寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. つくる
  2. 16571 view

一人暮らしにはベッドなしのほうがいい?おすすめの代用品5選

一人暮らしの部屋にベッドを置くと、窮屈になってしまう。そんなお悩みを抱えてはいませんか。確かに限られたスペースに大きなベッドでは、お部屋も狭くなってしまいます。そこで、一人暮らしのお部屋にベッドを置かないで寝るいい方法をご紹介します。併せてベッドの代用になるおすすめ商品も取り上げますから、自分にピッタリ合うものを選んでみてくださいね。

一人暮らしにベッドなしがおすすめな理由

一人暮らしにベッドなしがなぜいいのか、おすすめの理由をチェックしてみましょう。

部屋が広くなる

一人暮らしというと、4.5畳から8畳くらいのお部屋に住んでいらっしゃる方が多いのではないでしょうか。そのようなお部屋にベッドを置くと、かなり手狭になります。

6畳だとすると、お部屋の1/3がベッドで埋まってしまうことにもなりかねません。それでは、他の家具も置きにくくなる上に、スペースも使いにくくなります。

その点、ベッドなしで床に布団やマットレスを敷くようにして寝れば、起きたときに片付けられますから、お部屋が広く使えますね♪

ダラダラしないようになる

ベッドのメリットと言えば、すぐに横になれること。疲れたときなどはとても助かりますが、反面ダラダラした生活になりやすいです。

ベッドがあることをいいことに、特に理由もなく寝そべってしまうこともあります。一方、布団やマットレスを床に敷く場合は、上げ下ろしをするので、メリハリも効いて、リズミカルな日々を送れます。

価格が安く済む

ベッドは高価な家具です。一人暮らし用のシングルベッドでも3万円くらいはします。一人暮らしの人は節約しながら生活している人も多いでしょうから、この出費は痛い場合も。

それに対して、布団やマットレスだけで寝るのなら、価格が安く済む場合も多いです。

引っ越しのとき楽

引っ越しのとき、ベッドの移動は大変です。重たいですし、一人で運べないこともあります。

引越し業者にお願いするにしても、かなり大掛かりな作業になります。これが布団やマットレスだけなら、移動もしやすくなって、引越し時の苦労も減りますね。

一人暮らしベッドなしのデメリット克服法

一人暮らしベッドなし生活にはデメリットもあります。しかし、そのデメリットを克服する方法がありますから、心配する必要はありません。

上げ下ろしが面倒な場合

ベッドのいいところは上げ下ろしがないこと。いつも置いたままで、すぐに横になれます。布団やマットレスを床に敷く場合は、上げ下ろしの手間が増えます。

少し面倒なようですが、これは慣れの問題。上げ下ろしにかかる時間はほんの1分程度ですから、毎日やっていれば、苦にならなくなります。

カビ対策をどうする?

布団やマットレスを床に敷くときに気なるのが間の湿気。床に直置きした場合は空気の通り道がなくなるので、蒸れやすくなり、カビが生える原因にもなります。ではカビ対策として何をすればいいかですが、次のようなことで防ぎましょう。

1.毎日畳む
2.すのこや除湿シートを敷く
3.通気性の良い商品を使う

これらの対策を施しておけば、カビは発生しにくくなります。

底冷えをどう防ぐ

床に直起きする布団やマットレスで気になることといえば、底冷えがあります。特に冬は対策をしないと、かなり冷え込む場合もありますね。

このような場合は、布団やマットレスを重ねる、暖かい敷きパッドを使うなどの方法で、保温効果が高まります。

一人暮らしベッドなしのお部屋をおしゃれに見せるコツ

一人暮らしのベッドなし生活ならば、お部屋も広く使えて、様々な用もこなしやすくなるでしょうが、一つ気を使いたいのがおしゃれさ。布団やマットレスを床に敷くにしても、洗練された印象を維持したいところです。そんな工夫のコツをご紹介しましょう。

厚みのあるものを使う

一人暮らしベッドなしで、薄型の布団やマットレスを使うと、いかにも寂しい感じに。

お金がなくて、厚い布団やマットレスを買えないのではとも見えるので、少しでも厚いタイプを用意して、贅沢な雰囲気を出すといいです。

白いシーツで清潔感を

洗濯したての白いシーツには清潔感がいっぱい。

そんなシーツで布団やマットレスをカバーすれば、とても美しく、きれいな感じが出てきます。

寝る以外のときはブランケットを

万年床でなくても、布団やマットレスを敷いておく場合もあるでしょうが、その際は掛布団ではなく、厚手のブランケットを載せておくと、おしゃれに見えます。

厚い掛布団の圧迫感も消せます。

正方形クッションを複数個置いてみる

正方形クッションが置かれた寝床にはどことなくおしゃれな感じがあります。

寝るときは枕を使うでしょうが、それ以外のときはクッションでスタイリッシュに決めてください。

まとめ

一人暮らしのお部屋にベッドを置くと、どうしても圧迫感が生じ、狭く感じるものです。そこでおすすめなのがベッドなし生活。意外に過ごしやすく、お部屋も広くなって、快適です。今回はそんな生活の特集をしました。ぜひこの情報を参考になさって、楽しい一人暮らし生活を送ってください。


