枕にまつわる話

ベッドスタイル公式ブログ

枕にまつわる話

私は旅先のホテルではよく眠れるときと眠れない時があります。原因はベッドのマットレスが柔らかすぎるか、枕の高さが合わないかです。

よく「旅先で枕が合わなくて眠れなかった」という話は良くききますが、最近ではそんな旅行者の悩みやニーズに合わせてのホテル側も色々と試行錯誤し、色々な種類の枕を用意したりしています。

香港は旺角(モンコク)というところにあるランガムプレイスというホテルに泊まったときのこと。

「人口密度世界一」の誉れが高い香港・旺角にある、ひときわ目を引く高層ビルの中にあるホテルです。

1997年に香港がイギリスから中国に返還され、空港が町中ではなくてランタオ島という離島に移ってからというもの、もともと空港があった九龍地区にはにょきにょきと高層ビルが建ってきました。いままでは空港がある関係で高さ規制がされていたのです。

ホテルのフロントは4階にあるものの、客室は香港の町並みが見渡せる高層階。夜ともなれば色とりどりのネオンを眼下に見ることができます。

ホテルの部屋でディレクトリーと一緒に置いてあったのは「枕を選べます」というリーフレットが。

日本のホテルでは最近は枕や浴衣が選べたりとしゃれたサービスをしているところも多いですが、日本以外でこんな細やかな心遣いをしているホテルをはじめて見たので感激でした。

そこでさっそく羽毛に「バラのポプリ」が入った枕を持ってきて貰うことにしました。

ボーイさんが物々しく持ってきてくれたバラのポプリ入り枕はそのまま匂いを嗅いでもバラの香りがぷんぷんしているわけではありませんでした。

しかしデザインも美しいのでベッドにその枕を置いてしばし眺めてうっとり。

寝ている時に、ふと寝返りを打った時にはバラがほのかに香ってとても感激しました。

「ほのかに」香り具合ががとても贅沢で心を満足させてくれるものでした。

それにしても自然な香りがこれほどの癒しを与えてくれるとは。どこの国へ行ってもついて回る化学物質の香りに辟易している私は何気なく嗅いだ自然な香りにいたく感動した次第でした。

2012年12月13日 / タグ:[ , ]