寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 17736 view

敷布団とマットレスの組み合わせってどうなの?OKな例とNGな例

敷布団やマットレスの寝心地に満足できない場合は、組み合わせたらどうなるだろう。そんな風に思ってはいませんか。果たして、寝心地が良くなるのか悪くなるのか、気になるところです。

そこで今回は、敷布団とマットレスの組み合わせがOKな例とNGな例をご紹介します。併せて、組み合わせて使いやすい商品も取り上げます。いいものを選んで、上手に組み合わせてください。

敷布団にマットレスを組み合わせてOKな例

まずは敷布団にマットレスを組み合わせてもいい場合はどういうときか見てみましょう。

敷布団の下に折りたたみマットレス

折りたたみマットレスは薄型タイプが多いので、やや底付き感が気になる場合も。そんな折りたたみマットレスに敷布団を加えれば、寝心地もアップします。

厚みが増すので、底付き感がなくなり、快適に寝られるようになりますね。なお組み合わせる場合は、折りたたみマットレスが下で、敷布団が上になります。

マットレストッパー

マットレストッパーとは、マットレスの上に敷いて寝心地を改善するための寝具です。本来はマットレスでの使用を前提にしていますが、種類によっては敷布団と組み合わせて使うこともできます。

これで硬すぎる敷布団、柔らかすぎる敷布団の寝心地も改善されます。さらに、寝姿勢も良くなりますよ♪

アンダーマットレス

アンダーマットレスはマットレストッパーの逆で、敷布団の下に敷いて使います。素材としてはスポンジやウレタンが多く、薄型のものがほとんどです。スプリングタイプもあります。

普通のマットレスを敷布団と組み合わせるのは不可の場合もよくありますが、アンダーマットレスなら心配はありません。

敷布団にマットレスを組み合わせてNGな例

今度は、敷布団にマットレスを組み合わせてNGな例を取り上げてみましょう。

柔らかい敷布団と柔らかいマットレス

特殊なタイプを除いて、敷布団とマットレスは組み合わせないほうがいいのですが、仮に組わせるにしても、柔らかい敷布団に柔らかいマットレスはNGです。

たとえば、木綿100%の敷布団と低反発マットレスの組み合わせなどです。というのも、ともに柔らかすぎるので、腰の落ち込みが大きくなり、寝姿勢が崩れるからです。それでは、体も疲れます。

通気性の悪いもの同士

敷布団にマットレスを組み合わせる場合、どうしても湿気がこもりやすくなります。そのため、通気性の悪いもの同士にセットすると、余計に蒸れやすくなり、カビやダニの発生原因にも。組み合わせる場合は、できるだけ通気性のいい素材同士にしましょう。

高反発や低反発マットレスを敷布団の下に敷く

敷布団に高反発や低反発のマットレスを組み合わせる場合、敷布団を上に敷かないほうがいいです。というのも、この2つのタイプには体圧分散性に優れているという特徴がありますが、敷布団を上にすると、その効果がなくなってしまうからです。

せっかく優れた特徴があるのですから、その効果を十分に生かすためにも、敷布団を下、マットレスを上に敷いて使うようにしましょう。

敷布団とマットレスの組み合わせで注意したいこと

敷布団とマットレスに組み合わせで、寝心地がかなりアップする場合もありますが、いくつか注意点があります。どんな注意点かチェックしてみましょう。

別々に干す

通気性のいい敷布団とマットレスを組み合わせても、湿気がこもりやすくなるのは防げません。寝ている間の暖かさも残りやすくなり、両方が蒸れやすい状態になります。

この状態を放置しておくと、カビやダニが発生しやすくなりますから、両方を別々に干すようにしましょう。面倒かもしれませんが、湿気対策は大事です。

敷きっぱなしにしない

これも大事な湿気対策ですが、敷布団とマットレスを組み合わせたまま、敷きっぱなしにするのは良くありません。干さないときでも、別々に収納して、湿気がこもらないようにしてください。

すのこを敷く

敷布団とマットレスを時々干しても、湿気対策がまだ十分でない場合もあります。そのようなときは、下にすのこを敷くのもいいです。床との接地部分の湿気が抜けやすくなり、下に敷いたほうが蒸れにくくなります。

ずれと落下に注意

敷布団とマットレスを組み合わせたときに良くあるのがずれです。違う種類の寝具を重ねることで、寝返りを多く打っているうちにずれることがあります。

その際に修正するのも面倒ですから、ボックスシーツなどでうまくまとめておくのも一つの手です。それから、組み合わせにより少し厚みが出てきますから、落下しないようにやや大きめのサイズを選んでおくと安心です。

まとめ

敷布団やマットレスの寝心地に満足できない場合、対策はいくつかありますが、そのうちの1つが組み合わせて使うことです。ただ、組み合わせがOKな例とNGな例があるので、上手に組み合わせる必要があります。今回はそんな例をご紹介しましたが、皆さんも工夫して、快適な就寝環境を整えてください。

おすすめの商品

最後に、BED STYLEの商品ラインナップから、組み合わせて使いやすいおすすめの敷布団やマットレスなどを選んでみます。気になる商品があれば、「商品情報を見る」から詳細をチェックしてくださいね♡

体圧分散 テイジンV-Lap使用 日本製 超軽量・高弾力敷布団

テイジンV-Lap素材を使用した高弾力敷布団です。厚さは8cmで、ふわふわもちもち。ボリューム感のあるタイプです。反発力も適度にあり、寝返りも打ちやすく、きれいに寝姿勢もキープできます。畳や床にこれ1枚敷いても底付き感はありませんが、マットレスの上に重ねると、寝心地が大幅にアップ。へたったマットレスでも、元の快適さが復元しますよ♪通気性もよく蒸れにくいので、併用の湿気対策にもなります。素材は高機能ポリエステル「フィルケア®」。防ダニ・抗菌・防臭加工が施された素材で、気持ちよくお使いいただけます。

圧倒的なボリューム感 日本製 厚み15cm 極厚三層構造 ふかふか寝心地敷布団

厚さ15cmの極厚ふかふか敷布団です。床付き感や底冷え感を感じることなく、快適な寝心地をもたらします。内部は3層構造。綿、固綿、巻綿(マイティトップ®ⅡEco)で構成され、適度な硬さとボリュームを作り出し、上質な睡眠が得られるようになっています。ということで、マットレスはいらないほどの優れた敷布団ですが、マットレスとの組み合わせも可能です。組み合わせると、マットレスのスプリングの感触が気にならなくなります。組み合わせる際は、マットレスの上に敷いてくださいね。

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス ショートタイプ

折りたたんで収納ができる敷布団マットレスのご紹介です。三つ折りすると、きれいに押し入れに収納できます。また、内側に三つ折りできるので、上げ下ろしも楽です。敷布団マットレスということですが、ベッドや畳に敷くだけでなく、敷布団下のアンダーマットレスとしての使用もできます。これで敷布団の寝心地もアップ。より快適にお休みいただけます。ポケットコイル入りです。寝返りしやすい弾力性があり、耐久性も非常にいいです。

床つき感のないすぐれたクッション性 日本製 薄型・高反発マットレス

硬めの寝心地で寝返りも打ちやすく、腰に優しいマットレスです。素材はエアーラッセル®という高反発立体構造編物。薄型ながらも底付き感がなく、体圧分散性に優れています。通気性も非常に良く、汗っかきな人にもピッタリです。敷布団の上での使用も可能。敷布団の寝心地を改善するほか、その通気性の良さでカビ対策にもなります。保温性や蓄熱性にも優れています。フリース面を上にすれば、冬でも暖かく過ごせますよ♡ホコリも出にくくなっています。そのため、ダニが発生しにくく、清潔な状態でお使いいただけます。

国産 硬質プロファイルウレタンマットレス レギュラータイプ

最後にご紹介するのは、真ん中部分が硬めになっていて、体をしっかりと支える高硬度マットレスです。これでS字を保つ理想の寝姿勢が維持しやすくなっています。寝心地もしっかりしていて、気持ち良く寝られます。プロファイル加工になっているので、体圧もバランスよく分散しますね。厚さは3タイプありますが、敷布団との組み合わせにちょうどいいのが8cmタイプ。敷布団の下に敷くことで、へたりや床付き感がなくなります。三つ折りできます。おまけに軽いので、どこにでも移動、収納がしやすいです。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 北枕とは?縁起が悪いと言われる理由&期待できる効果を解説

  2. こんなお部屋ならお客さんも快適♡理想のゲストルーム実例

  3. 2022年最新♡海外のベッドルームインテリア事情

  4. 【リビング編】和と洋の良いとこどり!JAPANDIインテリア

  5. 【おしゃれな子供部屋】海外の男の子部屋インテリアを徹底解剖!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP