ホテルのベッドメイクはなんであんなにキツキツ?!(その2) 

TOP > ベッドスタイルコラム > ベッドスタイル公式ブログ > ホテルのベッドメイクはなんであんなにキツキツ?!(その2) 

ベッドスタイル公式ブログ

ホテルのベッドメイクはなんであんなにキツキツ?!(その2) 

ところで、この「下に挟み込むスタイル」については「窮屈」という声もあるそうで、最近は下に挟みこまないホテルもあるそうです。

その代わり、従来からの「アッパーシーツ」を使わないで「デュベタイプの羽毛ベッドカバー」を使用するホテルがここ十年ほどで、世界的に増えてきているのだそうです。デュベタイプの羽毛ベッドカバーは、片方がオープン状態で裾が長くなっており、オープンになっている長いほうから、布団を入れるようになっています。

私はビジネスホテルからリゾートホテルからいろんなタイプのホテルに泊まっていますが、そういえば昔ながらの窮屈なアッパーシーツは見ないことが多くなってきたかも。

ベッドメイクの方法も、デュベカバーの長い裾をマットレスの下に巻き込むことで、ズレ落ちを防止することができます。これは、カバーだけ取り替えてクリーニングできるという清潔さ・便利さから、多くのホテルで採用されており、さらにデュベは清潔感のある白系の色が多いため、その上に帯状のベッドスロー(いわゆるライナー)をアクセントとしてかけるホテルも増えているそうです。

この「デュベタイプ」でも、やはり「足元が窮屈になる」という指摘もあるそうで、挟み込まないホテルも出来ているそう。

見た目に美しく、清潔感溢れる、ホテルのベッドの「マット下の挟み込みスタイル」。しかしながら正直なところ窮屈は否めないので、ズレ落ちは気になっても寝るときには足元を解放したいという意見はやはり多いようです。

2012年12月7日 / タグ:[ , , ]