寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 212774 view

「6畳の部屋にセミダブルベッド」置くことができるか徹底検証!

ベッドを購入する時、サイズはどのように決めますか?部屋の広さや体格で決める方も多いと思いますが「部屋が狭いから小さめのベッドにしておこう」と仕方なく小さいサイズで寝ている方はいませんか?そこで「6畳の部屋に広々サイズのセミダブルベッドを置くことができるのか?」と検証してみました。果たして結果は?

目次

1人用のベッドにおすすめのサイズ

1人で寝るベッドのサイズはどのくらいがいいのでしょうか。それぞれのサイズを見ていきましょう。

セミシングル

ベッド幅80~90cmのセミシングルサイズは、ベッドサイズの中で一番小さいサイズになります。寝返りをすることを考えると「肩幅よりも+40cm」の広さがあるといいと言われています。

そのため、セミシングルは子供や小柄な女性におすすめのサイズで、男性や身長160cm以上の女性には窮屈に感じるでしょう。

シングル

1人用ベッドで多く選ばれるサイズがシングルサイズです。肩幅の平均は一般的に男性45cm前後、女性40cm前後と言われているため、ベッド幅は約100cmあれば寝返りもできます。

しかし、体格のいい方にとっては少し窮屈に感じることもあるでしょう。

一般的なセミダブルベッドのサイズは、縦195cm×幅120cmとなっています。これはあくまでもマットレス部分の大きさのため、ベッド全体の大きさはフレームのタイプによって変わってきます。

また、ヘッドボード付きのベッドではベッドの長さが長くなります。

寝返りをしてもさらにベッド端までゆとりがありますので、ベッドから落ちる心配もなく広々と寝る事ができるでしょう。

6畳の部屋にセミダブルベッドを置くことができるか検証

1人用ベッドでおすすめのサイズは「セミダブルサイズ」です。しかし、「部屋が狭いからセミダブルベッドは置けない」「シングルサイズで我慢しよう」と考える方もいることでしょう。そこで、「6畳の狭い部屋にセミダブルベッドを置くことができるか?」という検証をしてみました。・・・果たして結果は!?

6畳の部屋の大きさ

畳の寸法は地域によって多少差があります。一般的な一畳の大きさは1.62㎡以上とされており、一畳の長さは「182×91cm」程度となります。

6畳の長方形の部屋であれば「348cm×261cm」となります。

6畳のワンルームに最低限置きたい家具

ワンルームで暮らす時、冷蔵庫や洗濯機などの生活必需品の他にどんな家具を置きたいですか?

6畳の部屋に置くとなると必要最低限に押さえたいですよね。例えば机は必要ですし、椅子やソファなど腰掛けるものがあるといいですよね。収納棚やテレビ台なども欠かせませんね。ベッドは置きたいけど部屋が狭くなるから諦めているという方も多いことでしょう。

これらの家具を6畳の部屋に置きながら、セミダブルベッドを置くことはできるのでしょうか?

6畳の部屋にセミダブルベッドを置いた想定図

こちらは、6畳の部屋にセミダブルベッドを置いた想定図です。

ベッド横にはテーブルとソファを並行に置き、対面にはテレビ台を設置。ベッドとソファはピッタリとくっついていますが、ベッドから降りる際のスペースも充分に確保できていますね。

セミダブルベッドを置いた際、反対側は約150cmのスペースを確保できることが分かります。

1人掛けは勿論のこと、ソファは2人掛けサイズまで置くことができますね。テーブルまで大きくしてしまうと窮屈になりますので、このようなコンパクトサイズがおすすめです。

アップにするとこのようなイメージになります。

ベッドの圧迫感もなく、過ごしやすそうなお部屋に仕上がってますよね。このように、色味はホワイトやグレー等明るめのもので統一することでスッキリとして見えます。

こちらは、ソファやテレビ台の他にデスクも合わせて設置した例です。

ベッドの足元にソファとテーブルを、ベッドサイドにデスクとテレビ台を壁付けにして設置しています。長方形のお部屋に合わせて、デスクも細めのタイプを壁付けにすれば充分スペースを確保することができます。

こちらのように、幅が150cmあることを想定してデスクを選びましょう。

150cmからデスクの幅を引いた長さが通路になります。横長のタイプを選ぶと、この部屋のようにスッキリとして見せることができます。

アップにするとこのようなイメージになります。

ベッドとデスクの間には充分なスペースがあり、導線もしっかり確保できています。テレビがベッドとソフアの間にあるので、どちらからでも見やすく使い勝手が良さそうですね。

検証結果!「6畳の部屋にセミダブルベッドを置くことができる」

6畳の長方形の部屋であれば「348cm×261cm」となり、セミダブルベッドの大きさは「195cm×120cm」です。部屋の長辺とベッドの長辺を合わせて置くことで、ベッドの横に「150cm前後」のスペースができます。150cmの空間があれば机を置き床に座ることもできますし、棚やテレビ・椅子を置くこともできます。

つまり、「6畳の部屋にセミダブルベッドを置くことができる」という結果になります。

ちなみに、8畳ワンルームにセミダブルベッドを置いたレイアウト解説もあります。ぜひこちらの動画もご覧ください♪

6畳の部屋にセミダブルベッドを置く時の対策

6畳の部屋にセミダブルベッドを置く際に、少しでも部屋を広く使うための対策があります。その中からおすすめの方法をご紹介します。

大容量収納ができるベッドを置く

クローゼットの他にも部屋の中に収納棚があると便利ですよね。しかし、収納棚を置くとその分部屋が狭くなってしまいます。そこでおすすめなのが「大容量収納ができるベッド」を置くことです。

例えば、チェストベッドと言われるベッドとたんすが一緒になったベッドを置くことで、クローゼットと同じくらいの収納ができます。引き出しが付いているため小物や洋服も収納できますし、オフシーズンのカーペットなど長物収納もできて便利ですよ。

チェストベッドの他にも「跳ね上げ式収納ベッド」もおすすめです。跳ね上げ式タイプは床板部分をラクに持ち上げて収納できますので、引き出すスペースが不要となります。横開き・縦開きがありますので、ベッドの壁付けもできてレイアウトに合わせて選ぶといいでしょう。

仕切りがないため、クローゼットからあふれ出た扇風機やスーツケースなど大型のものも収納できて便利です。

ヘッドレスベッドで長さを抑える

ヘッドボードが付いていないベッドのことをヘッドレスベッドと言います。ヘッドボードが付いているベッドでは、ヘッドボードの分だけ10~15cm程ベッドの長さが長くなります。そのため、ベッドを省スペースで置きたい場合はヘッドレスベッドを選ぶといいでしょう。

高さの低いベッドを置くことで圧迫感を感じない

6畳の部屋にセミダブルベッドを置くと、ベッドの大きさで圧迫感を感じることがあるでしょう。そんな時は高さの低いベッドを置くことで、ベッドが視界に入らずに開放感が出ますよ。高さの低いベッドには床からの高さが20~30cmのローベッドや、床に床板・マットレスが密着したフロアタイプのベッドがあります。

脚のないベッドはベッド下にほこりが溜まりにくく掃除の手間が省けるというメリットもありますね。

ベッドフレームのないマットレスベッドを置く

セミダブルベッドの大きさは120×195cmですが、ベッドフレームの大きさを入れるとプラス20cmになるものもあります。そこでおすすめなのが、ベッドフレームのない「マットレスベッド」を置くことです。マットレスベッドとは、寝る部分のマットレスに脚が付いたタイプになるので、ベッドフレーム分の広さが不要となり「120×195cm」の最小スペースでベッドを置くことができますよ。

夜寝る時だけ使う折りたたみ式ベッドを置く

折りたたみ式のベッドを使うことで、日中はソファや床で広々と過ごすことができます。ベッドを折りたたんで収納することで部屋の掃除もしやすいですし、模様替えもラクにできます。来客時にはベッドの生活感が見えないというメリットもありますね。

日中もソファのようなレザーベッドでくつろぐ

ベッドもソファも置きたいという方にはレザーベッドがおすすめです。レザーベッドとは、木製のベッドフレームにレザー(合成皮革)を貼った素材で、やわらかく肌触りがいいという特徴があります。床で過ごすスペースが狭くてもレザーベッドを置くことでベッドサイドに腰掛けたり、ヘッドボードにもたれかかるとまるで極上ソファのような感覚でリラックスできますよ

レザーの素材は光沢があり、ギャザリング加工などおしゃれなデザインも多いため、ベッドを置くだけでインテリにもなります。ホテルのような一室を作ることができ、来客時には最高のおもてなしができるでしょう。

ロフトベッドでベッド下に居住スペースを作る

ロフトベッドとは、床から高い位置に寝るスペースがあり、ベッド下に居住スペースを作ることができるベッドです。

ベッドの高さはタイプによって様々で、ベッド下に収納をするロータイプ、ハンガーポールが付いてクローゼットのように使うミドルタイプ、ベッド下にソファや机を置くことができるハイタイプがあります。ベッド下をどのように使いたいかによって高さを選ぶといいでしょう。高さの調節ができるタイプもあります。

はしごや階段を使ってベッドの上段に上って寝ますので、来客時には生活感が見えないというメリットもあります。

6畳の部屋におすすめのセミダブルベッド15選

それではいよいよ、BED STYLEがおすすめする「6畳の部屋にも置けるセミダブルベッド」をご紹介します!

クローゼットが狭い方におすすめ「チェストベッド」

コンパクトだけどタンス並の収納力 シンプルチェストベッド

浅型引き出し4杯・深型引き出し1杯・長物収納が付いたチェストベッドです。たんす並みの収納力があり、このベッドがあればお部屋に収納棚が不要になりますよ。ヘッドレスなので場所を取らず、省スペースでセミダブルベッドを置くことができます。こちらは薄型のマットレスを一緒に購入できます。

高品質でこだわりの収納 本棚付チェストベッド ダークブラウン

引き出しの他にヘッドボードを活かして本棚と隙間収納をプラスしたチェストベッドです。チェストベッドの中でも特に収納力が高く、衣類やスーツケース、漫画やDVD等をこれひとつで全てスッキリ片付けることができます。クローゼットが狭いという方には最適なベッドとなっております。

扇風機やスーツケースも収納できる「跳ね上げ式収納ベッド」

通気性の良い 棚コンセント付大容量跳ね上げベッド 横開きタイプ

ベッド下一面に収納ができる跳ね上げベッドです。収納容量はレギュラー、ラージ、グランドから選べ、床板は通気性のいいすのこタイプになっているため収納スペースの大切なものをカビから守ります。跳ね上げタイプは縦開き・横開があり、薄型のヘッドボードには便利なコンセント付きです。

布団が干せて快適 国産頑丈すのこ跳ね上げ式大容量収納ベッド

こちらは、床板を利用して布団を干すことができる跳ね上げ式ベッドです。ベッド下は仕切りがないので、小物から長物、スーツケース等もしまっておくことができます。床板はすのこ仕様になっており、通気性抜群。スタンドさせて布団干しとして利用できますので清潔な状態を保つことができます。

開放感あふれるシンプルな「フロアベッド」

開放的な気分 フロアベッド ヘッドレスタイプ

ベッドフレームにマットレスを落とし込む形のフロアベッドです。高さの低いベッドを置くとお部屋に開放感が出ます。床板は通気性のいいすのこタイプでマットレスや床をカビから守り快適なスペースを作り出しますよ。シンプルな作りで、組み立ても簡単。女性の一人暮らしでも安心です。

布団感覚で使えるスーパーロー設計 棚・コンセント付フロアベッド

「低さ」にとことんこだわったこちらのフロアベッドは、布団感覚で使用できます。フレームの厚みはわずか6cmとお部屋に圧迫感を生みません。ヘッドレスですが、平面タイプのヘッドボードを付けております。コンセント付きなので、照明を置いたりスマホを充電することも可能です。

ホテルのようなお洒落さを演出できる「ローベッド」

上質な癒し空間 モダンライト・コンセント付き大型ローベッド

ヘッドボードにオシャレなモダンライトが付いた、高級感のあるセミダブルローベッドです。シンプルな作りですが幅が12cmあるので、スマホや本を置いてサイドテーブルとして使うこともできますよ。カラーは木目調がオシャレなウォルナットブラウン・高級感のあるブラックから選べます。

空間広がる暮らしに 棚・USBポート・コンセント付き北欧デザインローベッド 

北欧風デザインのローベッドは圧迫感が出ないよう、ヘッドボードもスマートな設計に。幅は10cmありますので、本やお茶を置くことができます。すのこ仕様で、通気性は抜群。木の暖かみを感じられ、ナチュラルなお部屋に仕上がります。カラーは、お部屋に溶け込む3色展開です。

省スペース&シンプルデザインの「マットレスベッド」

移動がラクラク 分割式マットレスベッド

最小スペースでセミダブルベッドを置くならマットレスベッドがおすすめ。本製品は搬入や部屋の模様替え時に嬉しい分割式です。8本脚でマットレスをしっかり支えますので、寝返り時もきしみや揺れが気になりません。マットレスの継ぎ目が気になる方には専用敷きパットとボックスシーツのセットも購入できます。

すっきりデザイン ベーシック脚付き 国産ポケットコイルマットレスベッド

シンプルでスッキリとしたデザインが特徴的なマットレスベッドです。ノンホルムアルデヒドのニット素材で、赤ちゃんでも使える高品質を誇っています。壁づけしてクッションを置けば、ソファのように使用することもできます。脚の長さは3タイプあるので、間取りやベッド下の使い方に合わせてお選びください。

室内で布団が干せる「折りたたみ式すのこベッド」

365日風を通して快適な寝心地 檜仕様二つ折り式すのこベッド

布団派の方におすすめのセミダブルベッドが、折りたたみ式すのこベッドです。すのこベッドは空気の通り道ができカビから布団を守り、二つに折って立てかけることで室内に布団を干すことができますよ。毎日布団に風を通すことができ、カラッとした快適な寝心地になります。

1年中湿気から守る 天然桐材二つ折りすのこベッド

桐素材の折りたたみすのこ式のセミダブルベッドです。人は寝ている間にコップ1杯の汗をかくともいわれています。こちらの商品なら桐が持つ調湿効果や抗菌効果により、通気性がよく湿気をしっかり放出し、清潔に使えますよ。2つ折りにできるので、ちょっとしたすき間に保管したり、山型に固定して部屋干しするのに便利です。

ソファのように贅沢にくつろげる「レザーベッド」

余裕の空間 高級感のあるモダンデザインレザーフロアベッド

極上ソファのようなふっくらとしたヘッドボードが特徴のレザーベッドです。ロータイプでお部屋に開放感を生み出し、サイドフレームはシンプルでスッキリと見えます。床板は通気性のいいすのこタイプとなっていますので湿気対策も安心ですよ。6畳のワンルームが見違えるほど上質な空間に変わりますよ。

卓越された曲線美 モダンデザイン高級レザーデザイナーズベッド

高級感溢れるベッドはいかがでしょうか?曲線が多くギャザー加工を施したデザイナーズベッドで、程よい重厚感と存在感があります。ボリュームがありふかふかとしているので、ヘッドボードにもたれかかればソファのように使用することもできます。寝室に高級感を出したいという方におすすめですよ。

頑丈設計で安心の「木製ロフトベッド」

表情豊かな天然木パイン材使用 階段付き木製ロフトベッド

ロフトベッドでは珍しいセミダブルサイズです。木製なので、ベッドサイズが大きくてもきしみや揺れを感じにくい仕様。階段タイプなので、昇り降りの際も安心です。ベッド下はデスクやソファを置いて自由にレイアウトいただけ、非常に使い勝手の良い商品となっております。

セミダブルサイズのベッドをもっと見たい方はこちらから↓

【まとめ】セミダブルベッドは工夫することで6畳のお部屋でも快適に♪

「6畳の部屋にセミダブルベッドを置くことができるか?」という検証をした結果「置くことができる」ということがわかりました。部屋の狭さや圧迫感が気になる方は、収納ベッドや高さが低いベッドを置くといいでしょう。部屋が狭いからと広々サイズのベッドを諦めず、収納や高さの工夫をして快適な睡眠を手に入れましょう。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【ウッドスプリングベッド】購入時の参考に!おすすめ商品&特徴

  2. 【寝具の基本】ベッドマットレスの選び方とおすすめ商品7選をご紹介

  3. コンパクト&収納しやすい!を叶えるマットレス【おすすめ5選】

  4. 冬に備えてあったか布団を準備しよう!おすすめ商品も紹介

  5. 二人で小さなベッドで寝るのはNG!カップルにぴったりのベッドサイズとは

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP