寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 159 view

【一人暮らしのお部屋で使っていただきたい寝具】おすすめ商品5点も

一人暮らしの方はお部屋をどのようにお使いになっていますか。限られたスペースを有効に活用したいところでしょうが、それには寝具選びも大切。どのような寝具を使うかで、部屋の使い勝手も変わってきます。そこで今回は、一人暮らしの方に使っていただきたい寝具の選び方などの特集をします。おすすめ商品も取り上げますから、いいものを選んで、お部屋を機能的にご利用になってくださいね。

一人暮らしのお部屋にはお布団?それともベッド?

一人暮らしのお部屋にお布団を敷くか、ベッドを使うか迷うこともあるでしょうが、どちらがいいのか考えてみましょう。

お布団を使うメリット

一人暮らしのお部屋でお布団を使うメリットをまず見てみましょう。

部屋が広くなる

一人暮らしのお部屋にベッドを置くと、どうしても狭くなります。大きなお部屋に住んでいる人は別ですが、そうでなければかなり窮屈なことに。その点、お布団ならば、使わないときは上げておき、収納できるので、お部屋が広く使えます。

価格が安い

お布団はベッドよりも価格が安いです。掛布団や枕をセットにしても、それほど高額にならない場合もあります。一人暮らしで生活に余裕がない場合は、お布団のほうが経済的に利用できますね。

引っ越しが楽

一人暮らしでも引っ越しをする場合があるでしょうが、その際にお布団で寝ている人はお部屋からの搬出、搬入が楽です。お布団はベッドよりもずっと軽いので、業者さんも運びやすくなっています。

寝る場所が自由

一人暮らしのお部屋でお布団を敷いて寝る場合は、場所を自由に選べます。窓際、部屋の奥の方、真ん中あたりと気分や好み、お部屋の配置状況などで決められます。この辺はお布団のよさです。

ベッドを使うメリット

続いて、一人暮らしのお部屋でベッドを使うメリットを見てみましょう。

上げ下ろしの必要がない

一人暮らしのお部屋にベッドを置けば、マットレスの上げ下ろしの必要はなくなります。ときどきマットレスを立てかけて、乾燥させる必要はありますが、お布団のように毎日上げ下ろしはしませんから、手間が掛かりません。

収納スペースができる場合も

ベッドによっては下に収納スペースができる場合もあります。中には大容量収納が可能なものもあり、そのようなタイプなら一人暮らしのお部屋の収納家具を減らせますね♪

自分の基地ができる

一人暮らしのお部屋にベッドを置くことで、自分だけの基地が作れます。特に棚、コンセント、照明付きベッドなら、ベッド上でいろいろな作業もできて、楽しく過ごせます。これはお布団にはないメリットです。

すぐに寝られる

折りたたみベッド以外のベッドは、お部屋に置きっぱなしです。そのため、寝たいときはすぐに寝られます。一人暮らしで疲れているときは、寝床の準備が面倒に感じられる場合もあるでしょうが、ベッドなら楽です。

インテリア性が高い

ベッドにはおしゃれなデザインのものが多いです。それだけに、一人暮らしのお部屋に置いておいても、華やかな雰囲気になります。殺風景なお部屋でもデザインのいいベッドがあるだけで、素敵な空間にもなりますね。

一人暮らしのお部屋で使っていただきたい寝具の選び方

一人暮らしのお部屋で使っていただきたい寝具がありますが、どう選べばいいでしょうか。ポイントをまとめてみます。

サイズ

一人暮らしのお部屋でお布団やベッドを使う場合、サイズをどうするか迷うかもしれません。一般的なサイズはシングルですが、お部屋を広く見せたいという場合はセミシングルを選ぶ場合も。

ただ、人によってはセミシングルだと窮屈に感じることもあります。少し余裕を持って寝たい場合はセミダブルという選択肢もあります。ただし、今度はお部屋が窮屈になる場合もあるので、それぞれよし悪しがありますね。

ベッドの種類

一人暮らしのお部屋でベッドを使う場合に考えたいのが種類。ベッドにはいろいろな種類があり、どの種類を置くかで、お部屋の雰囲気も使い勝手も大きく変わってきます。いくつか種類を並べてみましょう。

・すのこベッド
・ローベッド
・ロフトベッド
・収納付きベッド
・脚付きマットレス
・折りたたみベッド
・ソファベッド

どの種類を一人暮らしのお部屋に設置したらいいか大いに迷うところでしょうが、それぞれの機能をよく比較したうえで決めてください。

価格

これから一人暮らしを始めようという人の場合、引っ越し代を含めていろいろな費用がかかるでしょう。それだけにお部屋に使う寝具の価格を抑えたいところ。

ただ、あまり価格を抑えすぎると、寝心地が悪くなることも考えられるので、適度な価格のものを選びましょう。

セット購入

ベッド、または敷布団、掛布団、枕、各種カバーなどを別々で購入するのは少し面倒です。

一緒に住む家族がいない一人暮らしの方の場合は、買い物の手間もできるだけ減らしたいはず。それだけに、バラバラ購入ではなく、セット購入もおすすめです。

一人暮らしにおける寝具の使い方

一人暮らしをする人は、寝具をお部屋でどのように使えばいいのかをまとめました。

お布団の使い方

一人暮らしでお部屋にお布団を敷いている人は、下にすのこを敷くといいです。空気の通り道ができて、お布団が湿りにくくなるので、カビ対策になります。

それから、天日干しもしましょう。休日の日当たりのいい時間を狙って、太陽に当てることで殺菌消毒ができます。

ベッドの使い方

一人暮らしでお部屋にベッドを置いている方は、ときどきベッド上やマットレスに掃除機をかけて、ホコリを吸い取ってください。その後は、消臭スプレーや除菌スプレーをまいておくと、清潔できれいな状態になります。

マットレスは定期的に立てかけましょう。マットレスは天日干しするものではないので、お部屋の中で立てかけるだけでOKです。

シーツ類は1週間に1回くらい交換を

一人暮らしだと、シーツ類の交換、洗濯が面倒になることもあるでしょうが、あまり長い間使っていると、汚れもたまり、不衛生です。

したがって、できれば週1くらいで交換、洗濯をしたいところです。パッド類も同じ頻度にしましょう。

おすすめの商品

ここからは、BED STYLEの商品ラインナップの中にある一人暮らしにおすすめの寝具をピックアップいたします。その中にこれはよさそうというものがあれば、「商品情報を見る」から詳細情報をご確認の上、可能ならお求めいただき、上手にご活用くださいね。

丸めてコンパクトに収納できる ロール桐すのこベッド (シングル)

一人暮らしの人はお部屋のスペースを有効活用したいでしょう。そこでおすすめするのがこちらのベッド。ロール式になっていて、丸めてコンパクトに収納できます。使わないときはお部屋の片隅やクローゼットの中にしまっておけばよく、あとのスペースは自由に使えます。これでスペースが広くなったようにも感じられますね♡持ち運びも簡単ですから、引っ越しのときも楽です。主要部材には桐を使用しています。桐は軽量で熱の影響を受けにくく湿気に強い素材。とても扱いやすくなっています。

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス ショートタイプ (シングル)

こちらは三つ折りができる敷布団マットレス。内側に三つ折りできて、折りたたむと押し入れに収納できます。ゴムバンドもついているので、折りたたんだ後に広がってしまうこともありません。これで一人暮らしのお部屋も整理がしやすくなりますね♪ポケットコイルタイプになっています。硬さは硬めで体のラインに沿って沈み込み、体圧分散性に優れていますから、血流も妨げません。使い方はベッドでも使えますが、敷布団としてやアンダーマットレスとしての使用も可能です。

毎日干したての気持ちよさ 1枚で寝られるオールインワン敷布団

一人暮らしのお部屋でぜひとも使っていただきたいのがこちらの敷布団。オールインワンタイプになっていて、1枚で敷布団、クッションマット、除湿シートの役割を果たします。内部は3層構造。支えるタテ繊維を中心に、寝心地をよくするポリエステル綿が上側、吸い取る除湿シートが下側になっています。これで底付きはなくなり、体をしっかり支え、寝汗や湿気も吸い取り、快適な気分で寝られるようになっていますよ。一人暮らしの夜も過ごしやすくなります。薄型ですが、フローリングでも畳でもこれ1枚でOKです。

体圧分散 テイジンV-Lap使用 日本製 超軽量・高弾力敷布団 (セミダブル)

一人暮らしの夜は毎日ふかふか敷布団で寝たいという方もいらっしゃるでしょうが、それならこちらの高弾力敷布団をお使いになってはいかがでしょうか。低反発でもなく高反発でもないもちもちの弾力で、体を持ち上げるようにサポート。とても心地よく腰や背中にも負担になりません。寝返りも打ちやすいです。こんな敷布団に寝ていると、生活にもハリが出そう。充実した日々を送れますね♡通気性も高くなっていますから、湿気にも悩まされず、快適に寝られます。

羽毛のような暖かさ 高機能シンサレート入り掛布団

一人暮らしのお部屋で冬を迎える場合は、風邪は絶対に引きたくないもの。それなら、このあったか掛布団で防ぐこともできます。こちらの掛布団、内部にシンサレート高機能中綿素材を使用し、羽毛の約2倍の保温力があります。多くの空気を閉じ込め、断熱性を高めたために暖かさが格段に違うのです。それでいて、軽くて薄い作りになっていますから、とても心地いい掛け布団です。これで冬の一人暮らしの寝床の心配はなくなりますね♪抗菌防臭機能もありますが、洗ってもその効果は落ちません。

まとめ

一人暮らしのお部屋にはふさわしい寝具があります。いい寝具を使うことで、毎日の生活にも弾みがつきます。今回はそんな寝具の中のお布団やベッドを中心にご紹介しました。これで自分に合った寝具を選ぶことはできそうですか。この記事がそのお役に立てれば幸いです。


自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  2. 【8畳レイアウト】ワンルーム一人暮らしにおすすめのお部屋実例

  3. すのこベッドで快適なグランピングを☆レトロな空間でくつろげる「昭和ふるさと村」様に低床ベッ…

  4. 【実例から学ぶ】押し入れ収納のコツとおすすめ収納アイテム☆

  5. 女子にもおすすめ!素材別おすすめDIYベッド&作る時のポイント

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP