でぐっすり眠れそうですね。

深めグリーンも流行り

深めのグリーンでデザインした寝室です。ベッドとソファーのクッションにグリーンを使い、しっかり流行も取り入れていますね。枕のオレンジ色がアクセントになっているのもおしゃれです。

ダークグリーンは明るい色を引き立ててくれますよ。もともと緑色は寝室に合う色としても人気なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

こちらはベッドのグリーンが印象的な寝室です。壁や照明はグレーやホワイトでシンプルにまとまっています。

ベッドカバーに流行りのグリーンを使い、トレンドを抑えていますね。深い緑色とグレーのナチュラルさが絶妙にマッチしていて、ゆっくりくつろぐのに最適です。

おすすめ商品

それでは数ある商品の中から、おすすめのダークカラーインテリアをご紹介します!

空間をシックに贅沢に彩るこだわりデザイン ブラックモダンベッド

全面ブラックカラーのフレームがシックでスタイリッシュな印象のベッドです。引出し収納が付いており、小物をスッキリまとめる事ができる点が嬉しいですね!ヘッドボードにはコンセントが2口ついており、再度部分には隠し棚も施されております。ライトを取り付ければ一気にお洒落な空間に仕上がりますよ♪

開放的な気分 フロアベッド モダンライト・コンセント付

まるで高級ホテルのようなシンプルでモダンなデザインのフロアベッドです。フレームはブラックとウォルナットブラウンの2色ご用意しており、いずれも重厚感があり上品な色味となっております。ダークカラーはお部屋に圧迫感が出がちですので、このようなフロアタイプのベッドを置くとバランスが取れておすすめですよ♪

ラグジュアリーな空間で眠る モダンデザインベッド

こちらは高級感のあるレザー素材を使用したモダン調のベッドです。ところどころに入ったギャザーがとてもお洒落ですよね♪ヘッド部分はソファのように丸みを帯びた設計になっており、もたれかかって思い切り寛ぐ事ができます。かなり重厚感がありますが、床板にはすのこを使用しているため通気性が良く上手く湿気を逃してくれるような商品になっております。

まとめ

今回は深めカラーの寝室コーディネートを紹介しました。ダークカラーを使うと、部屋が一気に大人っぽくなります。差し色やナチュラルなアイテムを加えても、おしゃれな空間になりますよ♪

ダークカラーと言っても、決して部屋の印象がどんよりと暗くなるわけではありません。むしろ深めカラーを使うことで、心身共にリラックスできる雰囲気に変わります。寝る前の時間にゆっくりくつろぎたい方、ぐっすり眠りたい方は、寝室にダークカラーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【来客用布団セットの選び方】コンパクトで人気のおすすめ14商品

  2. ベッドスカートでおしゃれ度UP!使い方&メリット・デメリットは?

  3. 海外式!寝室がお洒落に見えるベッドメイキングのコツとは?

  4. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  5. 【一人暮らしの模様替え】5つのコツ!おすすめレイアウトもご紹介

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP