寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 2703 view

【三つ折り式マットレスのおすすめ8選】メリット&選び方も解説

ベッドにマットレスを敷きっぱなしにしたくないと思っている人もいるでしょう。しかし、通常のマットレスは収納することができません。そこでおすすめするのが三つ折り式のマットレス。使わないときは三つに折って、クローゼットなどに収納できます。

今回はそんな三つ折り式マットレスのおすすめ商品をご紹介します。あわせておすすめマットレスのメリットや選び方も解説していきますので、ぜひチェックしてくださいね♪

おすすめの三つ折りマットレス8選

まずは、BED STYLEからおすすめの三つ折り式のマットレスをご紹介します。使いやすく、寝心地のいいマットレスを厳選しましたので、参考にしてくださいね。

※サイズはおおよその値となりますので、あらかじめご了承ください。

商品名サイズ・おすすめポイント
子ども向け ポケットコイル
マットレス コンパクトショート
✔サイズ:幅97×長さ180×高さ7cm(シングル)
✔おすすめポイント:
子どもの睡眠環境を考えて一から開発している
畳める ポケットコイル入り
敷布団マットレス ショートタイプ
✔サイズ:幅80×長さ180×高さ7cm(セミシングル)
✔おすすめポイント:
薄型でもポケットコイルの弾力を損なわない設計
寝返りがうちやすい
折りたたみマットレス
✔サイズ:(約)幅97×長さ195×高さ10cm(シングル)
✔おすすめポイント:
適度な硬さがあるので腰痛にお悩みの方にもおすすめ
ショート丈対応 コンパクト
マットレス三つ折り
薄型ポケットコイル
✔サイズ:(約)幅97×長さ180/195×高さ17cm(シングル)
✔おすすめポイント:
軽量設計で女性でも持ち運びが簡単
通気性の良い ホテル品質
薄型ファイバーマットレス
✔サイズ:(約)幅100×長さ195×高さ8cm(シングル)
✔おすすめポイント:
シャワーで水洗いができるので清潔な状態を保てる
国産ショート丈三つ折り
ポケットコイルマットレス
抗菌タイプ
✔サイズ:(約)幅80×長さ180×高さ10cm(セミシングル)
✔おすすめポイント:
最適な沈み込みを追求し、コイルの数・硬さを設計している
快適な寝心地を保つ
薄型三つ折り
ポケットコイルマットレス
✔サイズ:(約)幅97×長さ195×高さ7cm(シングル)
✔おすすめポイント:
床に敷いて敷布団としても使用できる
快眠を追求 国産三つ折り
ポケットコイルマットレス
✔サイズ:(約)幅80×長さ180×高さ10cm(セミシングル)
✔おすすめポイント:
体圧分散性に優れ自然な姿勢での眠りをサポートする

子ども向け ポケットコイルマットレス コンパクトショート

最初に、子供向けの三つ折り式のマットレスをご紹介しましょう。サイズはコンパクトショートのシングル。それほど大柄な子でなければ、ゆとりをもって寝られます。

マットレスの種類はポケットコイルで、硬め。体のラインに沿って沈み込み、理想的な寝姿勢をキープします。

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス ショートタイプ

ショートサイズマットレスをご紹介します。子供用ベッドや限られたスペースを有効利用したい1人暮らしにおすすめの商品です。薄型ながらもポケットコイルの弾力を保ち、体圧分散性を確保。

2段ベッドやアンダーマットレスとしてもお使いいただけます。お手持ちの寝具と組み合わせて使うにもぴったりです。

💭「ポケットコイル入り敷布団マットレス」の口コミ

薄いのにしっかりと体重を受け止めてくれて、良いクッションだと思います。

寝返りがうちやすい 折りたたみマットレス

底付き感のない10cmの高反発折りたたみマットレスです。すのこフレームや直接床の上に敷いても快適な寝心地使。適度な硬さで寝返りが楽にでき、腰痛に悩んでいる方にもおすすめ。

高い弾力性と復元性により体圧分散を実現。三つ折りになるのでコンパクトに収納できます。

💭「折りたたみマットレス」の口コミ

以前の敷布団用のマットレスは、使い終わったら圧縮袋にしまっていましたが、
このマットレスは、折りたたみができ、とても重宝しています。

ショート丈対応 コンパクトマットレス三つ折り薄型ポケットコイル

ショート丈とレギュラー丈の2種類から選べる三つ折り式のマットレスです。ショート丈の長さは180cmで、小さいベッドにもぴったりはまります。

マットレスタイプは薄型ポケットコイル。体を多くの点で支え、不快な圧迫感もなく、気持ちよくお休みいただけます。

💭「コンパクトマットレス」の口コミ

ベッドにピッタリサイズでした。硬さもちょうど良い。

動かし易く満足です。有難うございました。

通気性の良い ホテル品質 薄型ファイバーマットレス

3分割できる薄型のファイバーマットレスです。こちらのマットレスは、シャワーで水洗いでき、3分割構造のため扱いがしやすいのが魅力。

中材はポリエチレン樹脂。適度な硬さとクッション性がある中材で、寝返りも打ちやすく、快適な寝心地をもたらします。

💭「薄型ファイバーマットレス」の口コミ

思ったより固めな気がします。が、固めが好きなので商品としてはとても満足です。
ベットパッドも同時に注文しました。とても良い感じです。

国産ショート丈三つ折りポケットコイルマットレス 抗菌タイプ

寝心地はそのままの新三つ折り構造で、手軽に持ち運びができる国産ショート丈ポケットコイルマットレス抗菌タイプです。

快眠を作る中身の秘密は、ポケットコイルを使用したスプリング仕様で、薄くても寝心地の良さを追求。薄型でありながら底つき感もなく、快適な睡眠が実感していただけます。

快適な寝心地を保つ 薄型三つ折りポケットコイルマットレス

軽量な三つ折りポケットコイルマットレス。7cmと薄型ですが、床やベッドに敷いても底つき感なしの快適さです。布団やアンダーマットとしても使え、高さのあるベッドにも適しています。

3次元メッシュ生地で通気性良く、高密度ウレタンとポケットコイルが快適な寝姿勢をサポートします。

快眠を追求 国産三つ折りポケットコイルマットレス

新しい折り目のない構造の国産三つ折りポケットコイルマットレスです。薄型ながら底つき感を気にせず、体にふんわりとフィット。

三つ折りにできるので移動もラクにでき、二段ベッドや床直接敷くのにも適しています。中綿とポケットコイルで体圧を分散し、フィット感抜群の寝心地です。

三つ折り式マットレスのメリット

三つ折り式マットレスのメリットはどんなところにあるでしょうか、いくつか取り上げてみましょう。

コンパクトに収納できる

一般的なマットレスは、折りたたむことができないようになっていて、収納ができません。敷きっぱなしか、せいぜい立てかけるくらいです。

それに対して、三つ折り式のマットレスなら、簡単に折りたたみできますから、クローゼットにも押し入れにも収納ができます。ベッド上をきれいにお掃除したい、蒸れさせたくないという場合は、とても役に立つタイプです。

簡易ソファとして利用できる場合も

三つ折り式のマットレスの中には、簡易ソファとして利用できるタイプがあります。折りたたむと、座るのにちょうどいい高さになって、リラックスできるようになっています。

そのようなタイプは、寝るときはベッド上に敷き、昼間はベッドから降ろして、ソファにという使い分けができますね。

キャンプや車中泊で使えるタイプも

三つ折り式のマットレスは、ベッド上以外でも、キャンプや車中泊で使えるタイプもあります。

このような場所では、快適な寝心地をどう得るかが課題になりますが、三つ折り式マットレスを持ち込めば、その問題が解決する場合もありますね。

中材をローテーションできるものも

三つ折り式のマットレスの中には、中材をローテーションできるものがあります。ローテーションとは、頭部分・腰部分・足部分を入れ替えることです。

マットレスはどうしても腰からお尻のあたりがへたりやすい商品。ヘたったら買い替えの必要もありますが、腰部分と足部分を入れ替えることで、ある程度寝心地が復元しますから、しばらくは買い替えないで済むようになります。

自立させられる

通常のマットレスは、乾燥させようとすると、壁に立てかけなければいけません。

一方、三つ折り式のマットレスは、Z字型に自立するので、その場で(ベッド上でも)部屋干しができます。壁までもっていく手間が省けますね。

三つ折り式のマットレスの選び方

三つ折り式のマットレスの選び方のポイントをチェックしてみましょう。

厚さ

マットレスとして、三つ折り式を購入する場合は、厚さが8~10cmくらいのものがおすすめです。このくらいの厚さなら、底付き感もなく、気持ちよく寝られます。

もし他のマットレスやお布団と重ねて使うというのなら、厚さ5cm程度でも大丈夫。ただ、単体で使用するときにこの厚さだと、少し薄すぎるでしょう。厚さが20cm以上という三つ折り式マットレスもありますが、収納性がよくないので、あまりおすすめはできません。

耐久性

三つ折り式のマットレスを使っていくうちに、へたりが生じてきます。最初は弾力もあり、快適に寝られていたのが、へたって来ると少しずつ違和感が生じることも。

それを避けるためには、耐久性がいいタイプを選ぶのが◎。代表的なものとしては、高反発ウレタンや高反発ファイバーなどがあります。

寝心地

便利な三つ折り式のマットレスですが、寝心地についても要チェック。寝心地の良さを決める要素はいろいろありますが、一つの見方として、体圧分散性を確かめておきましょう。

体圧分散性のいいマットレスなら、体の各部位への負担が軽減され、気持ちよく寝られます。

価格と保証

価格が安いというだけで、三つ折り式のマットレスを選ぶのは良くありません。スペックについても見ておく必要があります。スペックと価格のバランスのいいものが、利用していて満足感が得られますね。

それから、保証も重要なポイント。保証なしでは安心ができませんから、保証ありを選びたいところです。

三つ折り式マットレスの疑問点にお答え

三つ折り式のマットレスの購入を考えているのだが、まだ分からない点があるという方もいらっしゃるでしょう。そのような方の疑問にこのコーナーでお答えします。

腰痛持ちでも使える?

三つ折り式のマットレスのタイプによっては、腰痛の方にふさわしくない場合があります。では、どんなタイプを選べばいいかというと、適度な厚さがあり、体の凹凸をしっかりカバーし、反発力がいいものです。

このようなタイプなら、寝返りも打ちやすく、腰への負担も軽くなっています。

床に敷いてもいい?

三つ折り式のマットレスは、ベッドに敷いて寝るのが一番いいのですが、床や畳に敷いてはいけないということはありません。

ただ、床や畳との間に湿気がこもりやすくなるので、除湿シートなどでの対策が必要です。

三つ折り式のマットレスの干し方は?

三つ折り式のマットレスをお布団のように天日干しする必要はありません。必要ないというよりも、熱に弱いタイプが多いので、やめておきましょう。

では、どうするかというと、自立させて、陰干しするだけで大丈夫です。1週間に1回くらい湿気を抜けば、カビも発生しにくくなります。

【まとめ】普段使い来客時など幅広く活用できる三つ折りマットレス!

収納性抜群の三つ折り式のマットレス。通常のマットレスにはない便利さがあり、とても使いやすい商品です。そんなマットレスをぜひ購入したいという人がいるかもしれないので、詳しい紹介をしました。この紹介も参考になさって、ご自宅のベッドにピッタリマッチする三つ折り式マットレスを選んでみましょう。

BED STYLEでは三つ折りマットレスを多数ご用意
ぜひチェックしてください!


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 寝室は真っ暗派?常夜灯派?照明の設置ポイント&おすすめ10選

  2. 【ブラウンで大人なベッドルームに】おすすめベッド&お部屋実例

  3. 【方角別】寝室にこそ「風水」を!運気アップのコツ&おすすめ

  4. 寝る時にブラジャー着ける?着けない?【美乳を目指す女子必見】

  5. 二人で小さなベッドで寝るのはNG!カップルにぴったりのベッドサイズとは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP