寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 4057 view

ファミリーにおすすめ!ゆったり眠れるキングサイズの布団をご紹介

洋風の生活が定着している現代でも、やはりベッドよりも布団がいい!という方は多いです。布団には、落下の心配がない・天日干しできて清潔・片付けておけるのでその分のスペースが自由に使える、といったメリットがあります。

ところで、敷布団にもベッドのようにサイズがあることをご存じでしょうか?小さな子どもがいるファミリー、ゆったり眠りたいという夫婦やカップルにはキングサイズの布団がおすすめです。ゆったり眠れるキングサイズの布団についてわかりやすくご紹介します。

キングサイズの布団とは?

キングサイズの布団は、シングルサイズの布団を2枚並べたのとほぼ同じサイズです。そのため、大人2人や夫婦と小さな子どもの3人でもゆったりと眠ることができると人気があります。キングサイズの布団とはどのようなものなのか、ご紹介します。

布団のサイズは5種類

布団のサイズは主に5種類あります。1人用の布団サイズとしてメジャーなシングルをはじめ、セミダブル、ダブル、クイーン、キングです。布団のサイズは一般的に幅で決まっています。中には身長160cm未満の小柄な人に合わせたショート丈や、身長180cm以上の人に合うロング丈もあります。

快適に眠れる幅からぴったりサイズの布団を選ぼう

布団のサイズは幅によって呼び方が異なるので、布団を選ぶ際には快適に眠れる幅から選ぶことが大切です。中でも誤解されやすいのが「ダブル」で、シングルに対してのダブルということから2人用サイズだと思われがちです。

しかし、実際はダブルサイズはシングルの2倍の幅がないので、2人で眠るのも良いのですが少し狭く感じる人が多いです。快適に眠れる布団の幅は、成人男性が85cm、成人女性が80cmです。寝る人数に合わせて布団のサイズを検討しましょう。

キングサイズの布団は大人2人でもゆったり

キングサイズは、ベッドであればホテルのスイートルームにも採用されることもあるサイズです。キングサイズの布団の幅は180cmあります。シングルサイズの布団を2枚並べたのとほぼ同じ幅があるので、大人2人でもゆったりと眠ることができます。また、小さい子どもであれば夫婦の間に挟んで一緒に眠ることも可能です。

キングサイズの布団のメリット

キングサイズの布団は幅が広く、大人2人で寝ても隣が気にならないほど余裕があります。家族で眠るのにもぴったりなので、川の字になって寝たい場合にもおすすめのサイズです。キングサイズの布団のメリットについてお伝えします。

子どもを真ん中にしてファミリーでも

キングサイズの布団の良いところは、大人2人でもゆったりと眠ることができ、真ん中に子どもをはさんでファミリーでも眠ることができることです。敷布団を2つか3つ並べて川の字になって寝ても良いのですが、布団と布団の間はどうしても隙間ができたり段差があったりして寝心地は決して良いとはいえません。

キングサイズの布団なら1枚の大きな布団になっているので一緒に眠れて寝心地も良いのでおすすめです。

布団カバーが1枚で済む

キングサイズの布団は布団カバーが1枚で済むのもメリットです。シーツが何枚もあると洗濯するのも一苦労ですが、キングサイズの場合は1枚だけで良いのでコストも管理も少なくて済みます。

掛け布団は別々でもOK

敷き布団のサイズに合うキングサイズの掛け布団があります。しかし、掛け布団は寝相の良し悪しによって取り合いになってしまったり、好みの寝心地が違ったりとトラブルにもなりかねません。キングサイズの布団でも掛け布団は別々でもOKです。それぞれの掛け布団を使えば快適に眠ることができます。

キングサイズの布団のデメリット

キングサイズの布団は夫婦やカップル、ファミリーで眠れて、寝具の枚数も少なくて済むので便利です。しかし、キングサイズの布団を買う前にメリットだけでなくデメリットもしっかりチェックして検討するようにしましょう。

8畳以上のスペースが必要

キングサイズの布団はシングルサイズの布団2枚分の大きさがあるので、ある程度のスペースが必要になります。キングサイズの布団を敷くなら、布団周りの導線も考えると8畳以上あるのがベストです。寝室に置く家具や部屋の形状によっても置けるかどうか変わってきますので、事前に確認することをおすすめします。

重くて干すのが大変

布団が重くて干すのが大変というのもキングサイズの布団で難しいポイントです。1枚の大きな布団のため、干すときもそのまま干す必要があります。シングルやセミダブルなどの布団を複数枚分けて干すのと比べると干すスペースも必要になります。キングサイズの布団を干せるかどうかチェックしてから購入するようにしましょう。

収納場所が必要

ベッドを使う場合はそれほど気にする必要がないのですが、キングサイズの布団は収納場所もある程度のスペースが必要になります。中にはベッドの下が収納スペースになっているものや、立てたすのこにかけて干せるものもありますが、分けて収納することができないため苦労する人もいます。

カバーの種類が少なめ

キングサイズの布団は、他のサイズの布団と比較すると流通量が少なめです。そのため、シーツの種類もそれほど多くありません。こだわりの素材や色などの希望がある場合は、好みのカバーとセットで購入することをおすすめします。

快適眠れること間違いなし!おすすめのキングサイズの布団

広々しているというメリットや収納しにくいといったデメリットがあるものの、キングサイズの布団は2人以上で一緒にゆったりと眠りたいという人に人気がある布団サイズです。快適に眠れること間違いなしのおすすめのキングサイズの布団をご紹介します。

羽毛のような暖かさ!高機能中綿素材入り布団8点セット

羽毛のような暖かさを実現したシンサレート高機能中綿素材が入った布団の8点セットです。羽毛の2倍の保温力があり、丸洗いすることも可能です。また、好みに合わせて9色から選ぶことができます。便利な収納ケース付きなので、あまり使わないときはすっきりまとめて片付けておくことも可能です。

5つのカラーから選べる、1年ずっと使えるフランス産フェザー布団セット

フランス産のフェザーを100%使用した豪華な羽根布団のセットです。5つのカラーから選ぶことができ、ナチュラルなテイストからモダンなテイストまで幅広く対応しています。夏に便利な肌掛布団もついているので1年中使うことができて便利です。また、使用しないときのための収納ケースも附属品としてついています。

洗濯機で洗える羽毛掛布団

羽毛布団といえば、なかなか洗えずクリーニングに出さなければいけないというイメージが強いのですが、こちらは洗濯機で丸洗いすることが可能です。夏は通気性に優れていて湿気や熱を逃がしてくれますし、冬は保温力たっぷりなので暖かいのが魅力です。しかも、フランス産の品質の高いダウンを使用しているので軽くて柔らかいので寝心地も抜群です。

2タイプの羽毛から選べる布団8点セット

羽毛のグレードを2タイプから選ぶことができる羽毛布団の8点セットです。暖かさを求める人にはグースダウン、羽毛布団が初めてという方にはダックダウンがおすすめです。9種類の色味から選ぶことができ、安心の3年保証もついています。また、掛け布団の生地にはコットンを100%使用しているので肌触りも抜群です。

ポーランド産マザーグース使用の最高級贅沢羽毛布団8点セット

せっかく布団を選ぶなら品質のよいものにこだわりたいという方におすすめの羽毛布団セットです。ポーランド産のマザーグースを使用しており、その暖かさはマイナス20度の環境下でも耐えうるものだといわれています。カラーはアイボリー、ブラウン、ブラックのおしゃれな3種類から選ぶことができます。敷布団がベッドタイプと和布団タイプの2種類から選ぶことも可能です。

まとめ

大きなキングサイズの布団は、大きすぎると感じる人もいるかもしれませんが「大は小を兼ねる」とよく言われます。みんな一緒に寝るなら快適さにもこだわりたいものです。キングサイズの布団でぐっすり眠りましょう。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. BED STYLEでの購入・支払いの方法まとめ!おすすめ5選も

  2. 意外と知らない!マットレスの測り方やベッドフレームサイズの調べ方

  3. <一人暮らしのベッド>シングルとセミダブルどっちのサイズを選ぶ?

  4. マットレス付きローベッド5選&向いている人やメリットも解説

  5. 安くておすすめのダブルベッド13選!選び方のポイントも解説

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP