寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 181760 view

キングサイズベッドを使うメリットとは?選び方&おすすめ商品10選

「映画やドラマに出てくるような、大きいベッドでゆったりと眠ってみたい!」誰もが1度は思ったことがあるのではないでしょうか?キングサイズベッドは1人ではもちろん、パートナーやお子さまと一緒にも眠れる広さです。見た目がゴージャスなのも素敵ですよね♪

しかし、ここでふと疑問に思う方もいるかもしれません。キングサイズのベッドってそもそもどれくらいの大きさ?大きすぎたりしない?そこで今回は、キングサイズベッドの大きさや他のサイズとの違い、選び方についてご紹介していきます!

目次

キングサイズ&キングサイズ以外の大きめベッドサイズをチェック

キングサイズやそれ以外の大きめサイズのベッド、みなさんはそれぞれのベッドの特徴をご存知でしょうか?まずは、それぞれのベッドのサイズの違いをチェックしてみましょう。

キングサイズベッドの大きさ

キングサイズベッドの大きさは長さ約200cm×横幅約180cmです。

人が腕を広げてゆったりと寝るときに必要なベッドの幅は一人当たり約90〜100cmです。そのため、キングサイズベッドは大人2人が腕を広げたり、寝返りをうったりするスペースが十分にあるベッドサイズだと言えます。

その他の大きめベッドサイズ一覧

クイーン or セミシングル2台

クイーンサイズベッドとセミシングル2台を並べた時の大きさは同じです。そのサイズは、長さ約200cm×横幅約160cm。キングサイズベッドよりも20センチ短いのが特徴です。

キングサイズベッドとの差は20cm。「大人2人で余裕を持って眠りたいが、大きさが気になる」という方に人気のサイズです。

人気のクイーンベッドが気になる方は↓をチェック

シングル2台

シングルベッド1台のサイズは「長さ約200cm×横幅約100cm」ですので、2台を並べて使用する場合は、横幅が2倍の「長さ約200cm×横幅約200cm」となります。

200cmとなると、通常横幅180cmのキングサイズベッドよりも大きく、ゆったりと眠ることができます。ただし、その分お部屋のスペースを取ってしまうため、お部屋のスペースをセーブしたい方には、キングサイズベッドの方がおすすめです。

セミダブル2台

セミダブルベッド1台のサイズは「長さ約200cm×横幅約120cm」です。こちらが2台となると、「長さ約200cm×横幅約240cm」と、かなり幅の大きいベッドサイズとなります。

この場合、「大人2人+子ども1人」が余裕を持って眠ることが可能です。また、6畳部屋の広さは縦3.6m×横2.7mですので、寝室が6畳の方の場合、お部屋にギリギリ入るサイズと言えます。

ダブルサイズ2台

ダブルベッドを2台並べると、「長さ約200cm×横幅約280cmとなります。」キングサイズベッドよりも100cm横幅があり、大人2人+小さな子ども2人」で寝ることが可能なサイズです。

ですが、縦3.6m×横2.7mの6畳部屋に置く場合、配置によってはベッドを置くことが不可能となってしまうこともあります。家族全員で広々休みたい方向けのベッドサイズです。

シングル3台

シングルベッドを3台並べると、長さ約200cm×横幅約300cmとなります。こちらのベッドサイズの場合、「大人2人+子ども2人」でも余裕を持って寝ることができます。

6畳部屋にこちらのベッドを置いた場合、お部屋一面にベッドを敷き詰めたような状態となってしまいます。そのため、シングルベッド3台並べて使用したい場合は、広さのあるお部屋に置くことをおすすめします。

人気の連結ベッドを探すなら↓をチェック

キングサイズベッドのメリット・デメリット

こちらでは、キングサイズベッドのメリット・デメリットをご紹介いたします。キングサイズベッドのご購入を検討中の方は、要チェックです!

【メリット】家族全員で眠ることができる

キングサイズのベッドはベッドの中でも1番大きいサイズで、シングルベッド2つ分ほどの広さがあります。

横幅が広いので大人2人でも寝返りを自由に打つことができ、ゆったりと眠ることができるのが最大のメリットです。お子さんが小さい場合、3人一緒に眠ることもできるので「家族3人で川の字で眠りたい」という方にもおすすめです。

【メリット】自由に寝返りを打つことができる

キングサイズベッドはシングルベッド約2台分の広さがあります。そのため、大人2人でもゆったりと相手を気にすることなく寝返りを打つことができるのがメリットです。

クイーンサイズでも大人2人で寝ることは可能ですが、寝返りを頻繁にうつ人であれば窮屈に感じてしまう場合も…。とくに体格が良い人であるならばキングサイズのベッドにしたほうが、快適に眠ることができます。

【デメリット】狭い寝室には向いていない

大きなキングサイズベッドは寝室のスペースを取ってしまうため、狭いお部屋にはあまり向いていません。狭い寝室にキングサイズベッドを置いてしまうと、圧迫感が出てしまいます。5畳以下の寝室に設置するのは現実的ではないと見て取れます。

どうしても設置する必要がある場合は、ベッドを中央ではなく寝室の隅に寄せて配置する方法を試してみましょう。そうすれば、通行スペースを設けることができます。


キングサイズベッドが気になる方はこちらをチェック♪

キングサイズベッドを選ぶ時のポイントは?

続いて、キングサイズベッドを選ぶ時のポイントを見てみましょう。

利用する人数

まずは、何人でキングサイズベッドを使いたいと思っているのか、そこから考える必要があります。


・パートナーと2人でベッドを使いたい
・子どもと3人で一緒に使いたい

このような場合は、キングサイズベッドを選んで問題ありません。一方、

・子供を含めた4人以上で使いたい

のような場合、キングサイズベッドでも狭く感じてしまいます。前半でご説明したキングサイズベッドのサイズを参考に、予定使用人数と比較してから購入することをおすすめします。

収納の有無

人数が決まったところで、次は機能面です。部屋の広さや収納スペースがどの程度あるかで、収納機能があるベッドにするかを検討しましょう。

収納付きのベッドにするとどうしても高さがでてきてしまうので、お部屋に圧迫感が生まれてしまいます。

収納が必要ない、お子さんと一緒に寝る場合は安全面を考慮して高さのないフロアタイプにすると良いかもしれませんね。

部屋の広さ

基本的な事ですが、お部屋の広さに合わせてベッドを選ぶようにしましょう!

ベッドはお部屋のメインとなる家具で、存在感のあるアイテムです。それほど広くないお部屋にキングサイズのような大きなベッドを置くと圧迫感が出てしまったり、導線を塞いでしまう可能性があります。

8畳程度の寝室であれば、サイドテーブルや収納家具を置いてもそれほど圧迫感が無く、いずれのサイズも比較的余裕を持って置く事ができます。それ以下の広さにキングサイズベッドと他の家具を置くとなると、かなり狭く感じますので注意が必要です。

マットレスはベッドとセット購入がおすすめ

キングサイズベッドは大きいため、マットレス単体での販売個数がそれほど多くありません。そのため、大きなサイズのベッドを購入するときは、フレームだけでなくマットレスも一緒にセット購入することをおすすめします。セットで購入すれば、「せっかく注文したマットレスがベッドに合わない…」といった心配もありませんね。

マットレスは分割しているものと分割されていないものがあるので、ライフスタイルによってピッタリのものを選ぶようにしましょう。

キングサイズベッドのおすすめ商品はこちら↓↓

キングサイズベッドのおすすめ商品10選

キングサイズベッドの大きさやメリット・デメリット、選び方を理解したところで、ここからはBED STYLEで今人気のおすすめキングサイズベッドをご紹介します♪キングサイズベッドの購入をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

大人のリラックス空間 リクライニング機能付モダンデザインローベッド

まるで高級ホテルの客室にいるかのような気分を味わわせてくれるのが、こちらのキングサイズベッド。寝心地はもちろん、ベッドルームの雰囲気にもこだわれるこちらのベッドは、一台あるだけでお部屋の雰囲気をガラリと変えてくれます。マットレスは9種類の中から自分にぴったりなものをお選びいただけいます。ソファとしてもベッドとてもお使いいただけるベッドで、優雅なひとときを♡

ライフスタイルに寄り添う ずっと使える2段ベッドにもなるベッド 

お子さまのいるご家庭におすすめのベッドがこちら。お子さまと一緒に眠れるワイドキングサイズの連結ベッドです!ご家族のライフスタイルに合わせて、2段ベッドやシングルベッドにも変化する優秀アイテム!お子さまが小さい時期には大きなワンドキングベッドとして、お子さまが1人で寝れるようになったら、ベッドを分けてお使いいただくのがおすすめです♡

クッションボード連結ローベッド フラットタイプ+棚付クッション (連結セット)

小さなお子さまも安心してお休みいただくことができる、クッションボード連結ローベッド。ベッド周りを柔らかいクッションボードで囲んで、寝ている間にお子さまがベッドから落ちてしまうのを防止できます。連結タイプの広々ベッドで、ご家族全員が川の字になって仲良く眠ることができそうですね♪みんなのベッドタイムが楽しくなるアイテムです!

暮らしをより良く 大型跳ね上げすのこベッド

「ものが多いけれど、収納する場所がない、、、」そう思っているあなたにおすすめなのが、こちらの跳ね上げすのこベッド!荷物の量に合わせて、収納サイズを3サイズからお選びいただけるキングサイズのベッドです。お部屋もすっきりと毎日の暮らしをより良くしてくれること間違いなし!お部屋も綺麗に片付いて、ぐっすり眠れそうですね♪

和のくつろぎ 選べる畳の和モダンデザイン畳引出収納付ベッド

日本人に和の心を思い出させてくれる和モダンの畳ベッドです。収納付きで高さも29センチなので、日中は小上がりとしても利用でき、お子さんと一緒のくつろぎスペース・夫婦の憩いの場としてもピッタリです。すのこの床板で通気性も良く、畳の種類も2種類から選べるので、自分がリラックスできる環境を整えることができるのが嬉しいですね。畳の下は一面収納スペースとなっているので、衣類等の小物以外に、スーツケースやラグ等大きなものまでまとめる事ができます♪

贅沢空間 高級ウォルナット材ワイドサイズ収納ベッド ライトタイプ

上質なウォルナット材のベッドが、ワンランク上の寝室を演出。ヘッドボードの棚は2段になっているので、ディスプレイスペースとしても活用可能。ホコリの入りにくいBOX構造の引き出し付き収納で、お部屋にあふれがちなアイテムをスッキリと収納し快適な空間にしてくれます。マットレスも好みのものを選べるので、購入してすぐにお使いいただけます。ヘッドボードのデザインは、モダンな雰囲気を楽しめるライトタイプの他にも、シンプルでスマートなスリムタイプのご用意もございます♪

低いデザインでゆったり広々 モダンデザインベッド

モダンなデザインのベッドが、お部屋を洗練したイメージにしてくれます。高さのないフロアベッドなので、お子さまとも安心して一緒にお使いいただけます。大きなベッドは圧迫感が出がちですが、このように低いタイプを選べば、お部屋が広くスッキリとみえますよ♪マットレスも分割していないフラットマットレスなので、どの位置に寝ても快適な寝心地でお一人ではもちろん、2人・お子さまと3人でもゆっくりと休めるのが嬉しいですね。マットレスは4種類の中から選べるので、好みの寝心地のものを選びましょう。

高品質 高級アルダー材ワイドサイズデザイン収納ベッド スリムタイプ

上質なアルダー材を使用しているので、品質はもちろんどんなインテリアにも似合う高級感を感じさせるたたずまいのベッド。木目プリントとは違い、本物の木の暖かみを感じる事ができ、上品な雰囲気を演出してくれます♪ヘッドボードは2段階になっているのでディスプレイスペースとしても楽しめ、モダンライトもあるので夜中に目が覚めたときや、お休み前のくつろぎタイムに彩りを添えてくれるでしょう。フルスライドレール付きの収納もあるので、お部屋もスッキリとしますね。

贅沢空間 高級ウォルナット材ワイドサイズ収納ベッド ライトタイプ

高級ウォルナット材を使っており、プリント材とは違った木の本物の感覚を感じながらお休いただけます。重厚感のあるデザインで、まるで高級ホテルのような雰囲気を演出してくれます!ヘッドボードや収納付きの引き出し、コンセントといった実用性もバッチリで安心です。マットレスも5種類から選べるので、自分好みの堅さでより毎日快適にお休みいただけます。同じタイプでキングサイズもあるので、お部屋の広さで検討してみても良いかもしれませんね。

ウォルナットの贅沢な空間 棚・コンセント付きフロアベッド

高さがないフロアベッドだからこそ、洗練された空間・解放感を演出してくれます。落ち着きのあるブラウンカラーに艶のある木目がよく合っており、上品で大人っぽい雰囲気演出してくれます。シンプルですが美しいデザイン、メンテナンスが簡単なヘッドボードと機能面にもこだわりを感じさせてくれるベッドです。価格だけでなく品質も安心できるマットレスもセットで購入可能で、お手元に届いたその日から快適にお休みいただけます。

他にも商品をご覧になりたい方はこちらをチェック↓

キングサイズベッドと併せて使ってほしいおすすめ商品

BED STYLEのキングサイズベッドと相性バツグン!こちらでは、キングサイズベッドと併せて使っていただきたい商品をご紹介します!

全てが上質 寝心地・カラー・タイプが選べる 大きいサイズの敷きパッド

キングサイズベッドをお持ちの方なら誰もが欲しがるこちらのアイテム!6種類、7色から選べる、クイーンからファミリーサイズ対応の敷きパッドです。お好みの肌触り、寝心地が、豊富なカラーバリエーションからお選びいただけます。自分のお気に入りのカラーや触り心地を取り入れて、いつものベッドタイムをよりリラックスできるものに♡

優しい質感 20色から選べる コットンタオルのパッド一体型ボックスシーツ 1枚のみ

ボックスシーツはズレが気にならないため、リピート率の高い人気アイテムです。こちらは上肌触りの良いタオル地のボックスシーツ。パッドが一体型となっておりますので、寝心地もふかふか。夏も冬も一年中快適な睡眠が得られます。カラーも20色からお選びいただけるため、寝室のインテリアに合わせてお洒落にコーディネートできそうですね♪

9色から選べる ダックダウン羽毛布団8点セット ベッドタイプ

キングサイズベッドに必要なものが全て揃っている8点セット。本商品は厳選素材のみを使用して、 ISO認定工場で作られた安心の羽毛布団です。急な来客があった時でも、こちらのセットさえ持っていれば◎。また、羽毛布団は一年中使うことができるので、使い勝手も抜群!ふわふわな肌触りで寝心地も文句なしの布団セットです♪

キングサイズベッドと一緒に使いたい商品はこちら↓

まとめ

こちらの記事では、キングサイズベッドの大きさや選び方、おすすめ商品をご紹介しました。他の大きめベッドのサイズについても解説しましたが、キングサイズベッドはあなたにぴったりのベッドでしたでしょうか。

利用する人数、収納の有無、部屋の広さは必ず確認し、購入を決めたら、マットレスとセットになったキングサイズベッドを選ぶのがおすすめでしたね♪こちらの記事を通して、お気に入りの1台が見つかりますように。

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 【2022年最新】ダウンケットおすすめ5選と選び方をご紹介!

  2. 【マットレスカバーおすすめ9選】なぜ必要?選び方や敷く順番も解説

  3. 【狭い部屋】3畳の部屋に最適なベッドサイズやタイプを徹底解説!

  4. 【家族におすすめ親子ベッド4選】選び方&メリット・デメリットは?

  5. セミダブルサイズは狭い?二人で寝るときのベッドサイズを解説!

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

最近の記事

おすすめの記事

PAGE TOP