寝室インテリア・ベッド情報のベッドスタイルマガジン

  1. えらぶ
  2. 125527 view

「キングとクイーン」何が違う?選び方のポイントと人気商品をご紹介!

「映画やドラマに出てくるような、大きいベッドでゆったりと眠ってみたい!」誰もが1度は思ったことがあるのではないでしょうか?キングサイズやクイーンサイズといった大きなベッドは1人ではもちろん、パートナーやお子さまと一緒にも眠れる広さです。見た目がゴージャスなのも素敵ですよね♪

しかし、ここでふと疑問に思う方もいるかもしれません。キングサイズとクイーンサイズのベッドは、どこが違うのだろう…?そこで今回は、キングサイズとクイーンサイズのベッドの違いや選び方のポイントについてご紹介していきます!

キングサイズとクイーンサイズはどんなベッド?

キングサイズとクイーンサイズのベッド。どちらもサイズの大きいベッドですが、それぞれのベッドの特徴をご存知でしょうか?まずは、キングサイズとクイーンサイズのベッドの違いからチェックしていきましょう。

キングサイズとクイーンサイズベッドの違い

キングサイズとクイーンサイズベッドの違いは、横幅のサイズです。キングサイズは180センチ、クイーンサイズは160センチが標準サイズであり、キングサイズのほうがクイーンサイズよりも20センチ大きいのが特徴です。たった20センチ?と思う方もいるかもしれませんが、クイーンサイズよりもキングサイズのほうが圧倒的な存在感があります。

キングサイズベッドのメリット

キングサイズのベッドはベッドの中でも1番大きいサイズで、シングルベッド2つ分ほどの広さがあります。

横幅が広いので大人2人でも寝返りを自由に打つことができ、ゆったりと眠ることができるのが最大のメリットです。お子さんが小さい場合、3人一緒に眠ることもできるので「家族3人で川の字で眠りたい」という方にもおすすめです。

キングサイズにはワイドキングもある

ベッドのサイズ展開の中でも最も大きいワイドキングサイズのベッドはおよそ幅200cm、丈は195cmとなっています。

ワイドキングサイズのベッドは通常のキングサイズよりも大きく、お子様のいるご家庭などで家族全員で仲良く眠りたい方におすすめのベッドです。

クイーンサイズベッドのメリット

クイーンサイズのベッドはシングルサイズよりも小さい、セミシングルのベッド2台分の広さがあるベッドです。クイーンサイズは横幅が160センチあるので、大人2人でもゆったりと相手を気にすることなく寝返りを打つことができるのがメリットです。

ダブルサイズでも大人2人で寝ることは可能ですが、少し窮屈…。とくに体格が良い人であるならばクイーンサイズのベッドにしたほうが、快適に眠れます。

BED STYLEおすすめ!
クイーンサイズ以上の大型ベッド一覧ページはこちら↓

キングサイズとクイーンサイズベッドの選び方のポイントは?

それでは、キングサイズとクイーンサイズのベッドはどのように選んでいけばいいのでしょうか?選び方のポイントをチェックしていきましょう。

利用する人数

ベッドを1人で使う場合は、キングサイズ・クイーンサイズどちらでも好みの大きさを選ぶと良いでしょう。

そうでなく、
・パートナーと2人でベッドを使いたい
・子どもと一緒に使いたい
という場合は利用する人数でベッドサイズを決めることがポイントです。

大人2人で体格も普通であればクイーンサイズ、子どもと3人でゆったりと眠りたいのであればキングサイズ、
といったように、まずは何人でベッドを使うかということを決めると自然とどのくらいのベッドがいいのかも決まってくるはずです。

収納の有無

人数が決まったところで、次は機能面です。部屋の広さや収納スペースがどの程度あるかで、収納機能があるベッドにするかを検討しましょう。

収納付きのベッドにするとどうしても高さがでてきてしまうので、お部屋に圧迫感が生まれてしまいます。

収納が必要ない、お子さんと一緒に寝る場合は安全面を考慮して高さのないフロアタイプにすると良いかもしれませんね。

部屋の広さ

基本的な事ですが、お部屋の広さに合わせてベッドを選ぶようにしましょう!

ベッドはお部屋のメインとなる家具で、存在感のあるアイテムです。それほど広くないお部屋にキングサイズのような大きなベッドを置くと圧迫感が出てしまったり、導線を塞いでしまう可能性があります。

8畳程度の寝室であれば、サイドテーブルや収納家具を置いてもそれほど圧迫感が無く、いずれのサイズも比較的余裕を持って置く事ができます。それ以下の広さにキングサイズを置くとなると、少し圧迫感を感じます。他の家具を置くとかなり狭く感じますので注意が必要です。

マットレスはベッドとセット購入がおすすめ

キングサイズやクイーンサイズは大きいため、マットレス単体での販売個数がそれほど多くありません。そのため、大きなサイズのベッドを購入するときは、フレームだけでなくマットレスも一緒にセット購入することをおすすめします。セットで購入すれば、「せっかく注文したマットレスがベッドに合わない…」といった心配もありませんね。

マットレスは分割しているものと分割されていないものがあるので、ライフスタイルによってピッタリのものを選ぶようにしましょう。

BED STYLEおすすめ!
クイーンサイズ以上の大型ベッド一覧ページはこちら↓

キングサイズベッドのおすすめをご紹介!

では、まずはキングベッドにどんな種類のベッドがあるのかチェックしていきましょう。

抜群の収納力でゆったりとくつろげる 棚・コンセント付収納ベッド

ダークブラウンのシンプルでシックなデザインのベッドが、お部屋に高級感を演出してくれます。マットレスもセットになっているので、好みの寝心地に合わせて選べるのも魅力のひとつですよ♪キングサイズの下に広々と収納できる引き出しがあるので、お部屋もスッキリとしますね。ヘッドボードにはコンセント付きの棚もあるので、散らかりがちな頭周りもキレイに収納できます。荷物が多い方や、収納グッズが置けないという方におすすめですよ!

和のくつろぎ 選べる畳の和モダンデザイン畳引出収納付ベッド

日本人に和の心を思い出させてくれる和モダンの畳ベッドです。収納付きで高さも29センチなので、日中は小上がりとしても利用でき、お子さんと一緒のくつろぎスペース・夫婦の憩いの場としてもピッタリです。すのこの床板で通気性も良く、畳の種類も2種類から選べるので、自分がリラックスできる環境を整えることができるのが嬉しいですね。畳の下は一面収納スペースとなっているので、衣類等の小物以外に、スーツケースやラグ等大きなものまでまとめる事ができます♪

贅沢空間 高級ウォルナット材ワイドサイズ収納ベッド ライトタイプ

まるで高級ホテルにいるかのように思わせてくれる上質なウォルナット材のベッドが、ワンランク上の寝室へと演出してくれます。ヘッドボードの棚は2段になっているので、ディスプレイスペースとしても活用可能。ホコリの入りにくいBOX構造の引き出し付き収納で、お部屋にあふれがちなアイテムをスッキリと収納し快適な空間にしてくれます。マットレスも好みのものを選べるので、購入してすぐにお使いいただけます。ヘッドボードのデザインは、モダンな雰囲気を楽しめるライトタイプの他にも、シンプルでスマートなスリムタイプのご用意もございます♪

低いデザインでゆったり広々 モダンデザインベッド

モダンなデザインのベッドが、お部屋を洗練したイメージにしてくれます。高さのないフロアベッドなので、お子さまとも安心して一緒にお使いいただけます。大きなベッドは圧迫感が出がちですが、このように低いタイプを選べば、お部屋が広くスッキリとみえますよ♪マットレスも分割していないフラットマットレスなので、どの位置に寝ても快適な寝心地でお一人ではもちろん、2人・お子さまと3人でもゆっくりと休めるのが嬉しいですね。マットレスは7種類の中から選べるので、好みの寝心地のものを選びましょう。

高品質 高級アルダー材ワイドサイズデザイン収納ベッド スリムタイプ

上質なアルダー材を使用しているので、品質はもちろんどんなインテリアにも似合う高級感を感じさせるたたずまいのベッド。木目プリントとは違い、本物の木の暖かみを感じる事ができ、上品な雰囲気を演出してくれます♪ヘッドボードは2段階になっているのでディスプレイスペースとしても楽しめ、モダンライトもあるので夜中に目が覚めたときや、お休み前のくつろぎタイムに彩りを添えてくれるでしょう。フルスライドレール付きの収納もあるので、お部屋もスッキリとしますね。

クイーンサイズベッドのおすすめをご紹介!

キングベッドまでいかなくても、大きいベッドが欲しいという方のために、おすすめのクイーンベッドもご紹介していきます。

高級感のあるモノトーンカラー 棚・コンセント付収納ベッド

モノトーンカラーのベッドがお部屋に高級感を演出してくれ、どの角度から見ても美しいフォルムが魅力のベッドです。ベッド下には2杯の引き出しが付いているので、今までスペース不足でクイーンベッドを諦めていた方でも使いやすくなりそうです。引き出しは左右どちらにでも好きな方に取り付け可能なので、お部屋のレイアウトに合わせられるのも嬉しいですね。カラーはシックなブラウンと、清潔感のあるホワイトの2色からお選びいただけますよ♪

棚・モダンライト・コンセント付デザインフロアローベッド

フロアベッドなので圧迫感を感じさせず、スリムながら洗練されたデザインのクイーンベッドです。クイーンサイズのような大型のフロアベッドは高級感があり、リゾートホテルのようなお洒落さを演出してくれます!サイドフレームがあるので、ちょっとしたくつろぎのときにサイドテーブルとしても利用できるのも魅力です。ベッドは強化樹脂仕上げになっているので汚れや傷がつきにくく、お手入れも簡単で長く使えるのでお財布にも優しいですね。

贅沢空間 高級ウォルナット材ワイドサイズ収納ベッド ライトタイプ

高級ウォルナット材を使っており、プリント材とは違った木の本物の感覚を感じながらお休いただけます。重厚感のあるデザインで、まるで高級ホテルのような雰囲気を演出してくれます!ヘッドボードや収納付きの引き出し、コンセントといった実用性もバッチリで安心です。マットレスも5種類から選べるので、自分好みの堅さでより毎日快適にお休みいただけます。同じタイプでキングサイズもあるので、お部屋の広さで検討してみても良いかもしれませんね。

直線が美しい 棚・4口コンセント付デザインフロアローベッド

こんなお洒落なベッドはいかがでしょうか?こちらは、シンプルな直線が生み出す美しいフォルムのフロアベッドです。木目の美しさが際立ち、洗練された空間を演出してくれます。都会的なお洒落さが感じられ、とても素敵ですよね♪ヘッドボードのコンセントは4口もあるのでスマホの充電はもちろん、間接照明も配置でき使い方の幅が広がります。マットレスの種類も選べるので、シンプルだけどこだわりたいという方におすすめです♪

贅沢な空間を愉しむ 棚・コンセント付きモダンデザインフロアベッド

高さがないフロアベッドだからこそ、洗練された空間・解放感を演出してくれます。落ち着きのあるブラウンカラーに艶のある木目がよく合っており、上品で大人っぽい雰囲気演出してくれます。シンプルですが美しいデザイン、メンテナンスが簡単なヘッドボードと機能面にもこだわりを感じさせてくれるベッドです。価格だけでなく品質も安心できるマットレスもセットで購入可能で、お手元に届いたその日から快適な眠りを楽しむことができるはずです。

他にもたくさんある!
クイーンサイズ以上の大型ベッド一覧ページはこちら↓

まとめ

キングベッドやクイーンベッドは、一緒にベッドを利用する人数によって決めると良いでしょう。どちらのベッドも広さに余裕があるので、相手を気にすることなく寝返りを打て快適に眠ることができるはずです。

現在使っているベッドが少し窮屈に感じているのであれば、この機会にキングサイズ・クイーンサイズのベッドへの買い替えを検討してみても良いかもしれませんね。

BED STYLEおすすめ!
クイーンサイズ以上の大型ベッド一覧ページはこちら↓

自分らしい寝室づくりをするなら ベッド通販専門店BED STYLE 我が家にぴったりの形を選べる、超・超ワイドな連結可能ベッド特集

えらぶの最近記事

  1. 味わい深いビンテージ家具でスタイリッシュに♪おすすめ商品5点も

  2. 温かみのあるダブルサイズ木製ベッドでぐっすり寝よう♡おすすめ商品

  3. 【子供にピッタリのキッズベッドを買ってあげよう】おすすめ商品5選

  4. ペットが快適に寝られるようにいいベッドを買ってあげよう♡

  5. 高反発シングルマットレスで健康睡眠を♪そのメリット&おすすめ商品

関連記事

おすすめ商品

おすすめ特集

PAGE TOP