おすすめの商品

最後に、一人暮らしのお部屋に敷けるベッドの代用品をBED STYLEの商品ラインナップから選んでみましょう。これでベッドなし生活も充実するという商品です。お気に入りのものがあれば、ぜひゲットしてください。

圧倒的なボリューム感 日本製 厚み15cm 極厚三層構造 ふかふか寝心地敷布団

ボリューム満点の厚さ15cmのふかふか敷布団です。底付き感や底冷え感は感じません。冬でも気持ちよくお休みいただけます。内部は三層構造になっています。固綿を上下の巻綿で包み込み、適度な硬さとふかふかさをもたらし、極上の寝心地が得られます。また、極厚の固綿は腰や背中の沈み込みを抑え、体重がかかりやすい部分の負担を軽減させてくれますね。これで健康的な寝姿勢を維持しやすいです。厚い布団ですから、これ1枚敷いても寝られますが、マットレスの上に敷くと、スプリングが気にならなくなります。

ふんわり テイジン V-Lap使用日本製 高弾力四層敷き布団 (シングル)

テイジン開発の高機能不織布「V-Lap®」を2枚重ねで使用した贅沢敷布団です。その「V-Lap®」を中綿が包み込み、ふわふわで弾力があり、しっかりとした安定した寝心地をもたらしています。これ1枚でマットレスは不要です。床に直置きしても、底付き感はありません。敷布団とマットレスを重ねたような感じで、とても快適です。腰もしっかりサポートしてくれます。おかげで、自然な寝姿勢を維持しやすくなっています。寝返りも打ちやすく、姿勢を変えやすいですから、体も楽です。

軽くてあたたか 9色から選べる シンサレート入り布団 8点セット 和タイプ

シンサレート高機能中綿が含まれている布団8点セットのご紹介です。セットの内容は、掛布団、肌掛布団、敷布団、枕、各種カバーなどです。シンサレート入りの掛布団はとても暖かく、その暖かさは羽毛の2倍。細い繊維が暖かさを逃しません。敷布団はふかふか綿と硬綿の三重構造。体を優しく包み込むふっくら感がある一方で、しっかりと支えてくる厚みもあります。一人暮らし用にはシングルとセミダブルサイズがおすすめ。ゆったり贅沢な就寝時間が過ごせますよ♪カラーバリエーションは全9色。どれもおしゃれで素敵な色です。

畳める ポケットコイル入り敷布団マットレス レギュラータイプ (シングル)

三つ折りできるポケットコイル入り敷布団マットレスです。折りたたむと押し入れにきれいに収納できますから、一人暮らしのお部屋も広くなります。使い方としては、床に直置きする敷布団のようにも使えるほか、布団下のアンダーマットレスとしての利用もできます。ポケットコイルタイプです。体のラインに沿ってなめらかに沈み込み、心地よくフィットしますよ。サイズはシングル。一人暮らしの方にピッタリのサイズです。

薄くても寝心地抜群 フランスベッド製 折りたためるスプリングマットレス

薄いのに敷布団としても使えるスプリングマットレスです。寝心地はやや硬めで、底付き感もありませんから、安心してお休みいただけます。一人暮らし用マットレスにも最適です。しかも、簡単に三つ折りでき、軽くて持ち運びやすいですから、収納も楽々。これでワンルームも狭くなりません。圧縮ロール梱包で届けられるので、お部屋へも搬入がしやすいです。なお、開梱後72時間で膨らみます。素材は高密度連続スプリング®R-one。適度な硬さで身体をしっかり支え、寝返りも打ちやすくなっています。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

つくるの最近記事

  1. 北枕とは?縁起が悪いと言われる理由&期待できる効果を解説

  2. こんなお部屋ならお客さんも快適♡理想のゲストルーム実例

  3. 2022年最新♡海外のベッドルームインテリア事情

  4. 【リビング編】和と洋の良いとこどり!JAPANDIインテリア

  5. 【おしゃれな子供部屋】海外の男の子部屋インテリアを徹底解剖!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP