寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 22057 view

<ロフトスペースを有効活用!>ロフトにベッドを置くインテリア

最近の住宅でもよく設置されている“ロフトスペース”をみなさんはどのように活用していますか?収納に使ったり、書斎として使っている方がほとんどだと思います。またそれ以外にも、ロフトスペースを寝室にしたいと思っている方も多いのではないのでしょうか。

「ロフトスペースを寝室にしたいけど、ベッドを置くことはできるの?」

本記事ではそんな疑問を解決していきたいと思います!

ロフトスペースの広さは?

「ロフト」と聞くと、コンパクトなイメージを持たれる方も多いと思います。こちらでは、一般的なロフトスペースの広さについて解説していきます!

ロフトスペースの設計には、下記の通り基本のルールが3つあります。

天井の高さは1.4m以下
・ロフトに出入りする階の1/2以下の床面積でなければならない。
・固定式の昇降機をつけてはいけない

6~7畳のワンルームにあるロフトスペースの広さはだいたい3~3.5畳以下になります。

ロフトスペースにベッドは置けるのか?

ここまでは、一般的なロフトスペースの広さについてご紹介しました。ですが、そのスペースにベッドを置くことはできるのでしょうか?

結論から言いますと、ロフトスペースにベッドを置くことは可能です。最近では、SNSなどでロフトスペースを寝室にしている方を多く見かけます。

ロフトスペースの広さと天井の高さを考えると、下記のタイプのベッドを置くのがベストです。
・ベッドサイズは最大でもセミダブルまで
・ロータイプのベッド

ロフトにベッドを置くメリット

ロフトスペースを寝室にするメリットには、次のようなものがあります。

生活にメリハリがつく

まず、ロフトスペースを寝室することで生活にメリハリがつきます。「なんとなくベッドでゴロゴロしていたら時間が過ぎていた…」などといった経験がある方も多いはずです。寝室と活動するスペースを分けることで、より生産的な活動ができます

メインルームを広く使える

メインルームを広く使えることも大きなメリットになります。スペースが生まれることで、レイアウトに幅が広がることでしょう。

ロフトにベッドを置くデメリット

ロフトにベッドを置くことはメリットだけではありません。 ロフトにベッドを置いた場合、以下のようなデメリットがあります。

生活音が気になる

ロフトスペースは天井にかなり近くなっています。そのため、上に住んでいる方の生活音が聞こえやすくなってしまい、睡眠の妨げになる確率が高くなります。そういった場合は、耳栓などの騒音対策をおすすめします。

暑い

ロフトスペースは高い場所にあります。暖気はより高いところに流れていくため、ロフトスペースには暖気がたまりやすい傾向にあります。冬はまだ良い方ですが、夏はかなり気温が高くなってしまいます。

上り下りが大変

ロフトスペースに行くためには昇降機を用いて上り下りする必要があります。ロフトスペースを寝室にすると、これが毎日続くことになり、大変です。特に体調を崩している時は、落下の危険も伴います。

また、ベッドを設置すること自体も大変な作業となり、ベッドをロフトスペースまで運ぶだけでも一苦労です。 1人で運ぶのは大変危険ですので、必ず2人以上で運ぶようにしましょう。

まとめ

本記事では、ベッドをロフトスペースに置くメリット・デメリットとロフトのほか、下記のとおりロフトスペースにベストなベッドタイプをご紹介しました。

<ロフトスペースにベストなベッドタイプ>
●ベッドサイズは最大でもセミダブルまで
●ロータイプのベッド

ロフトスペースを寝室にすることには、メリット・デメリットがありますが、スペースを有効活用したいという方にはとてもおすすめです。是非、自分の生活スタイルを考えた上でロフトにベッドを置くインテリアを楽しんでいただきたいと思います!

おすすめの商品

本記事では、ロフトスペースを有効活用したい方向けに、ロフトにベッドを置くインテリアをご紹介しました。そこでこちらでは、ロフトスペースに置くのにぴったりなロー(フロア)ベッドをご紹介します!

上質な癒し空間 モダンライト・コンセント付き大型ローベッド

ロフトスペースにスタイリッシュなベッドを置きたい方におすすめなのがこちらのベッド。機能とデザインが融合したロータイプのダブルベッドで、開放的な空間でゆったりとお過ごしいただけます。ライトも付いているため、ロフトスペースに照明がない場合にも便利です!

洗練されたシャープなデザイン 棚・コンセント付フロアベッド

ロフトスペースにシンプルかつお洒落なベッドを置きたい方におすすめなのが、こちらのローベッドです。シャープなデザインと優雅なロースタイル設計が空間と心にゆとりと安らぎを与えてくれるフロアベッド。お洒落ながらもいたってシンプルなデザインになっているため、ミニマリストさんにもおすすめのアイテムです。実用性抜群のヘッドボード付き。

布団感覚で使えるスーパーロー設計 棚・コンセント付フロアベッド

ロフトスペースが狭めの方におすすめしたいのがこちらのベッド。圧倒的な開放感を与えてくれるスーパーロー設計のフロアベッドです。布団に近い感覚が日本人に馴染みのある心地よさを感じさせてくれます。部材も少ないので、ロフトへの搬入も楽です。こちらのアイテムがあれば、開放感のあるロフトスペースの出来上がり♡

スタンド式でラクラク室内干し 通気孔付きスタンド式すのこベッド

海外流のインスタ映えする寝室を目指す方におすすめなのが、スタンド式すのこベッド。お洒落なパレットベッド風空間を作ることができるアイテムです。敷布団を使用する場合、二つ折りにして立てることでその場で敷布団を干すことが可能。また、ロフト下で趣味を満喫したりする時には、立てかけて収納することも出来ますよ!

ソファのような寛ぎ感も ソフトレザーフロアベッド

こちらは、ベッドとしての癒しとソファとしての寛ぎ感を合わせ持ったベッドです。ソフトレザーで扱いやすく、床下はすのこ仕様になっています。お休み前のリラックスタイムには、ヘッド部分を背もたれにして読書や映画観賞などをすることができます。ソファーにもベッドにもなる一石二鳥アイテムで、優雅なベッドタイムをお過ごしください♡

直線が美しい 棚・4口コンセント付デザインフロアローベッド 

直線が美しい、シャープなデザインが魅力のこちらのベッドは、どんな空間をもお洒落に見せてくれる優秀アイテムです。斜めに傾いたヘッドボードは、背中をもたれてくつろぐこともできます。ロースタイルでスペースに限りのあるロフトスペースでも、ゆとりを持って置くことができます。お洒落で品のあるインテリアには欠かせないベッドです!

どっしりと且つお部屋は広々 頑丈デザインすのこベッド レギュラー 

インダストリアルインテリアからモダンインテリアまで、様々なテイストのインテリアに合うおすすめベッドがこちら。600kgという圧倒的な耐荷重を誇るすのこベッドです。頑丈さだけでなく通気性もいいので季節を選ばずお使いいただけます。布団可のベッドとなっているため、マットレス派・布団派両方におすすめです。

低さから生まれる余裕 ショート丈棚・コンセント付フロアベッド

こちらのベッドは、通常のベッドよりも-15㎝短いショート丈。小さく置くことができるので、今まで出来なかった配置にも挑戦できるかも!高さを抑えたロータイプで、圧迫感も軽減しました。自然なカラーでナチュラルテイストがお好きな方にも大変おすすめです!コンパクトで可愛らしい女の子に大人気のベッドです♡

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  2. 【8畳レイアウト】ワンルーム一人暮らしにおすすめのお部屋実例

  3. すのこベッドで快適なグランピングを☆レトロな空間でくつろげる「昭和ふるさと村」様に低床ベッ…

  4. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  5. 女子にもおすすめ!素材別おすすめDIYベッド&作る時のポイント

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP